« 疾風製作 10 | トップページ | 疾風製作 12 »

2008年6月20日 (金)

疾風製作 11

 104

下地が終わったところで絹を貼りましょう、絹はあらかじめアイロンで皺伸ばしをしておけば、そのまま貼ることが出来ます。でも曲面とか凹凸の部分は少し霧を吹いて湿らし,軽くタオルで撫ぜると浮きません。

主翼はオールプランクではないので少し伸ばし気味に張りました。絹だけの窓空き部分はクリヤーを塗らずに絹を貼り終えてから塗ることにします。

 105

絹貼りも結構時間がかかりますね。ここでも根気が必要です。一人黙々と作業をします。ラジコン製作は二人がいいですね。馬鹿を言いながら仕事していると案外楽チンに出来ます。

 106

胴体は何とか張り終わりました。主翼を張れば今日は終りです。この後又、塗っては磨きが何回もあります。何回って言っても私の場合は2回で終りですね。それ以上は続きません。shock 展示用のピカピカ機体を作ることは出来ません。私には到底無理です。

|

« 疾風製作 10 | トップページ | 疾風製作 12 »

疾風製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/21767016

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風製作 11:

« 疾風製作 10 | トップページ | 疾風製作 12 »