« ZIGEN/ACE 今日から練習開始 | トップページ | リード メインギヤー修理 完 »

2008年12月10日 (水)

リード メインギヤー修理。

4_9  I_4

固定脚全盛時代、今又引込み脚が見直されていますね。何故って飛行機はなんと言っても脚が無いほうが水平飛行が安定して、規定演技をやるには絶対有利です。

しかもチョット荒っぽい着陸をしたり、エンストで不時着しても機体の破損が軽くて済むという利点まであります。でもご覧の通り絶対壊れないわけではなく極度に脚に加重がかかると桁がむしりとられてこのように破損することがあります。

 I_5

これはチョット派手に壊れましたね。桁がむしりとられただけでなく引込み脚の取付金具まで破損しています。このように壊れたときは瞬間で貼り付けて直してもすぐ又外れてしまいます。

新しい機体ならばプロが修理しないと元通りになりませんが、この場合使い込んだ機体で脚だけプロが修理しても機体の使用頻度も高いためあちこち傷がありバランスが取れないため素人の私に修理を依頼されました。

 I_6_2

きちんと修理しないと又壊れる可能性があるので、ここは引込み脚の橋下駄を完全に接着する為に傷口を少し大きく開けて手が入るようにしましょう。

主翼のプランク材はかなり大きく縦に裂けておりますが、幸い脚を支えているリブのベニヤはむしりとられただけで他に異常はありません。

 I_72_2 I_8

破損した回りのささくれを綺麗にとって脚を仮止めしてみると元の位置に納まりそうです。この状態でエポキシ接着剤を使ってしっかり接着すれば持ちますね。

そうと決れば周りを少し整理して接着しやすいように広げます。30分硬化のエポキシで接着することにしましょう。

|

« ZIGEN/ACE 今日から練習開始 | トップページ | リード メインギヤー修理 完 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/26083395

この記事へのトラックバック一覧です: リード メインギヤー修理。:

« ZIGEN/ACE 今日から練習開始 | トップページ | リード メインギヤー修理 完 »