« 今日の飛行場『晴れ』 | トップページ | トップスター修理その2 »

2007年1月29日 (月)

トップスター修理その1

 1_3_1                   1_4

  

色々考えた末、胴体を一度二つにしようかと思いましたが依頼者が現在でもちょっとテールへビィなんだ、と言う話を思い出し切り離さずに修理することにしました。

先ず胴体の下部を修理が出来るスペース確保のため切り取ることにしました。テープを張って切り取り箇所を罫書きます。なるべく小さい傷で後々塗装することも考えて必要最小限で切り取ります。

 1_5           1_6           1_8        1_9     

 

罫書き線に沿って鋸を入れます。図面がないので構造が分かりませんが、経験値で行くと胴体下部に三角材が入っていると想像し、15ミリ下を切ります。切り取ったあとは予想通り一番修理の楽な箇所でした。

切り取った箇所から中を覗いてみると胴体上部は発泡が入っており、瞬間が使えません、胴体のつなぎ修理はいつも茶筒の蓋をはめる要領で一方の内側にバルサを貼ってからはめるやり方です。やむを得ず発泡をソギ取ることにしました。         

|

« 今日の飛行場『晴れ』 | トップページ | トップスター修理その2 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

公開修理でごめんなさい。この修理の目的は軽くしかも安全に修理が出来ているかを見てもらいたいのが趣旨です。他意はありません、ご了承下さい。公開しない時はお知らせを下さい。

投稿: おやじ | 2007年1月30日 (火) 11時53分

早速の修理開始、感謝。
エレベータリンケージを見られてしまって、ちょっと恥ずかしいです。(公開手術ですね。)
修理方法の考察は、ベテランの腕が光ります。よろしくお願いします。

投稿: 依頼者 | 2007年1月29日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/5121229

この記事へのトラックバック一覧です: トップスター修理その1:

« 今日の飛行場『晴れ』 | トップページ | トップスター修理その2 »