« フタバ2.4GH モジュールテスト | トップページ | 2.4GH飛行テスト続行 »

2008年6月 3日 (火)

DZ160の調子はどうですか?

 G_7

先日犬山市から退院してきたDZ160エンジン、本日慣らし運転をしているNさん、脇で調整をしているのはYSエンジンのオーソリティー、高橋外科医です。YSエンジンは退院してきたそのままの状態ですぐに機体に載せ、飛行しようとするとまったく不調で回ってくれないことがあります。「なぜ??」と首をかしげる人も多いことでしょう。

 G_9

そんな時、傍に専門医がいてくれるととても助かりますね。特にたくさんのパーツを取替え手術費が多額になったときなどは特にそんな傾向が多い気がします。私の91もそうでした。結局送り返しメーカーのベンチテストを終了して帰ってきて、初めて調子が戻りました。と、言うことはエンジンは回してみないと分からないわけで、後は調整ですべて元に戻ります。

 G_14

と言うわけでNさんのエンジンも外科医の調整が済むと平常に戻りました。やれやれ、知らないと言うことはこんなものです。一度調子が戻れば何もしなくてもそのままで、又暫く好調が持続します。今私のDZ160は絶好調です。Nさんのエンジンは今後又絶好調になると思います。

|

« フタバ2.4GH モジュールテスト | トップページ | 2.4GH飛行テスト続行 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/21379426

この記事へのトラックバック一覧です: DZ160の調子はどうですか?:

« フタバ2.4GH モジュールテスト | トップページ | 2.4GH飛行テスト続行 »