« イヴォルブ | トップページ | アストラルⅩ もう直ってる »

2008年3月 4日 (火)

イヴォルブ 修理

 004

胴体の下側破損部分を切り取ってしまいました。約7センチほどの幅になりますがここをプランクして、修理した脚受け部分の前側に2ミリベニアを貼り付ければ、フイルムを張っておしまいです。

  006_2                   007

ここの7センチほどのプランクはアールが大きいので、バルサを湿らさなくても簡単に貼れます。1.5ミリのバルサが無いので2ミリを張りました。あとはペーパーでこすれば適当な厚みになります。happy01 貼り付け完成は右の画像です。

 008

最後に前側に2ミリベニアを貼り付けますが、このベニアを貼ると結構丈夫になって今度破損したときのダメージが大きいのかな、っていう気がします。特にこの機体は脚を下側からのビス止めではなく、脚を差し込んで機体の中からビス止めする方式なので前側が丈夫な方がいいのかなって思います。

|

« イヴォルブ | トップページ | アストラルⅩ もう直ってる »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/10938773

この記事へのトラックバック一覧です: イヴォルブ 修理:

« イヴォルブ | トップページ | アストラルⅩ もう直ってる »