2017年10月14日 (土)

猪苗代湖水上機飛行会-2

 012

えびちゃんのZIGEN水上機です。今回が初飛行。YS115CDIを積んでいます。エンジンのパワーもさることながら、初飛行なのにエンジン調整を終わるともう離水していきました。

飛行は素直で非常に飛ばしやすいと言っていました。何回目かにエンジンがストップして左フロートが先に付いた着水にてトラブルとなり残念でした。

  057

SGWさんのZIGEN、今年で3年目でしょうか、何時も快調です。こちらは電動です。パワーはエンジン機にも劣らない素晴らしい飛行を見せてくれます。

飛行時間がエンジン機より短いことを除けばそれ以外はまったく同じかそれ以上のものがあります。今年も発電機持参で何回も飛行することでしょう。

 035_2

こちらは230さんのZIGEN、このタイプのZIGENでは古株です。いつも一番鳥を勤めていますが今年はやや抑えて3番機でした。

エンジンはYS110ですが何時も調子が良いです。今年もまったく安全で絶好調でした。

それに引き換え私のZIGEMはエンジンが絶不調、こんな素晴らしい日に当たったのに、1~2回飛行できただけで、その後はまったく飛行できませんでした。

たくさんの駄目だしを頂いて帰ってきたので来年の飛行会には万全な整備をしたいと思います。

  006

こちらはOKAさんのZIGENです。塗装でだいぶ難儀をしていましたが、フィルムに変えてデビュー、今回完成99パーセント。来年には初飛行が見られることと思います。

今から楽しみにしています。あと文字を切って貼り付ければ完成のようです。どんなネーミングを考えているのかな??みんなが新しい機体になるころ私の機体はあちこち傷だらけとなってしまいました。さあ~て、来年は、(鬼が笑うか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機飛行会

 003

猪苗代湖水上機旅行へ行ってきました。今は秋の一番良い季節ですが、なんと今年は長雨が続いてまるで入梅のような天気。宿を予約した以上キャンセルも出来ず雨の中、東北道をひた走り。

参加者全員が「今日明日は雨の観光でもしますか?」と、完全に飛行不能と考えておりました。しかし現地に到着してビックリ、なんと雨も降っておらず、風もなく湖はまるで鏡のようにベタ凪。一同目を丸くして顔を見合わせ口あんぐり。

早速機体を組み記念撮影。信じられない風景にみんなで万歳。「雨が降らないうちにさあ、飛行開始」さてこの後は喜びのあまりどうなったでしょう。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

冬入り前の暖かいポカポカ陽気

 P8200018 P8200019_4

 P8060008 P8060009

 P8200020 P8200021_2

この画像は8月20日に撮影したものです。フルサイズの電動機を飛行しているのはKOIZさんです。購入したばかりで飛行はまだ初期段階。

チョット自分のイメージにはまだのようでこれから徐々に慣らし飛行に入るでしょう。

 P9240068

 P9030015_2

またもや230さんの新作、ムスタング、下の画像はCHOさんのムスタング、同じメーカーの機体のようですが下は電動機、230さんの機体はYS91エンジン機。

 P9240062 P9240064

 P9240066 P9240067

 P9240049 P9240050

 P9240051 P9240052

YSエンジンはやはりパワーがあってこんなスケール機もらくらく飛んでくれます、と言いながら離陸、なんと滑走もないままいきなり離陸、あっという間に左の草むらに突っ込む。

慌てて駆け込む見ていた皆さん。幸いやわらかい草が受けてくれ何事もなく無傷でした。

なんとしたことでしょう、機速がないうちに離陸したため、と、言うよりエレベータートリムがアップオーバーになっていたことと、エルロントリムが左オーバーになっていたために起きた確認不足。

 P9240056 P9240057

 P9240058 P9240074

 P9240075 P9240072

 P9240071

気を取り直して2回目の飛行、今度もやや早い離陸、急上昇かな?上空に上がっても機体に振り回されています。SGWさんが急いで駆け寄り飛行中の機体トリムを調整。

やっと穏やかな飛行になりヤレヤレ。飛行が終わったムスタングはそれはそれは見事な着陸でした。着地はメインギヤの音もなく、まさにす----と「えっー」思うような着陸でした。まさに100点満点。

私も飛燕を飛ばしていますが今まで着陸は100点が出ていません。飛んだり跳ねたりあごを突いたり上手く降りても60点くらいかな?

まぁそんなわけで初飛行は減点はあったけど大成功、ただしあとのメンテとしてダウンスラストの修正とかメインギヤーの微調整とか各舵の細かい手直しが必要です。

 P8060011 P8060012

CHOさんのムスタングはすでに初飛行が終わっていますので今度は2機同時飛行が見られるかもしれません。とても楽しみです。CHOさん、230さんよろしくね。

 P9240079 P9240080

 P9240078 P9240083

 P9240085 P9240088

自分の写真はあまり気が進みませんが、折角TAMUさんが写してくれたものですから掲載します。何時もながらカメラワークは素晴らしいものがありのすね。

いつもいい写真を撮ってくれます。今ではすっかりじいちゃんスタイルになりましたが、まだまだ飛行は続けられそうです。TAMUさん、これからもよろしくお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

久々の更新です、よく集まりました

 P9030011 P9030011_2

 P8060013 P9030012

 P9030017 P9030018

 P9030021 P9030022

台風15号がうろうろしていましたが、本日やっと北へ抜けてくれました。台風一過ではないですが、風もなく素晴らしい1日となりました。

今日は待ちかねたように大勢集まっています。画像はあまり代わり映えがなく何時ものラジコン風景です。

230さんも体調を崩して本日やっと飛行場に顔を見せてくれました。お互いに年をとって年々スタミナが減少していくのがよくわかります。

しかし一旦送信機を持ったら何時も通りのラジコン坊やの顔に変わります。今は昔のように飛行機がトラブルで落ちなくなったので、何年でも同じ飛行機を飛ばすことが出来ます。

 P9030041 P9030043

 P9030044_2 P9030045

 P9030036 P9030038

 P9030039 P9030040

いしちゃんのウルサマジョール、懐かしい機体ですよね。ラジコンといえばこのような機体をぶんぶん飛ばしていましたから。

次はOKAWAさんのアストラル、この機体もとても人気があった名機です。今では少なくなってしまいましたがやはり飛びは素晴らしいものがありますね。

 P9030027 P9030028

 P9030029 P9030030

KUDOさんのスケール機、ノーズギアのステーが割れてしまい舵が効かなくなっていました、応急処置で作成したパーツがなんとか使えたようです。

今日はタキシングも見事によみがえって快調でした。飛行もだいぶよくなって今では安心して飛ばせるようになりました。

ラジコンは小さな部品一つが不良になってもまったく飛行できないこともありますよね。

 P9030031 P9030032

 P9030033 P9030034

今日はどういうわけか、TAMUさんの機体がエンジン不調で何回も部品の交換をしながら飛行をしていましたがやはり不調で飛び上がるとすぐに着陸をしていました。

185CDIもこんなことがあるのでしょうか、何時もの快調さが戻ることを期待してこの項を終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日の温度は34度5分・超暑いです

 P7090204 P7090217

 P7090218 P7090180

今日は超暑いです。草刈終了してもわずかに4人。この暑さでは飛行場に出向くのも危険と判断したとしたら、ここにいる4人はなんと無謀な面々かな、って思っちゃいます。

500ミリリットルのペットボトル3本と、袋詰めの清涼飲料水1本、計4本の飲み物をクーラーに詰め込んで万全の構え。しかし汗は滴り落ちます。

土手の上り下りは老人には拷問に近いです。一回往復すると20分以上落ち着かないと2回目は行動できません。3回は必要なので飛行までには1時間近くかかります。

こんなにまでして何故君は来るのか、と問われれば皆さんとの交流と飛行リハビリです。スティックが意のままにならなくなればこれがラジコンとの決別の日。それを確かめるのが怖いからかも知れません。

目が利かなくなったり、指先が意思通り動かなくなれば当然飛行機は落ちます。それでラジコンとお別れではあまりにも悲しい。だからなんとしてもその症状が出る前に察知してお別れしたい、というのが本音です。

「そんな上手くいくのか」・・・さぁて、それは自分にも誰にもわからない。

 P7090203 P7090212

 P61101561 P7090185

さて、話は変わって、ゼロ戦が飛行中、「パリッ」という音、慌てて降ろしてみるとなんと。

 P7090186 P7090187

 P7090190 P7090191

主翼の裏側のフィルムが剥げてしまっています。「何じゃこれは、」という事でテープで抑えて再度飛行開始、今度は何事もなく何時もの飛行です。

そんなことで今日は楽しいニュースはありませんがみんな35度の激熱の中孤軍奮闘しているのでありました。

私の画像はTAMさんが写してくれたものです。何時も上手に写してくれます。有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«飛行場近隣の住宅にご挨拶