« こちらはお隣のトトロ | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »

2007年9月19日 (水)

当分はグライダーかな

 107                                     

これはハンドランチグライダーです。画像には写っていませんが左の主翼先端付近に指を掛けるカーボンロッドがたてについています。ここに指を掛け身体を回転して反動をつけ手投げします。

しかしカーボンをふんだんに使ってとてもよく出来ていますね。仕様はフルチャンネルです。エルロンの端は1ミリぐらいで反りも無く正確なラインで仕上げてあり、正に芸術品ですね。いい風のときは一回手投げするとどんどん上がってしまい降りてこないそうです。

先日境フライングにお邪魔したときに見せていただきました。持ち主は長谷川さんです。昂平君のZIGENの飛行では大変お世話になりました。

 106                                  

メカルームを見せてもらうとこの狭いエリアにメカがきちんと納まっています。もちエルロンは2サーボです。駆動はすべてナイロン糸、も~びっくりデス。フィルムは自分で貼ったそうですが凄いです。又、どうしたらこんなメカ積みが出来んじゃろうか。飛ぶところが見たかったのですが風が強くて駄目でした。

次回は是非見せてください。

|

« こちらはお隣のトトロ | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/8014652

この記事へのトラックバック一覧です: 当分はグライダーかな:

« こちらはお隣のトトロ | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »