« 大丹波川国際虹ます釣り場 | トップページ | 利根川は満水近い水量です。 »

2008年8月16日 (土)

帰って来た2台のエンジンテスト

 003_2

DZ140のエンジンを載せてテストに来ました。修理に出したエンジンはベンチテストをしただけで帰ってきたもので、チョット不安でしたが案の定どうしても回りません。最高回転を出すとエンジンが焼けてしまい温度を測って見ると85度にもなっていて、回転音が甲高くスローが安定しません。

スローからキャブを開けると息付きを起こしてから回転が上がります。燃料が薄いと思いレギュレーターの圧力を上げると、今度はノッキングがひどくなり手が付けられません。

修理に出す前はレギュレーターが面位置だったものが、ベンチテストで帰ってきたときは1ミリ以上ネジが飛び出していました。そのままテストしたのですがまったく正常に回りません。

もう一度犬山に送ることにしました。今度はDZ160に積み替えました。

 004_2

こちらは修理代もかかっていてこれも回らなければ今日は飛行できません。恐る恐るテストしましたが160エンジンは順調に回ってくれました。スローも安定していて吹き上がりも良いようです。

止まらないことを確認して第1回目の飛行をしました。結果は上々で音も満足いくものでした。最高回転もマイルドな音でテストは成功です。このまま使っていけそうな気がしています。

 002

飛行場は昨日前の組が草刈をしてくれたので快適に飛行することが出来ました。本当に有難うございました。今の時期は草の伸びか早く1週間持たない感じがします。

検定会組みは朝から練習が出来て良かったのではないかと思います。今日は低気圧が海上にあって気流が悪く風もぐるぐる回っていて非常に飛ばしづらい1日となりました。午後からは天気予報どおり雷の音がしたのですぐに撤収しました。

|

« 大丹波川国際虹ます釣り場 | トップページ | 利根川は満水近い水量です。 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/23022307

この記事へのトラックバック一覧です: 帰って来た2台のエンジンテスト:

« 大丹波川国際虹ます釣り場 | トップページ | 利根川は満水近い水量です。 »