« FUTABA R319DPSシンセサイザー | トップページ | ZIGENsuperACE裏模様 »

2007年2月24日 (土)

スピンナーのプロペラ合わせ

_040_1_042_2_037_2

スピンナーのプロペラ合わせで手こずっている方もおられると思いますので、簡単に合わせられるやり方を受け売りします。実はこの方法はクラブ仲間のISさんから伝授されたもので凄く簡単で綺麗に仕上がるのでご参考になればと。

スピンナーの削りでカッターナイフやら、小刀を使って削る方法は、ときたま怪我をしたり非常に危険ですよね。この方法でやると簡単で力はまったくいりません。

先ず半田ごてを最高温度にします。画像の通り削りたい部分を軽くなぞっていくと、見る見る溶けていきます。ものすごく臭い煙が出ますので必ずマスクをしてくださいね。せっかちに強く鏝を当てるとその部分だけが解けてしまうので、少しづつ広げていきます。

焦げて黒くなった部分はカッターナイフで軽くこするだけで綺麗に取れます。後は丁寧に仕上げればご覧の通りです。 但しお断りしておきますけど失敗しても当方は責任を取れませんので悪しからず。

|

« FUTABA R319DPSシンセサイザー | トップページ | ZIGENsuperACE裏模様 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/5469195

この記事へのトラックバック一覧です: スピンナーのプロペラ合わせ:

« FUTABA R319DPSシンセサイザー | トップページ | ZIGENsuperACE裏模様 »