« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

電動のインフィニテイ

       117              114

どうも伊藤さんの電動機が気になって仕方ありません。飛行が終わってペリーパンを外したのですかさず写真を撮らせてもらいました。ハッカーのモーターはゴムの防振で綺麗に止めてあります。後部はモーター全体を包むようにゴムのリングで押えています。

 116_1 115                    

電池の取り外しはやはり主翼を外して行うそうですが、エンジン機の改造ですからなかなか難しいのでしょうね。それとびっくりしたのは空気の流れです。大胆にも主翼に大きな穴を開けて前から入った空気を抜いています。これは凄い考え方ですね~~ 電動機は風の流れを考える必要があるので、結構難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウイーク初日は晴天

 094_2          095          

今年ももうゴールデンウイークの初日を迎えました。本当に1年は早いです。今日は晴天ご覧の通り大勢集まりました。大田さんのオキザリスも又元通りになって戻ってきました。

   107                        109  110   

  

伊藤さんが暫く振りで顔見せです、今日は電動のインフィニテイをご披露、エンジン機の引込み脚装備を固定脚に改造、ハッカーのモーターをフローテングマウントにしてそれはもう静かです。

 111                  112   

    

静かな飛行に皆さんびっくり、しかも上昇下降とも同じスピードで信じられないくらいのパワーがあります。多分大井さんのモーターと同じものだと思いますが、プロペラは20×15風切り音しか聞こえません。電動機も凄くなりましたね~~ 

 103           105  106                   

小川さんは複葉機でお楽しみ、YS91で軽々と離陸です。午後からちょっと風が強くなりましたが風にも強いですね。私もちょっと借りましたがやはり複葉機独特のコロコロ感がありますね。でも楽しい機体です。               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

コルセアの製作(京商)-3

2_3_3

さて、水平尾翼の取り付けに当たり部品のラダー用ピアノ線を通して気が付きましたが、なんと垂直尾翼が1.5度ほど左に傾いています。これにはちょっと困りました。

この角度に合わせて水平尾翼を取り付けると、こんどは主翼と水平尾翼が傾いてしまい凄く気色が悪いです。暫く考えてしまいましたがここはやはり水平尾翼と主翼が合っている方が飛行に影響が出ないと決断して、垂直尾翼は傾いたまま製作を続けることとしました。

 3_3          3_4           

胴体は垂直尾翼までFRPの一体型なので修正のしようがありません。まさか切り取って付け直すわけにもいかんでしょう。垂直尾翼のわずかな傾きはスタント機と違って致命的な問題にはならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルセアの製作(京商)-2

    2_1_4            2_6_2           2_8_1    

引込み脚の手配が先のようなので胴体の製作から始めます。胴体はモーター仕様なのでリポ電池の出し入れのため、上部をくり貫き取り外しが出来るように改造します。

その際サーボマウントが邪魔になり、重心位置の選択にも影響があるためサーボマウントを作り直し位置替えをします。そして既存のベットを外してしまいましょう。

但しすべて取り去ると強度にも影響がありますのでベットのみを外すことにします。

 2_9_1         

こんな感じになります。又、モーター仕様のためエンコンサーボが不要になりサーボは2個、ラダーとエレベーターのみになりますので画像のように改造します。まだ付いている前側のサーボベットは外します。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

つつじヶ丘公園のつつじは満開

 001_5 003_2 006

今日は群馬のつつじヶ丘公園へ行ってきました。天気は良かったのですが気温は低めで少々涼しい感じがしました。

平日にもかかわらず混雑していましたね。つつじヶ丘公園のつつじは種類が多いので結構見ごたえがあります。

009_2

010_2017_1

一本一本のつつじにはそれぞれ名前がありますが種類が多いので覚えられません。色も豊富で写真を撮るのが楽しくなります。

 

031_2

021

029_2

つつじは花が終わったあとはお世辞にも綺麗とは言えませんが、今は真っ盛りなのでどの花を見ても綺麗です。つつじヶ丘公園はつつじのほかに渡良瀬に繋がる川に遊覧船もあり、少し離れたところには温室があり、別料金で違った植物が見られます。隣には淡水魚の水族館もあり、結構暇つぶしになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

コルセアの製作(京商)

  1_6_2                   2_2_3                        

一度は飛ばしてみたいなぁ~ なんて思うスケール機、しかしこの手のスケール機はなかなか飛行が難しいですね。この機体も製作を依頼されましたが大きな箱を開封してびっくり。

先ず半完成機ですがガル翼のセンターと胴体はFRP製で頑丈且つ重い。取り説では完成重量2.800~3.200グラム、エンジンは2サイクル40~46, 4サイクル48~53使用とあります。それ以上の大きいエンジンを積んで過激な飛行を行うと破損するだけでなく、大変危険です。と書いてあります。

完成部品を並べて見ました。注意してみると尾翼はバルサトラス組みのフィルム張り、確かにに3.200グラムの機体を支えるには優しすぎる構造です。エレベーターは昔馴染みのコノ字金具を入れて片引き構造です。ラダーも同じです。

 001_4          002_3                          

気になったので手をつける前にちょっと量ってみました。なんと、ガル翼の中心部だけで580グラムもあります。恐る恐る2枚の主翼をはかりに載せると主翼の重量だけで980グラム、この主翼にサーボ3個つけて引込み脚をつけると1.5キロ前後になるかもしれません。

しかしこれで飛行できるのですからあまり考えないことにしまょう。それに今回はこの機体を電動で飛行させるというのです。

さて、手をつけようと思いましたらなんと90度ひねって入る引込み脚が手に入らないそうです。これは困った。固定脚ではコルセアの価値がなくなってしまいます。困ったな~~ 

        引込み脚の型番は、Hobbico  40用 (No.90081)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

2日連続の風、

 018_1             022_1       025         

昨日に引き続き今日も強風です。今日のほうが強い風でした。検定会場から携帯に連絡が入り競技は開催している様子、当クラブの2人はどうしたかな~~

飛行場では強風でも飛行できるものといえば、西塚さんのクライダーしかありません。今日も一人舞台でした。

  029_1           030 033_1                  

太田さんは修理の終わったオキザリスの新品電池の慣らしをしていました。メーターを見ながら慎重に回しています。脇で見ていましたが振動もなく素晴しい回転で回っていました。

電池の取り扱いもなかなか難しいものだとつくづく思いましたね。

 035 034                  

画像から回転が伝わってくるような感じがします。いい音で回ります。しかしメーターはしっかりチェックしていました。この準備が終われば来週は飛行できるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

今日は回り風の強風

  010_1             012_1       017              

 

今日は風が強かったですね~~ しかもぐるぐると回り風、どっちから降ろすのか迷い迷って大騒ぎ、飛行しているのは新井さん、さすがに気合が入っていますね。

こんな風でも果敢に挑戦しています。私も一回飛ばしましたが着陸で吹き降ろしの風に捕まり危うく機体をたたきつけられるところでした。50センチぐらい落ちました。怖かったです。

飛行場の道路工事もいよいよ終局を迎えて道路の舗装もあと一息です。

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オキザリス主翼取り付け

                    003_1004  

修理の終わったオキザリス、本日飛行場で主翼の取り付けをしました。主翼を合わせて罫書き、ドリルで穴を開けて取り付け板に爪付きナットを つけました。10分ぐらいで完成です。

そのあとメカテストとモーターを取り付け電池の慣らしをやりました。すっかり元に戻ったようです。明日は飛行できるかな~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

エクセルコート(EXCELCOTE)

 001_1              

オキザリスのフィルム張りをご覧になった方から、フイルムのお問い合わせがありましたので、ありあわせのフィルムを調べましたら、エクセルコートでした。

色は多分ブルーかスカイブルーのどちらかではないかと思います。こんな情報しか提供できません。悪しからず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

箭弓稲荷神社のぼたん祭り

         055_1         057_1  

    

 箭弓稲荷神社のぼたん祭り、やきゅう稲荷と読みます、ここは神社の境内にぼたんと、つつじ、藤と見ることが出来ます。去年はちょっと遅かったので今年は少し早めに出かけて見ました。

ボタン園の入り口には賽銭箱が置いてあり、参観者は神社に気持ちを奉納しなければなりません。幾ら?それは本人が決めること。

063_1067074      

今年は少し早かったので現在は6分咲きと言ったところでしょうか、『立てば芍薬、座ればぼたん、歩く姿は百合の花』なんて言葉がありますが花は心を癒してくれますね。

場所は東松山駅から5分ぐらいのところです。これからつつじがとても綺麗に咲くと思います。現在はまだ3分咲きでしょうか。

072_1

077_1       

4月14日から5月7日までがぼたん祭りの期間です。お暇な方は行かれてみてはいかが。                                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

オキザリス無念の骨折-3

  049046                    

少々色違いですがフィルムを張り終えました。これで大体の作業は終りです。内側の手の届くところまでは補修も終り、最終の主翼を取り付ける段階です。

主翼を預かってないので取り付けは出来ません。主翼の取り付け板は胴体に接着しましたのであとの取り付けは爪付ナット合わせなので簡単です。

      050             Photo_7         

カナライザーもフィルムを張り直しました。ここで気が付いたのですがエレベーターのサーボとラダーサーボの取り付けが近すぎて、窮屈なので少しずらしました。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オキザリス無念の骨折-2

 009_1              012        007_1          

注意してみると破損箇所は面倒な具合になってますね。ここは一つ一つつぶしていきます。折れた首はエポキシを使ってクランプします。

フィルムをはがすと割れが結構深いですここにもバルサを埋める必要がありますね。

   024        029         031_1               

主翼止めの板は作り直す必要があります。もげた首はこのままでは持ちませんので上から2ミリバルサを貼り付けます。

けがいて切り出したあとに綺麗に削りバルサをはめ込みます。

 036             038_1         040           

バルサを貼ったら綺麗に仕上げます。この機体は電動なので電池の出し入れのためキャノピーを開放してあります。その為裏側に1.5ミリの航空ベニアを30ミリに切って2枚補強してあります。

 042           043         045           

仕上げが終わったらフィルムを張りますが、ここはチャイナのフィルム張りのように上手くはいきません。しかも色が違います。あらかじめフィルムの色は何でも良いですよ、と、了解を頂いているのでありあわせのフィルムで張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

オキザリス無念の骨折

 001              002     003           

このブログでの修理公開は総て本人の了解を頂いているものです。目的は出来るだけ修理内容を知りたいことと、何時ごろまでに出来るのかな~~ なんて考えるより出来上がりの日程が分かるので楽しい、って言ってくれます。 

又場合によっては注文も付けられるといったメリットもあるみたいです。

さて、フイルム張りの飛行機は何といっても壊れた部分以外にフィルムの陰に隠れた隠れ破損があることです。フィルムの上からは見えなくても結構傷が入っている箇所があって検査をおろそかにするととんでもないことになります。

この機体も主翼から先がもげたものですが、現場で瞬間繋ぎをしましたのでこのまま修理をすると大変危険です。

隠れ破損の箇所をマジックで書きました。マジック部分はバルサが総て割れている箇所です。機体の上を指で押しながら探っていくと分かります。

 016            018        

この部分は裏からあて木バルサが必要か、又は瞬間止めでいけるか判断しなければなりません。この場合小さい箇所は瞬間止めで済みますがカッターの入れてある箇所は瞬間だけではちょっと危険かもしれません。このような判定をしながら順序よく修理をしていきます。

主翼受けの爪付ナット部分の止め板は完全にはがれています。又ナット部分の近くでベニアがもぎ取られています。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

スーパースカイボルト

  1_12                  1_23

 

日曜日は北山さんが新しい機体をご披露してくれました。スタント機は先週持ってきたものですが、フィルム張りの中国製、エンジンはYS110新型、ものすごくカッ飛びます

複葉機は同じくフィルム張りのスポーツ機、エンジンはYS91、この機体は風をものともせずに良く飛びますね~、

複葉機といえばロックさんを思い出します。超低空でのフォーポイントロール、高所からの20回近いクイックロール、どれをとっても目を見張るものばかりでした。

 1_32            1_33           1_41           

北山さんも見せてくれました。ナイフエッジ、ロックさんが良くやっていたお魚さん、ナイフエッジで尻を振るあれですよ。北山さんも飛ばし慣れた飛行を見せてくれました。

こんどはこの機体にフロートをつけて水上機で飛ばすそうです。一緒に猪苗代湖に行けるかな~。 

      22         2_12                      

たった今、太田輝君からスカイボルトの素晴しい画像が届きました。輝君は只今オキザリスの53クラス電動を飛ばしていますが、カメラを持たせたらいい写真を撮ってくれます。

昨日の日曜日、北山さん飛行中のスカイボルトです。 いい画像でしょう。カメラアングルもバッチリです。        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検定会頑張って

 020_1                   127_1

 

来週鴻巣で開催される検定会にエントリーしている高橋さん、今日は真剣に練習に励んでいました。  

    128      129           

生憎風が強かったので練習はもっぱら風の対処の仕方をレクチャーされていました。PDクラスになるとなかなか壁が厚く、そこを抜けるのに数年かかる人もいますね。簡単に突き抜けた人は逆にそのあとMDの壁が聳え立つことになります。いずれにしても終りがありませんね~~。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ZIGENsuperACE初飛行成功

 075                078           089         

 

ZIGENsuperACEの初飛行が成功しました。諸般の事情でのびのびとなっていたZIGEN、の初飛行、本日やっと飛行できました。

総て新品のメカを積んでの初飛行です。パイロットはZIGENの育ての親、師匠にお任せです。ZIGENに関してはどんな新作もスティックを持てば一発で出来具合が判ってしまう怖~~い人。生みの親が緊張する日です。

 091           093_1           094_1         

エンジンもまっサラなので慣らし運転を行います。初飛行は何が起きるか分かりませんので慎重に慣らしを行います。

今回のZIGENは胴体の形状を若干変更しました。キャノピーから尾翼まで18ミリ高くして空気の流れを改良したつもりです。それと見栄えも考慮しました。

 118_1            119        120_2          131      

エンジン調整も終りいよいよスタートします。何時もながら緊張の瞬間です。今回は特に生みの親が緊張しまくりです。果たして師匠の第一声がどんな話になるのか。

トリムを取って水平飛行をします。特に目立った動きはしていない様子。ちょっと胸をなでおろす。上昇飛行真っ直ぐに上がっています。師匠の操縦は飛行機の癖をあまり見せずにスティックで真っ直ぐに上げてしまうので着陸まで結果は分かりません。

宙返り、ロール、ポイントロール、背面飛行、スナップロール、午後から風が強くなってきましたがあまり風を感じさせません。10分ほどの飛行が終わり着陸してきました。

果たして結果は、『今回の機体は特に指摘するところはないと思います、若干前重の感じと、ダウンスラストワッシャー1枚くらいかな』との結果でした。よかったよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

立ち寄りは茂林寺

 127                      120       123     118

帰りにブンブク茶釜で有名な茂林寺に寄ってみました。茂林寺の駅から歩いても5分ぐらいだろうと思います。ここも人で一杯でした。

ご覧の通り狸の像が沢山並んでいますが、狸の○○玉8畳敷きとばかり狸の置物や像は昔からこんな作り方をしていますね。益子焼きで有名な益子でも、瀬戸物のお店の前にはこんな狸が立っていたような気がします。

ここも歴史的にはかなり古い観光地で本堂の屋根は今も藁葺きです。藁葺きの屋根の建物はだんだん少なくなってきましたがここは唯一昔のままです。

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

館林野鳥の森フラワーガーデン

 080 090 088                                

館林の野鳥の森フラワーガーデンに行ってきました。朝日新聞昨日の朝刊で紹介されたので平日にもかかわらず敬老会の旅行みたいに混んでいました。

ここは秩父の羊山公園よりは狭いですが、今丁度見ごろでとても綺麗でした。園内に入ると先ずウグイスが綺麗な声で歓迎してくれました。さすがに野鳥の森だけのことはありますね。

それと芝桜の匂いがとても刺激的に鼻をくすぐります。今丁度満開なので匂いも一段と強烈なのでしょう。まるで香水のようです。丁度桜の一部も満開で花びらが風に乗ってひらひらと落ちて昼食のお茶に入ってきます。久し振りに心が洗われたような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

こちらもトラブル

 063             070      071

こちらの画像は工藤さん、なにやらエンジンカバーを外しにかかっています。どうもエンジンのパワーが今一上がらず上昇演技がだれてしまい出来ません。今まで出来ていたのにどうしたんだろう。

色々調べた結果キャブレーターのバタフライがハイ側で全開していないことが判明。

072

066

     

 どうやらサイドスラすと調整時にエンコンサーボのロッドが短かすぎて届かなかったようです。サーボを逆に付け直しエンコンロッドを調整するとあら不思議、エンジンは再び力を取り戻しぐんぐん上昇するではないか、

こんどはスピードが出すぎて操縦が忙しくなり飛行機がじゃじゃ馬に早代わり、それを見ていた大田さんの愛犬テトちゃんが笑っていました。                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の丘公園のチューリップ

          076     077           093        094                          

花の丘公園のチューリップを見てきました。去年は出かけたのが遅かったため見ることが出来ませんでしたが、今年は満開で素晴しいチューリップを見ることが出来ました。

チューリップは自分でも球根を買ってきて植えても咲きますが、このように沢山のチューリップは自分で咲かせるのはとても無理ですね。

ここはさいたま市で計画的に四季の花を咲かせているので何時いっても花が見られます。しかも入園無料です。嬉しいですね。            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

トラブル発生

   060              055           056_1      

  

西塚さんのオースターZ、少し前からエレベーターのニュートラルが決らず何回飛行調整しても戻りません。すっかりお手上げした本人は、本日師匠に送信機をバトンタッチ、暫く飛行した後、師匠いわく、『水平尾翼に問題あり』との診断。

早速尾翼を外して検査の結果、水平尾翼の稼動部品に欠陥を発見。調整ネジが脱落し水平尾翼が固定されない状態だった。単にネジが外れたのかと何回も回してみたが結果は空回りするだけで駄目。 

 057          058           

早速当医院に担ぎ込んだ。気の短い医者はすぐ手術開始。何せ開腹してみなければ原因が分からないとの事であっという間に切り取ってしまった。

 060_1 061                     

      

 開腹した結果はなんと調整ネジを固定しているナイロンナットがすっかり緩み、5ミリも下がってしまっていた。これでは調整ネジを幾ら回しても空回りで水平尾翼は5ミリほど浮いたまま、バスコークでかろうじて止まっていただけ。原因が分かってしまえばあとの手術は簡単、ビスを元に戻しナットをしっかり止めなおせばすべて元通り。よかったよかった。明日はもう飛行できますよ。       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結構賑やかな飛行場でした。

               038         051  053       054        

今日は草刈当番でした。9時55分に飛行場到着、・・・・・ ン、 草刈はすでに終わっていました。誠に申し訳ありません。慌てて草刈機の片付を手伝いました。草を刈ったあとはご覧の通り綺麗です。

しかし芝が無いので砂地が出ていて風が吹くと砂埃がひどいです。芝を張りたいな~~~芝の種が安く手に入ればきれいな飛行場になるのにな~~

今日は小泉さんの飛行を紹介します。目下EDクラスの飛行を練習中ですが、検定会にエントリーすれば合格率はかなり高いです。

機体はグランドスラム、今日もいい飛びをしていました。スナップロールの回りが納得できずに調整をしていましたが、どうやらホーンを少し大きくしないと打角が足らないようです。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

あったか~~い日曜日でした。

031

022

4月1日、暖かい1日と言うより暑い1日でしたね。4月1日はエプリルフール、何か新しいニュースはないかと探し回ったのですが、相も変わらず同じことの繰り返し??

しかしいい日には大勢集まるものです。今日も今年初めての大賑わい、10機も集まってしまいました。午前中の飛行は1回だけでした。あとはもっぱらおしゃべり。

023

032033

昨年不運なエンスト着陸で主翼を破損した新井さん、こんなに綺麗になって帰ってきました。もう破損したなんてまったく分かりません。プロ級の腕前です、いやそれ以上かな??

そしてテスト飛行、主翼のバランスも調整していざ飛行、結果は大成功です。又楽しめます。しかしこの修理の技は凄いです。私もため息で見ていました。どう逆立ちしてもとても真似出来ません。こんな人がいるクラブなんて嬉しいですね。

 019          020            

今日は入会希望のTさんが愛機を持って遊びに来てくれました。飛ばしこんだインプレッション、機体スタンドも西岡製の高級品。

現在PD獲得に向けて特訓中のようです。飛行はなかなかのもので当クラブの師匠が褒めていました。本年中には望みをかなえたいようです。私も応援します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »