« 当分はグライダーかな | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »

2007年9月20日 (木)

ZIGEN・SMの製作

 1_1 胴枠の切り出しです                                   

飛行場は当分使えないので、心置きなく製作に入れます。(o^v^o)>

こんな時にあちこち具合の悪かったところを修理する絶好のチャンスですが、修理となるとなんだか億劫でなかなかスタート出来ません。と言うところでZIGENの新作を依頼されましたので手をつけることとしました。

何せ自家製ですから1からスタートしますので時間がかかります。プロの方から見れば大笑いでも機械も場所も無いのでやむを得ません。30機目、31機目を手がけることとしました。

 1_2                   1_3                

防火壁はシナベニアを2枚張り合わせます。なぜ6ミリの厚みが必要かというと、マウントが通し材を使わず防火壁だけで持たせているからです。今までこの方法で作ってきましたがマウント事故は一度もありませんでした。ただし6ミリのシングル板は使わずに必ず3ミリを2枚張り合わせます。時間がかかるよな~~  まあのんびり作っていきますので気が向かないと公開できません。悪しからず。 

001                                                

同枠やマウントは糸鋸で切り出しますが、これも機械が無いので手で切ります。ただし木工用の刃は切り口がボサボサになりますので、金属用のNO18番ぐらいの刃を使うととても綺麗に切れます。切った後はペーパーをかけなくてもそのままでOKです。ただし角は120番ぐらいのペーパーでならします。

 002                                 

主翼が入る同枠には縁に5ミリバルサの角材をはりつけます。これは直角を出すためと胴枠の変形を防ぐためです。又ラインも綺麗に出ます。

更に主翼のダウエル受けはあらかじめウレタンを貼り付け振動で穴が大きくならないように養生しておきます。機体の助手をやっていると主翼を押えたとき、胴体と主翼の境目がエンジンの振動でガタがあるのに気付きますが、この養生をしておくと主翼のガタが出ません。           

|

« 当分はグライダーかな | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »

ZIGEN・SM製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/8026916

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN・SMの製作:

« 当分はグライダーかな | トップページ | ZIGEN・SMの製作 »