« フルサイズ、パルサー改造計画 2 | トップページ | フルサイズ、パルサー改造計画 4 »

2008年7月 1日 (火)

フルサイズ、パルサー改造計画 3

 2_4

先ず電池搭載のスペースを確保しなければなりませんが、この機体は胴体幅があまりなくてリポ電池を2個並べて載せるほどの横幅がありません。従って縦に並べると29センチの長さにもなってしまいます。そこで電池にあわせて長いスノコを作りました。

 2_6

切り口にあわせて櫓を組みます。材料は2ミリベニヤ、取敢えず横張りを残しましたがこれは電池の大きさによって、切り取るようになるかもしれません。今のところ切り取ってしまっても強度的には問題ないと考えています。

 068

電池の大きさが気になってサイズを聞いて見ました。サイズどうりの紙型を作ってみましたら、なんと驚くなかれこの状態でもぎりぎりです。思いのほか電池が大きいことに気付かされました。このままでは横桟はすべてカットしなければ入りません。「う~~~ん」(>_<)

 2_52_3                 072

これでも電池スペースはぎりぎりですね。桟がなくなったので電池の出し入れはらくらくになりましたが、今度は新たにキャノピーを被せたときに、キャノピー側の桟があたってしまいそうです。次々難問、さてさて、いかに解決をはかろ~~~か 。

 071

後の桟を切り取ったところです。この状態で機首側のもう1個の電池が、桟に当たってしまいます。五右衛門じゃないけど、斬鉄剣でバサバサ切っていきましょう。                 

|

« フルサイズ、パルサー改造計画 2 | トップページ | フルサイズ、パルサー改造計画 4 »

機体改造」カテゴリの記事

コメント

これなら電池も居心地良さそうです。
今迄の飛ばしたい一心の間に合わせ
工作と違い電池のお部屋が出来ました。

安心して積めそうですね。

投稿: アツシ | 2008年7月 1日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/22003614

この記事へのトラックバック一覧です: フルサイズ、パルサー改造計画 3:

« フルサイズ、パルサー改造計画 2 | トップページ | フルサイズ、パルサー改造計画 4 »