« ここにも風に強い人がいました。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

2007年12月27日 (木)

バーチャルリアリティおじさん登場!

Dscn15441

またまたラスベガスの友人から楽しい画像が送られてきました。細かい説明は本人の記述をそのまま載せましょう。

ここに写っているおじさん、変なメガネをかけています。実はこれ、装着型のビデオディスプレイになっています。飛行機には超小型ビデオカメラと2.4GHzのビデオ送信機が搭載されていて、リアルタイムで地上の受信機に飛行機からのビデオが送られて来て、その画像を、このメガネみたいなディスプレイで見ながらラジコンで操縦するというとてつもない遊びをしている人なのです。

この機材もすごいのですが、聞いてみたら、実は費用はたいしたこと無いのです。
ラジコン飛行機のほかには10万円ぐらいでビデオ機材がそろうみたいです。そして飛行がまたすごいのです。もう、飛行機は地上から見えません。カメラがなかったら操作できません。場所はミード湖畔なのですが、切り立った崖の向こうにあるフーバーダムが、カメラ視界に見えるのです。

ラジコンの電波は6Kmほどは届くそうです。また、ラジコン電波が届く範囲ならビデオは受信できるそうなので、もう、やりたい放題です。飛行高度も、とんでもなくて、実は最後の飛行でエンストしましたプロペラが止まっているのがビデオで見えました。しかも何キロも離れている場所から滑空だけで帰ってきたのです。

「エンスト!」のコールから5分以上も滑空していましたから、すごい高度のはずです。ごらんの通り、機体はごく普通の60クラスの高翼練習機ですしかも、ビデオ機材と燃料のため、結構重いのです。エンストも、燃料は残っていたので、恐らく「高度のせいで空気が薄すぎたのだろう」と言っていました。オソロシイ!

 Dscn15451

この楽しい飛行はユウチューブの動画で見ることが出来ます。 

http://www.youtube.com/lvsupertech

|

« ここにも風に強い人がいました。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/9595872

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルリアリティおじさん登場!:

« ここにも風に強い人がいました。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »