« パルサー キャノピーの開閉方式 | トップページ | 今日の飛行場は33.5度 ヒェ~~ »

2008年7月 4日 (金)

疾風 メカ積み

 A_14

疾風のメカ積みは割りと早くできそうです。なぜなら引込みサーボはすでに内臓済みで、リンケージも終わっているので、脚を取り付けるだけです。取り付けた後ハッチカバーを2本のビスで取り付ければ5分で終り。テストしてみるとスムースに動きます。OKです。

このあとエルロンサーボを2個と、疾風にはフラップサーボが1個付きますので、このリンケージがチョット面倒です。

 1

その間にエンジン取り付けと、燃料系統の配管、タンクの取り付け等をやってしまいます。エンジンの取り付けは、図面では直付けになっていますが、いまどきこんな取り付けで飛行できませんので、フローテングマウントに直します。

高さの調整は製作過程で調整済みなので、ここはマウントごと取り付けるだけです。

 Photo

タンクはテトラ製の400CCクラスを取り付けようと思いましたが、生憎合うものがなかったので320CCのやや小型にしました。キットではタンクの口金が外に出るようになっていますが、これでは重心が狂うので、前面に口金受けをつけました。

 6_1

この手のスケール機は大体前面をカバーで被せるタイプがほとんどですが、この場合燃料配管がカバーを貫通すると結構厄介ですね。

そこで配管ストッパー受けを内蔵してカバーを外すときは、ニードルだけを外せばマフラーをつけたままカバーが外れるようにしました。これはとても便利です。このやり方は長谷川師匠から伝授されたものです。「先生、使わせていただきました」 (o^v^o)>

 6_3

出来上がりはこんな感じになります。チョット穴が大きすぎて囲いから外れてしまいました。工作がヘタですね~。

 5

エンコンサーボを取り付ければエンジン回りはお終いです。このあとエレベーターサーボとラダーサーボのマウントを取り付けましよう。ここまでは簡単ですね。しかしこのベットの位置はテールヘビィになりがちな疾風のこと、すべて仮積みして重心位置を調べておいてからやりました。そんなに急いでどうする。「はは~~ん、このあと何かやることがあるな。」

|

« パルサー キャノピーの開閉方式 | トップページ | 今日の飛行場は33.5度 ヒェ~~ »

疾風製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/22064616

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風 メカ積み:

« パルサー キャノピーの開閉方式 | トップページ | 今日の飛行場は33.5度 ヒェ~~ »