2019年6月23日 (日)

どんよりした日曜日-2

Pic_0228 Pic_0234 Pic_0235 Pic_0241 Pic_0242 Pic_0245 Pic_0243

さて、私のダヴインチ70の飛行を見たISHIちゃんがその飛行に釣られて、早速ゲットしました。飛行までの組み立ては結構早かったですね。組み立てに関してはキットの注意書きを見ていろいろ手を加えたようです。しかし水平尾翼の片引きは私と同じように両引きに変更して作成しました。やはり水平尾翼の方引きはあまり好まなかったみたいです。

エレベーターをアルミの角材?鉄かな、?を繋いで片側で引くのは、フルサイズのようにしっかりした設計ではないので、ニュートラルが決まらない感じがするのでしょう、私も同じでした。ラダーも両引きにして、完璧なリンケージを作成してきました。

後はエンジンがどうでしょうか?YS63のエンジンでは、少々パワー不足ではないかと心配していました。エンジンカバーを外して入念なエンジンテストです。使っていた63エンジンは13×7のペラをどの程度回して飛行してくれるのか?ブレークインも終了していよいよ初飛行です。

新しい機体は綺麗でいいですね。私の機体はまだ30回ほどの飛行ですが、すでにフィルムの剥がれや、マウントの損傷とかトラブルがあってすでに中古機体そのものです。並べたら恥ずかしいくらい差が出てしまいました。そんなことより早く飛行を見ましょう。

しかし残念ながらカメラマンが夢中で見ていたため飛行画像がありません。ISHIちゃんゴメンなさい。しかし飛行は自らスティックを持ち飛行させました。途中みぃちゃんが代わって飛行しましたが、私の機体とまったく同じように飛んでいました。着陸したみぃちゃんの感想は?いゃ~~やっぱりエンジンのパワーがもうチョット欲しいですね~~、、これでは演技をするには少し無理だと思います。

さて、ISHIちゃんも同じ感想でしたのできっとエンジンを積み替えてくるのかな~~。しかし機体は予想通り素直で飛ばしやすいスタント機には違いありません。来週雨が降らなかったら私との2機飛行をしたいと思っています。

| | コメント (0)

どんよりした日曜日

Pic_0236

Pic_0229 Pic_0230 Pic_0231 

Pic_0237 Pic_0238 Pic_0239 Pic_0246 Pic_0247 Pic_0248 Pic_0250 

Pic_0253 Pic_0254 Pic_0251 Pic_0255

今日は草刈当番でした。土日は天気予報が最悪でしたが、班長の予想で日曜日を草刈日に決定したところ、予想が的中して雨は降らずに風もなく絶好の梅雨休み日となり、大勢の人が待っていたように集合しました。

中でもOO1さんのステージネオが初飛行だと言うので皆さんの注目を集めていました。およそ1年がかりでキットから製作した自作機。仕事が土日必ず休める訳ではないのに、よくここまでがんばって製作しただけの惚れ惚れするような完成度です。

塗装には3ヶ月掛かったそうですが完成機にひけを取らない仕上がりで初飛行が待ち遠しい感じです。外野席からはいろいろ質問攻めにあっていましたが、丁寧に返答していたのは人柄が感じられますね。画像を見てお分かりのように動力メカはOSのギヤダウンモーターが組み込まれています。果たしてどんな飛行をするのでしょうか。

SGWさんがアンプの設定を確認しています。電動機の駆動に関してはエンジンと違って最初の設定が結構面倒ですね。一度決めればそれでいいと言うものでもないようですし、飛行した結果によって本人の飛ばし方に合わせ、更に調整が必要のようですね。しかし調整が終わればエンジンよりはるかに手間が掛かりません。すべてOKになったところでスタートします。

OO1さんはやや緊張の面持ち、離陸は普段の通りスムースに上がって行きました。水平飛行でエレベーターのトリムを合わせます。まったくいい飛びですね。5分ほど立てば、もう何時もの飛行に戻っていました。予定の飛行時間で着陸しましたがとてもいい感じで、本人も納得したようです。

今年はオールジャパン予選エントリーを2名が通過しました、クラブもレベルが上がっていますね。これからますます楽しみです。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

鴻巣のポピー

 

 Pic_0198

Pic_0192

Pic_0193

Pic_0194

Pic_0195

Pic_0196

Pic_0197

鴻巣のポピーが綺麗との情報を頂きましたので、早速行って来ました。荒川の河川敷に広大な面積でポピーが満開になっていました。

ポピーとコスモスは埼玉では有名ですが、鴻巣のポピーは初めてなのでチョット驚きました。というのは房総のポピーと違って、背が高く長さはゆうに1メートル以上はあります。まだ蕾も沢山あって今月一杯は楽しめそうです。

そして花の直径も房総よりは大きくて見栄えがあります。蕾を刈って来たいような衝動になりますがそれは出来ません。花の盛りを過ぎたころは自由に刈れるという情報も耳にしましたが、確定したものではありません。

何はともあれ花好きには一度は行って見たいところですね。我が家から1時間くらいの距離です。土日以外は空いていて自由に散策できます。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

今日は大勢の参加で賑わいました

Pic_0166  Pic_0167

Pic_0168  Pic_0169

Pic_0173  Pic_0174

Pic_0175  Pic_0176

今日の日曜日は一日曇りの天気でした。風も穏やかで大勢で飛行場は賑わってました。クラブのKOIZUMIさんが新しい機体を持参して皆さんの注目を集めていました。機体を見るとSUMIKAWAさんからの特別品のようです。

先日猪苗代湖でご一緒した交友のあるSUGAWARAさんがSUMIKAWAさんのコピーをダウンロードして初飛行を披露してくれました。さすがに飛ばしこんだ機体のようで初飛行からパターンを見せてくれましたが穏やかな貴賓のある飛行振りは素晴らしかったです。

新オーナーはすっかり惚れ込んだようで2回目は自ら飛行して感触を味わっていました。やはり上級者の機体は見ていても気持ちのいいもんですね。今ではフルサイズに無縁の私もこんな機体を一度飛ばしてみたかったと改めて思いましたね。

Pic_0177_1  Pic_0178_1

Pic_0179  Pic_0181

Pic_0188  Pic_0182

Pic_0183  Pic_0180

Pic_0184  Pic_0186

機体の大小が揃いぶみです。SUGAWARAさんのドローンも順調に飛行しています。コンパクトに組み立てられている本体ですが、そのモーターの精巧さもさることながら細かい作りも素晴らしい出来栄えですね。ラジコンは今や、中国に追い抜かれているような思いです。

中国のドローンと言えば何と言っても「ファントム」でしょう。初期のドローンはよく墜落を見かけたものですが、それだけ数多く使われ検証された結果、今では世界でも最も使われているようなメーカーに成長しましたね。今や中国では無人飛行機でもアメリカに追従する機体を作り続けています。今では電波や無線通信でも先端を行く怖い存在になっています。このような先進技術が平和利用に資する者になればいい話です。

話がそれました。日本のラジコン飛行機はあくまで趣味としての先端を行くものとして、優れた機体や電信装置が開発されているものです。我がクラブでも最近の機体は優れた作りと先端を行く飛行を併せ持ったものが増えていることは嬉しい事ですね。しかし飛行はあくまで優れた感性と研ぎ澄まされた神経が求められます。若い人が、どんどん出てくれば、日本のラジコンは世界でも絶対に負けません。日本人って凄いです。

| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

今日は蒸し暑い曇りの日曜日

Pic_0158  Pic_0159

Pic_0164  Pic_0160

Pic_0161  Pic_0163

今日はラジコンを始めたいと言うFUKUSHIMAさんを紹介します。いつも飛行を見物していたのですが、やっぱり自分も飛ばしたいと模型屋さんに相談。そして進められたのがこの機体です。模型屋さんは直ぐに飛行可能な電動の完成機を推奨。

この機体を持参して相談にやって来ました。クラブでは直ぐに飛行することはできないことを説明。まず手続きが必要なので、順序だてて飛行までの準備をするので日を改めるよう説得したのが数週間前。今日は準備ができたので先輩が指導に入りました。

しかし先輩が飛ばしてみると想像以上に初心者には難しい機体である事が分かり、この機体を初心者が単独飛行するまでには予想以上に時間がかかることがわかりました。理由は詳しく説明できませんが、ベテランでも難しい機体です。こう書けば皆さんにはお分かりかと思います。

とにかく初心者が安全に飛行するには、どうでしょうか??相当な時間と、本人の努力が必要ですね。参りました。

| | コメント (0)

«猪苗代湖水上機飛行会-2