« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ZIGEN・SMの製作

胴体の組み立て

                013_4      005_2               

  

これは胴体の中に貼り付けるハッポーです。 主翼より後ろ側に入ります。4枚入れるとどこを持ってもへこみません。厚みは30ミリあります。この上にプランク材を貼り付けます。

プランク材は2ミリバルサを張り合わせ軽くサンディングした後、風呂場でぬるま湯をシャワーがけして型に巻きつけます。大体1日で乾きますね。乾いた後は更に1日ほうっておきます、元に戻らないことを確かめてから貼り付けます。

 007                  015                

巻きつけてあるのは古いZIGENの胴体です。ここにゴムひもでぐるぐる巻きにします。後は貼り付ければOKという訳です。右の画像がプランクした後の画像です。

016                                                                        

発泡スチロールを入れた後はこんな感じになります。これで胴体はがっちりします。ちょっと面倒ですがここまでやらないと恐いですね。これから前側をプランクしてグラスの前カバーを接着します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

下総航空基地開設記念式

                                  016 015   

   

本日は柏の下総航空基地開設記念式に代理出席を依頼され参加しました。ここは地元の災害勃発に関して速やかな対応が出来、且つ日本の災害時には広範囲な救済が可能な基地として海上自衛隊員の強化訓練を実施している基地です。

初めて参加しましたが普段見られない自衛隊員の素顔がちょっとだけ見られたような気がしました。スナップ写真は写真館1に掲示しました。スライドショウでご覧下さい。                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

垂直尾翼、水平尾翼

 007                                     

水平尾翼は2センチ詰めるとかなり小さくなったような気がします。テーパー比が強くなってスタイルもかなり変わります。

 009                     010             

垂直尾翼もテーパー比を強くしました。形ができてみないと良く分かりませんがかなり上部が細くなりますね。リブ組みした後プランクをしました。これを整形材に接着し削ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

ZIGEN・SMの製作

                                   3_10   004_2                                  

胴体側板は2ミリベニアに3mバルサを貼り付けます。左のベニアはスーパーエース右はSMの貼り終わったところです。この段階では張り合わせていない部分は3ミリのバルサそのままです。ただし裏側に2×10ミリバルサを貼り付けて補強します。

 J_23                                      

仮組みするとこんな感じになります。今回は胴体の前部を20ミリ下げ後ろを20ミリ嵩上げしますので胴体の勾配が緩やかになりキャノピーが飛び出すことになります。変更図面が無いのでどんな感じになるのかさっぱり分かりません。どうなることやら。(゚▽゚)-_-)ゝ

J_242                                                

20ミリ嵩上げするとこんな感じです。この場合はラダーのノイズレスパイプをこの状態で通して置かないと垂直尾翼をつけたときには手を入れられなくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

飛行場水没直前の飛行

 O_10                                    

この画像は飛行場水没直前の9月2日の日曜日の飛行です。今正にアストラルが飛行準備に入っています。パイロットは十佐近さん、助手は大川さんです。この飛行を最後に飛行場は台風9号の水害でヘドロと化しました。

 O_13                   O_12                   

この日はいい天気で最高に暑かったですね。何時もの若々しいスタイルです。後の二人も真剣そう、台風が来なければ今頃は涼しくなって一番いい季節なのにね~~

でも必ず又飛行できますからもう少しお待ち下さい。                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

最後にこの人エンターテイナー??

 G_13                                  

最後にはやっぱりこの人、みんなにせがまれて披講しました。みんなものめずらしそうに眺めています。でもこの人はどこで飛行しても安定感があります。今年の後半は再び検定会で腕を発揮するはずでしたが突然の台風9号のため練習できなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉中会長のエクスプローラーは快調

 G_38                                   

吉中会長さんです。今日はエクスプローラー110で練習でした。ちょっと東風が強く着陸がまったく横風になってしまいいい練習になったかと思います。(o^v^o)>

皆さんにフルサイズに変更と言われまだまだと慎重でした。しかしこの機体を飛行させる指技があれば確かにフルサイズのほうがもっと良いはずです。今年はきっとフルサイズに移行するかも。

 G_39                                   

こちらは木村さん。飛ばしこんだ機体で横風も何のその、今日はジャンプから3羽ガラスがお邪魔しておしゃべりのエンターテイメントを競い合いました。さぞかしうるさかった事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境フライングにお邪魔しました。

 G_33                                 

今朝は加須付近で結構な雨が降ったそうです。そのため長谷川さんは出鼻をくじかれたようです。境では雨が降らず曇りの天気でした。午後から雨雲が低く霧雨が降り、飛び上がった機体が見えなくなったりしましたが、概ね一日飛行可能でした。

このリンボーはOさんの機体ですがいや~~良く飛びます。スタントと言うよりアクロと言った方がいいかな~~  ナイフエッジはもとよりフラットスピンもグーールグル。慌てて動画を取りましたが良く入っていませんでした。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいぶ乾いてきました。

 006                                   

鳥でも歩いたように見えるのが今日の飛行場です。だいぶ順調に乾いてきました。このひび割れに花が咲くようになればヘドロの上部の水分が取れた証拠です。前回の台風時にヘドロが来たときは丁度こんな時期にみんなで車の踏み潰しをやりました。

ところが川下付近の部分的にまだ水分が取れてないところがあって、そこに車が次々にはまってしまいました。今回はもう少し待ちましょう今週雨が降らなければ来週は会員総出で地ならしになるかもしれません。皆さん準備はいいですか。

 G_25                                  

ここはアスファルト道路のヘドロです。さすがに乾いていますね。正に豆腐を切ったように厚みがあります。滑走路すべてがこれ以上の厚みがあると思ってください。正にハンマーでかち割って運び出したいくらいです。

この状態を車で慣らすと今年の冬は砂埃がひどいのと、雨が降ったらぬかるんでどちらも最悪です。早く踏み潰し草が伸びるのを待ちましょう。

 G_20                                      

しかし雑草とは良く言ったものですでに日々割れ目から伸びてきました。いくらヘドロをかぶろうが雑草は強いですね。これからは嫌いな雑草ですが早く伸びるのを喜ばなくてはなりません。

G_21                                                                           

これが川上から見た全景です。部分的に茶色に見えるところはまだ水分が残っていて、車で踏むと又はまってしまいます。

 G_23                     G_24                  

この2枚は滑走路側から土手に向かってみたところです。トラック道路は一番先にグレーダーで掻いてしまいましたのでヘドロの厚みが良く分かりますね。又滑走路上の茶色の部分はまだ完全に乾いていない部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

飛行場はまだ半乾き

 07922                                  

クラブの先輩Sさんより飛行場の最新画像が届きました。この画像を見ると晴天が続いているので順調に乾いているように見えますね。飛行場にまだいるようなのですぐ電話して聞いてみました。

「川下に向かって滑走路が高くなっているので右側から水が引けないので渇きが遅れている感じです」 との話です。「歩くとまだ固まっていないところがありひび割れがいっそうひどくなってきました。」 

 07922_1                   07922_3               

同じひび割れでも部分的に砂が多いところと、ヘドロが多いところに分かれておりヘドロの部分は積もった量が多いようです。砂地の多い部分は多分先に乾いて入れるようになるかも知れませんが、このままの状態では飛行機の滑走はできませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

ZIGEN・SMの製作

 主翼と水平尾翼は変更です。

 Photo

主翼はまったく新しく作り直します。主翼のテーパー比を強くして失速特性を上げることにしました。翼端で2センチ細くしました。現在は非常に座りのよい飛行ですがどんな事になるのかはやってみないと分かりません。

水平尾翼も同じく翼端で2センチ細くしました。今日はリブの切り出しをやりました。今までも結構あちこち変更してますが、よい方向に向くことを期待します。飛行機に関する知識はまったくゼロなので正に手探りです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

ZIGEN・SMの製作

 1_1 胴枠の切り出しです                                   

飛行場は当分使えないので、心置きなく製作に入れます。(o^v^o)>

こんな時にあちこち具合の悪かったところを修理する絶好のチャンスですが、修理となるとなんだか億劫でなかなかスタート出来ません。と言うところでZIGENの新作を依頼されましたので手をつけることとしました。

何せ自家製ですから1からスタートしますので時間がかかります。プロの方から見れば大笑いでも機械も場所も無いのでやむを得ません。30機目、31機目を手がけることとしました。

 1_2                   1_3                

防火壁はシナベニアを2枚張り合わせます。なぜ6ミリの厚みが必要かというと、マウントが通し材を使わず防火壁だけで持たせているからです。今までこの方法で作ってきましたがマウント事故は一度もありませんでした。ただし6ミリのシングル板は使わずに必ず3ミリを2枚張り合わせます。時間がかかるよな~~  まあのんびり作っていきますので気が向かないと公開できません。悪しからず。 

001                                                

同枠やマウントは糸鋸で切り出しますが、これも機械が無いので手で切ります。ただし木工用の刃は切り口がボサボサになりますので、金属用のNO18番ぐらいの刃を使うととても綺麗に切れます。切った後はペーパーをかけなくてもそのままでOKです。ただし角は120番ぐらいのペーパーでならします。

 002                                 

主翼が入る同枠には縁に5ミリバルサの角材をはりつけます。これは直角を出すためと胴枠の変形を防ぐためです。又ラインも綺麗に出ます。

更に主翼のダウエル受けはあらかじめウレタンを貼り付け振動で穴が大きくならないように養生しておきます。機体の助手をやっていると主翼を押えたとき、胴体と主翼の境目がエンジンの振動でガタがあるのに気付きますが、この養生をしておくと主翼のガタが出ません。           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

当分はグライダーかな

 107                                     

これはハンドランチグライダーです。画像には写っていませんが左の主翼先端付近に指を掛けるカーボンロッドがたてについています。ここに指を掛け身体を回転して反動をつけ手投げします。

しかしカーボンをふんだんに使ってとてもよく出来ていますね。仕様はフルチャンネルです。エルロンの端は1ミリぐらいで反りも無く正確なラインで仕上げてあり、正に芸術品ですね。いい風のときは一回手投げするとどんどん上がってしまい降りてこないそうです。

先日境フライングにお邪魔したときに見せていただきました。持ち主は長谷川さんです。昂平君のZIGENの飛行では大変お世話になりました。

 106                                  

メカルームを見せてもらうとこの狭いエリアにメカがきちんと納まっています。もちエルロンは2サーボです。駆動はすべてナイロン糸、も~びっくりデス。フィルムは自分で貼ったそうですが凄いです。又、どうしたらこんなメカ積みが出来んじゃろうか。飛ぶところが見たかったのですが風が強くて駄目でした。

次回は是非見せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

こちらはお隣のトトロ

 095                                      

こちらの画像はお隣さん。信じられないでしょうがほとんど被害はありません。今日は草刈が出来ませんでしたが飛行しています。ここは利根川が大きくカーブしてしているためにカーブの内側にあるのでこんな状況です。

 094_2                   093                 

まったく被害が無いわけではありませんが、ほとんどヘドロの影響はありません。今日は下が柔らかいので草刈が出来ませんでしたが、来週草を刈れば何時もの飛行が出来るようです。(うらやまし~~い)

                                       104        101                            

飛行場内も舗装道路もご覧の通り綺麗でしょ。同じ利根川でもこんなに違いがあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日現在の飛行場です。

 081                                     

これは熱帯のマングローブではありません。悲しいけど我が飛行場です。このひび割れた下20センチに飛行場があります。あまりにもひどい状況で息を呑み、しばし誰もしゃべりませんでした。正に途方にくれてしまったところです。

しかし過去にもこのような出来事があります。当時は車の乗り入れが出来ましたので乾き始めてからみんなで車を乗り入れ地ならしをしました。そのとき何台かはまってしまい4輪駆動に助けられた経緯があります。当時を思い出すとほぼ状況は同じですね。

 086                                   

部分的に見るとここでは東京湾の潮が引いた後のようです。ところどころに蟹の出入りの穴でもあれば引き潮の砂地そのものですね。歩くと感触が正に砂浜です。まあ嘆いていても始まりません。ここは1つ気持ちを大きく持って暫くは開店休業と行きましょう。

 080                                     

この画像は入り口付近です。手前の舗装してあった道路も正にヘドロの下。下が舗装のため乾かずに現在でも長靴半分ぐらい潜ります。  やたらに歩くと足が抜けずに大変なことになります。  ヾ(◎_◎)ゲゲッ!      Oさんファミリーが清掃に挑戦した時とあまり変わっていません。 

 087                                    

足を抜いた後はこんな感じです。うっかり大またで歩くと泥沼にしりもちですよ。

 084                                   

上流側から見た全景です。今日は役員の皆さんに集まっていただいたのでこの後打ち合わせをしました。結果については後日メーリングリストでご報告いたしますね。ただ1つのお願いは現在の飛行場になるべく立ち入らないようにしましょう。ぼこぼこ足跡が出来てしまうと後処理が大変です。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

池袋の夜

 0722                                     

久し振りに東京に用事があって出かけましたが、帰りに池袋を回ってみました。夜の東京は懐かしいですね~、神田界隈から新橋付近も少しうろついてきましたが、勤め帰りに立ち寄った小さな飲み屋さんも看板をかえて営業していましたよ。

古い友達と暫く振りに逢い、「お前ずいぶん爺さんになったなぁ~」お互いに昔を懐かしく思い出して遅くまでおしゃべりをしてしまいました。やっぱり友達はいいな~~。

 0702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

飛行場その後

                                    

 92627571                                   

この画像は十佐近さんのブログから借用しました。この画像を見る限り飛行場の常態は最悪ですね。ヘドロが20センチ位も溜まっているそうです。このまま待っても最低1ヶ月はかかり、その後はひび割れして凸凹になりローラーで慣らさない限り飛行は難しいかもしれません。

私の手が空き次第、飛行場視察の報告をしたいと思っていますが、今週は身体が空きません。しかも天気まで秋雨の走り、心身ともに憂鬱ですね。

 1111

                                    

こちらは境フライングの飛行場です。今朝Tさんから送っていただきました。現状はヘドロの被害も最小で、このまま乾けば飛行可能だそうです。境フライングは利根川の大きなカーブの始点となっており、流れてきたヘドロが川壁に当たり反対側へ流されたのと飛行場の水の流れに、障害物が無かったのが幸いしたのかもしれません。

なんとしても非常によかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

飛行場の水没画像

  2007090810370001                                     

この画像は今日の飛行場です。染谷さんから送っていただきました。この常態では2週間は引かないかもしれませんね。水が引いた後の常態によって泥濘が残らなければいいのですが、もしヘドロが残ると回復まで時間がかかります。

 Img_00162                                    

こちらは上流の境フライングクラブです。やはりかなりひどい常態ですね。1日も速い現状復帰を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

飛行場水没です。

 011                                    

台風9号は関東を直撃しました。今朝の芽吹き橋の水位を確認しましたら、警戒水位近くまで水が増えています。この表を見る限り飛行場は完全に水没していると思います。

残念ですが水が引くまでは暫くかかりそうですね。この間に出来なかったことをやりますか修理とか、それにしても住居に大きな被害が無くてよかった。我が家では植木が数個風で飛ばされ鉢の破損がありましたが、直接的な被害はありませんでした。

  先ほど隣のクラブのYさんから電話が入り、飛行場は水没していることを連絡いただきました。アスファルトの新しい道路が膝ぐらいまで水に浸かっているようです。本流の真ん中はゴミが渦を巻いて流れていて、流れは相当速いそうです。利根川には近づかないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

オキザリス復習飛行

Ko_35

光君のオキザリス、今日も元気に飛行しています。スポーツマンに合格したのでこれからアドバンス級に挑戦です。アドバンスは演技がC.Dになり選択できるようになりましたのでどちらか自分に合ったやりやすいほうを練習しましょう。

                                     

Ko_36 Ko_37

今日のコーチは大井さんです。演技はスポーツマンと違って数も多いですから慌てず出来るだけ次の演技を考えながら飛行するようにしましょう。アドバンスになったらセンター演技は出来るだけ中心で描くように心がけましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

ZIGENがお気に入りのミ~ちゃん

 O_16                                 

ZIGENがお気に入りのミーちゃんです。私は、先週はエンジン不調でエンストばかり、あげくのはてはマウントが駄目みたいな言いがかりまでつける始末でした。今週はレギュレーターとポンプをばらしアルコールで掃除しました。そしてレギュレーターのポンプ圧を90度回してニードルを合わせた結果、なんとエンストせずスローも生き返りました。排気も薄煙が出るようになり調子が戻りました。

すかさず師匠に電話して報告すると、(ほんじゃマウントの修理はもう少し様子を見たら)てなことになってハイドマウントの修理は一時棚上げにしてもらいました。師匠ありがとうございました。

 O_18                                    

今日のミーちゃんは上手に飛ばしていました。だいぶ機体の癖にもなれて言うことを聞くようになったみたい。(スッゲーパワーがあるな~~)なんて言ってました。本当は自分の飛ばしやすいセットをしたいみたいですが、遠慮しているようです。今の状態は私の飛行にセットしたままです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

プロラインをなでなで

029

石川さんがプロラインをなでなでしています。どうしたらこんなに綺麗に塗れんのかナーー  

一人でつぶやいていました。石川さんもちょっとしたミスで大事な愛機を無くした一人です。今塗装中の機体を思い浮かべて何かを感じ取ったようです。 

 030                                  

こちらは小泉さん、やはり操舵ミスで愛機を失った一人です。今度の機体はアストラルのダブルX、飛ばすたびに綺麗にお掃除をしています。凄い機体でしょう、水平尾翼は下反角付です。エンジンを利根川に落としてしまい今はDZ140で飛行中です。

O_9                                                                              

新井さんも暫く振りでエフォートを出してきました。今まで90の飛行機ばかりで、160の飛行を見合わせてきましたが、やはりフルサイズはいいねーとニコニコ顔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我がクラブも盛況でした。

 037                                    

今日は我がクラブに戻ってみると、結構大勢集合していました。小川さんがプロラインの飛行が終わったところです。相変わらずいい飛行をしていました。本人は大満足で早々に引き上げるところです。いい飛行は気合が入ったところでサット上がるのがコツだとか、ほんまですか。

 023                                  

こちらはすっかりご無沙汰していた遠藤さん。来る日も来る日も仕事仕事で少々お疲れ気味の様子。たまに来るのはストレス解消でなくて、疲れを増幅させることになったら大変です。特に今年は暑い、ただ家でのんびりしていても疲れは取れません。そんな時はやっぱり温泉でしょう。  の~~~~~んびり湯に浸かって何もかんも忘れる、これが一番でっせ。

では湯の里にでもまいろうかのぅ・・・・・・・・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

ラジ技のクラブ訪問

 011                                    

本日はラジ技のクラブ訪問(境フライングクラブ)が開催されるとあって、吉中会長から声がかかりました。我々のクラブは少数な組織なのでラジ技を呼ぶところまで行きませんが境フライングは大勢集まりました。土手下に並んだ車の数はまるで検定会のよう。

さすがは吉中会長の人柄を象徴するような爆発振りでした。機体も沢山集まりましたよ。またスタント勢はMD保持者がずらり、そのほかユニークな機体も沢山ありました。そしてアットホーム的な和やかな雰囲気で我々予備軍は羨ましかったです。スナップ写真は写真館2でどうぞ

 010                     012              

帰山夫妻です、おなじみのページェントで飛行したお魚君も参加していました。とにかく飛行機を作ることが好きで、特に変り種を作ってはご披露してくれるようです。ラジコン暦が永いのでクラブの生き字引きになっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »