« ZIGEN63の製作-6 | トップページ | ZIGEN63の製作-8 »

2008年9月 4日 (木)

ZIGEN63の製作-7

 Zigen632_7

色々考えましたがカウルの製作は型を作ってグラスで外型を作り、それを基にカバーをグラスで作る、と言うことになるのが普通です。しかし木型を作るのはプロじゃないので難しいです。多分作れないでしょう。

 002                     009

そこで簡単に作れて充分実用に使えるということで発泡スチロールで型を作ることにしました。これならナイフで自由に削れますし、失敗してもすぐ作り直すことが出来ます。ただしここでの難所は発泡スチロールをこのまま使えないということです。

080

そこで発泡スチロールに専用のポリエステルを塗って磨いてみようと思い、早速専用の樹脂を購入しました。到着した樹脂は説明書が無いため使い方が分かりません。やむを得ず電話で聞いてみました。返事は樹脂液に対して硬化剤を2%、促進剤を1.5%,両方入れないと乾かないそうです。どんな事になりますか。

|

« ZIGEN63の製作-6 | トップページ | ZIGEN63の製作-8 »

ZIGEN63の製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/23490108

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN63の製作-7:

« ZIGEN63の製作-6 | トップページ | ZIGEN63の製作-8 »