« 初飛行を2.4GHで | トップページ | またまた新アイディア登場 »

2008年6月 9日 (月)

電池カバーを取り外して再度飛行

 024

初飛行を終えて師匠から結果をきいたOさん、早速魚雷を取り外して再度飛行することとしました。電池を収納してゴムバンドで止めるとやや出っ張ります。そのままの状態で電池カバーを外しました。これで再度飛行すれば原因が分かる筈です。

 029

今度は電池カバーがないので胴体の抵抗はなくなるはずです。それと一回目の飛行でエルロンの差動が確認されたので打角の見直しをすることとしました。

 031            032          033

そこで使われたのがTさん所有のインシデンスメーター、デジタル方式の優れものです。先ず主翼ホーンの根元に取り付け、ダイヤルを0にします。そのままの状態でスティックを上下に倒すと打角の差が一目瞭然、定規やノギスは不要、一発で上下の差がばれてしまいます。これで上下を同じ数値に合わせて再びトライ、

結果は言わずものがな、飛行は上々、オキザリス本来の特性が充分発揮されました。師匠からは「この機体でPC検定を受ければ合格できるよ。」と言われ、すっかり喜んだOさんでした。

|

« 初飛行を2.4GHで | トップページ | またまた新アイディア登場 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

アツシさん、初飛行おめでとう、
喜んでもらえてよかった。
これからジックリ練習して下さい。

投稿: おやじ | 2008年6月10日 (火) 15時40分

いつも楽しくブログに載せて頂いて感謝です。アキラは学校で自慢しまくっています。
会長が製作している時から言っていた
羽の下側電池は安定感が増し、以前より
良いみたいです。
製作、腕、共に上達したせいですかね。
もっと勉強しなくっちゃ。
宜しく御願いします。


投稿: アツシ | 2008年6月 9日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/21525458

この記事へのトラックバック一覧です: 電池カバーを取り外して再度飛行:

« 初飛行を2.4GHで | トップページ | またまた新アイディア登場 »