« トップスター修理その3 | トップページ | 成田山新勝寺 »

2007年2月 1日 (木)

トップスター修理その4

 _011_8            _012_5        _013_3          _014_6         

絹を貼る予定でしたがマイクログラスを貼りました。強度的には何も貼らなくても充分な修理が出来ましたが、後の仕上げを考えると仕事の楽な方を選択しました。

仕上げのペーパーもかけ終り白を塗る前のサフェーサーを塗ります。良く見ると現在胴体を修理中のようでネームも入っていないようです。一緒に胴体の白を塗ってしまえば綺麗になるでしょう。

|

« トップスター修理その3 | トップページ | 成田山新勝寺 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みします。
新作ジゲンは、コーヘイ君の機体だったんですね!
ひょっとして、固定脚待ち・・・なんてことはありませんか?
済みません。次回の出勤は,早くて3月17日になると思います。郵送したほうがよろしいでしょうか?ご返事お待ちしております。

投稿: JIN | 2007年3月 2日 (金) 01時07分

③さん、貴重なアドバイスありがとうございます。次回から参考にさせていただきます。レジンの乾きは早いですか、又研ぎはどうでしょうか。

投稿: おやじ | 2007年2月 1日 (木) 20時54分

私の場合:このような場合、マイクログラスの不要の場所にあらかじめ、マスキングテープを貼り、マイクログラスを張ります。硬化後、マスキングテープを剥がしながらマイクログラスの境目をしごくと、綺麗に切れて後処理が楽になります。今度、お試しを!!レジンを使用すると結構補強が軽くなります。

投稿: ③さん | 2007年2月 1日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/5164328

この記事へのトラックバック一覧です: トップスター修理その4:

« トップスター修理その3 | トップページ | 成田山新勝寺 »