« 次のトラブルはプロライン | トップページ | オールジャパン出場機 »

2008年4月 7日 (月)

関東周辺はどこも桜が満開

 002

この見事な桜は何時も飛行場に行く通り道です。車では何気なく通過してしまいますが今日は気になって写真を撮ってみました。この土手の河川敷では来月には大凧上げまつりが開催されるはずです。更に向かい側は関宿滑空場です。何時もグライダーが軽飛行機に曳航され離陸していくのもこの場所です。

 015

本日はお隣の境フライングさんにお邪魔しました。私のクラブより川上に位置していますが、去年の台風被害は最小限にとどまり現在はヘドロも気にならずきれいに整備されています。

 004_2                   003

本日は素晴しいアイディアを頂きましたのでご紹介しましょう。左の画像は今渦中のアストラル63です。この作りもすばらしいですが、チョット気になる燃料流出系統の配管です。このクラスでは前面のカバーを外すときにカバーに配管の穴を開けていると、取り外しが厄介ですね。

右側の画像を見るとカバーに穴は開いていますが、配管は繋がっていません。つまりこの状態でニードルとペラを外せばカバーは簡単に前に外せます。チョットした工夫ですがなかなかいいアイディアですね。皆さん是非真似してください。

 021                   022

この機体の飛行を見せてもらうことにしました。長谷川さんの手際の良い準備でエンジンは一発始動。YS63エンジンは素晴しい回転と超安定したスローを見せてくれました。

離陸もフルサイズなみの安定した離陸をします。長谷川さんの調整完了後チョットスティックを持たせてもらいました。感想としては小型機なのに張り付きが良くてフラフラしない、垂直上昇が左右前後にダレずに真っ直ぐ上がります。

 023

機体のオーナーはこの人、昂平君のパパです。本人はとても気に入っています。長谷川工房が精密に作り上げた傑作ですね。本人はまだ仮免といっていますが大事に使ってください。チョット気になることと言えばプロペラのサイズをもう1つ上げてテストをしてみたら別の顔がみられるかも。

 026

チョット変わった芝刈り機でしょう。聞くと自走式の芝刈り機を器用なクラブ員が改造して乗用にしたそうな、もうびっくりです、どこのクラブにも器用な人はいますがここまではなかなか出来ないですよ。そしてこれが結構早いです。どうやって曲がるのかと思いましたがハンドルを左右に押し出すようにすると真ん中のボルト部分から頭を振ります。よく出来ていますね。

 006

長谷川さんのデュ-プレックス、です。我がクラブにもこの機体を使っている人がいますがいい飛行機ですね。

 012

垂直尾翼を見ると皆さんの機体とチョット違います。こんなマークが描かれていてなかなかお洒落です。私も飛行機がだんだん仕上げ近くなってくると、なんか自分らしい個性を強調したくなりますが、これがなかなか上手く行きません。

このマークは『一角獣』とか言ってアニメにも出てきそうな楽しさがありますね。まだまだニュースは続きます。

|

« 次のトラブルはプロライン | トップページ | オールジャパン出場機 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/12385278

この記事へのトラックバック一覧です: 関東周辺はどこも桜が満開:

« 次のトラブルはプロライン | トップページ | オールジャパン出場機 »