« リード メインギヤー修理。 | トップページ | 年に1度のボーリング »

2008年12月11日 (木)

リード メインギヤー修理 完

 I_92_2

今日はメインギヤー取り付け用の下駄をリブの間にエポキシ接着剤で貼り付けた後、壊れたプランクを元通りに戻します。

この修理は皆さんもよくやっているので説明は不要ですね。チョット手を入れる所といえばバルサ同士が繋がる部分は、そのまま瞬間で張るだけでは頼りないので、ここには2ミリバルサを幅5ミリの横切りにして、繋がる部分だけを補強します。

接着のやり方は先ず固定部分に突き出し用の受けを作ってやるわけです。5ミリ幅ですから2.5ミリ先に貼っておきその上に壊れたほうのバルサを貼り付け上から押しても外れないようにしてやればいいわけです。

 I_11_2I_12_2

接着後はサンディングで平らにしたあとサフェーサーを塗り乾いたらパテウメをして砥いだあとレジンを塗っておきます。

 I_13_2

平らに砥いだ後は白を塗りますが、ここからは塗装のへたくそな説明は省略です。何回やっても塗装はへたくそでどうにもなりません。

 001_2

さて、赤の塗装ですが相も変わらず色が合いません。依頼者は私の技量を知っているので「色はなんでもOK」と言ってくれていますが修理後は又話のネタになりそうです。

なんでも3~5色使えばどんな色でも作れるよ。なんて簡単に言う人がいますが私にはそんな技術がありません。色々混ぜているうちにだんだん塗装の範囲が広がってご覧のようになってしまいました。 shock crying 

 005_2 006_2

一刻も早く終わりにしたいのでクリヤーを塗って砥いで見ましたらやっぱり色が明らかに濃いですね。ごめんなさ~~い。

色合わせをした時はなんとなく合っていたように見えたのですが塗ってみるとやっぱし違っていました。

 008 009

このようにして修理はお終いとなりますが、いやお恥ずかしい、「なんだか色が違うよ」って声が聞こえてきそうです。ごめんよかんべんな。

|

« リード メインギヤー修理。 | トップページ | 年に1度のボーリング »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/26104523

この記事へのトラックバック一覧です: リード メインギヤー修理 完:

« リード メインギヤー修理。 | トップページ | 年に1度のボーリング »