« スーパースカイボルト | トップページ | オキザリス無念の骨折-2 »

2007年4月17日 (火)

オキザリス無念の骨折

 001              002     003           

このブログでの修理公開は総て本人の了解を頂いているものです。目的は出来るだけ修理内容を知りたいことと、何時ごろまでに出来るのかな~~ なんて考えるより出来上がりの日程が分かるので楽しい、って言ってくれます。 

又場合によっては注文も付けられるといったメリットもあるみたいです。

さて、フイルム張りの飛行機は何といっても壊れた部分以外にフィルムの陰に隠れた隠れ破損があることです。フィルムの上からは見えなくても結構傷が入っている箇所があって検査をおろそかにするととんでもないことになります。

この機体も主翼から先がもげたものですが、現場で瞬間繋ぎをしましたのでこのまま修理をすると大変危険です。

隠れ破損の箇所をマジックで書きました。マジック部分はバルサが総て割れている箇所です。機体の上を指で押しながら探っていくと分かります。

 016            018        

この部分は裏からあて木バルサが必要か、又は瞬間止めでいけるか判断しなければなりません。この場合小さい箇所は瞬間止めで済みますがカッターの入れてある箇所は瞬間だけではちょっと危険かもしれません。このような判定をしながら順序よく修理をしていきます。

主翼受けの爪付ナット部分の止め板は完全にはがれています。又ナット部分の近くでベニアがもぎ取られています。  

|

« スーパースカイボルト | トップページ | オキザリス無念の骨折-2 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/6120679

この記事へのトラックバック一覧です: オキザリス無念の骨折:

« スーパースカイボルト | トップページ | オキザリス無念の骨折-2 »