« 風、風、風、毎日、どうして | トップページ | イヴォルブ 修理 »

2008年3月 3日 (月)

イヴォルブ

Photo

ホビーネットから発売されているイヴォルブです。O田さんがテスト飛行で持ってきました。新製品と言うことで注目されている機体です。モーター仕様のラジコン機はエンジン機とエンコン操作が違うので注意が必要ですね。

今日は師匠がいないので私が初飛行の代理を依頼されました。風が強いのと滑走路が悪いので条件はよくないのですが、慎重に飛行しました。

飛行画像はありませんが、スタント機としてのは性能は充分備わっていて、それなりの飛行は楽しめます。風が強かったので垂直上昇の性能が充分確認できず中途半端に終わってしまいました。この機体ではサイドスラストがやや足りない感じでした。又パワーもプロペラが回転とマッチせずすべり気味の感じがしました。

舵は敏感でもう少し打角を押さえたほうがふらふらしないかもしれません。あとは調整次第でいい機体になるでしょう。でも初心者には難しい機体で初飛行はベテランに任せましょう。

 1k_7

ところがなんと着陸で雑草に足を引っ掛けご覧の通り、ポッキリやってしまいました。自宅に持って帰り修理の準備を始めたところです。画像をご覧下さい、脚取り付け板がまるでパズルのようにはめ込み式になっています。

補強対策より軽量化と美しさを優先しているのでしょう、1.5ミリのベニアにはめ込んであるだけの構造です。又、脚が取れたときに機体に与えるダメージを最小限に考えて、脚だけが取れるような設計なのかもしれません。

この脚を修理するには相当根性を入れないと元に戻りません。

 1k_8_2                    0_1_3

手前のアールの付いた1.5ミリのベニアの折れた台座を部分的に作り直すしかありません。本当は全部切り取って新しく作り直せばいいのですが、今回の場合は部分的に作り直し、接着したあとに前側にもう1枚2ミリベニアを張り合わせることにしました。

こうすれば少しは丈夫さが強化されると思います。

 0_2                   0_3

画像のように2ミリベニアで脚受けを作りました。この部品がぴったりはまると以外にしっかり納まり外れにくいことが解りました。しかしなんと言っても組み立て細工のような構造ですから又強いショックを受ける着陸には限界があります。

 0_4                  0_5

出来上がったものを組み込んでみるとまだ接着していないのに、この様にしっかりします。この機体の組み立てにはどのような接着剤が使われているのか解りませんが、接着剤がほとんど目に付きません。はがれた部品を見てもレーザーカットの面には接着剤の後が見えないくらい綺麗です。モーターの飛行機は振動がないのでエンジン機の接着と方法が違うのかもしれませんね。 さて、私はどの接着剤を使おうか迷っています。                   

                                                                               

                  

|

« 風、風、風、毎日、どうして | トップページ | イヴォルブ 修理 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

多分ですがこの機体の場合前側の接着が釘抜の要領で引き剥がされてから全体に壊れるような気がします。
おやじさんは前側を強くしてるんで引き剥がされにくくなって壊れるとしたら脚の台座じゃないかなぁ?

ネジについてはネジの強度より爪つきナットの面積が増えるんで面積あたりの衝撃が減ってベニアが割れにくくしているのかもしれません。

裏打ちしたほうが軽くなるような気はしますけど…

もしかして壊れた原因は接着剤の強度不足かも?

あぁわかんね(;´д`)

投稿: みぃ | 2008年3月 7日 (金) 00時27分

みいちゃん、有難うございます。

お説の通りベニアを張ったのが裏目に出なければいいんだけど??

今度壊すとモーターがそっくり取れちゃうとか。心配だ~~

投稿: おやじ | 2008年3月 6日 (木) 17時54分

どこで壊すかがポイントですねぇ…

高くつくかもだけど脚の先端の近くで折れればダメージ少ないかな?

取り付けのベニアを丈夫にすると胴体の前部がばらばらになっちゃいますよねぇ
あとは取り付け位置を下に下げる?

高翼ならOK(爆)

固定の3車輪も 核爆

投稿: みぃ | 2008年3月 6日 (木) 12時50分

弦之助さんお元気で何よりです。
Show Time90の飛行はいいですか?
又新しいのを買うんですか。

何時ごろ帰ってくるんでしょうか。
お待ちしていま~す。

投稿: おやじ | 2008年3月 4日 (火) 12時30分

 おやじさん、いつもお世話になっております。
 Show Time90は、ビス2本だけで固定脚を止めていました。合計2本でも強度は問題ないと思います。あとは引っ掛けて脚がもげる時の「もげ場所」の設計がポイントですねっ(^^;
フルサイズはもげると主翼に穴が開くから、もげない設計が「良」なのでしょうか??

投稿: 弦 | 2008年3月 4日 (火) 11時02分

弦之助さん暫くです。コメント有難うございます。私のフルサイズでも脚止めのビスは2本ですね。このクラスでは3本止めはチョッとオーバーですか。bearing

投稿: おやじ | 2008年3月 4日 (火) 07時35分

 こんにちは、ごぶさたしております>皆様
 ちょっと気になったのですが、脚の取り付けに6本もビスを使っているのですね。驚きました。2本で充分のような気がします。ここが頑丈だと、必ず胴体を壊すと思います。
では。

投稿: 弦之助 | 2008年3月 4日 (火) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/10898064

この記事へのトラックバック一覧です: イヴォルブ:

« 風、風、風、毎日、どうして | トップページ | イヴォルブ 修理 »