« 2009年 新年初飛行会 | トップページ | YS エンジン 主任技術者 »

2009年1月13日 (火)

2009年 新年初飛行会 その2

 096

○川さんの15飛燕がスタートします。この可愛らしい飛燕がどんな飛行をするのか、皆さんの期待の中で滑走開始。

今日の風はこの小さい飛行機にはチョット過酷のような気がします。

 095

案の定、離陸を急ぎすぎてスピードが付く前にエレベーターアップ、とたんにグルリと1回転して主翼が外れてしまいました。゜ありゃ~~~

すぐに回収して調べてみました。、どうやら主翼止めの胴板が外れたみたいです。「15分下さい、直ちに修理します」とのこと。

○川さんといえば昨年の猪苗代湖でも首が外れた機体を修理して飛行した実績があります。「えっそれ何の実績」???note

 097

修理が済むまで副会長のグライダーでも飛ばそう、と言うことでこちらの出番となりました。何回か紹介していますがこのグライダーはめっぽう風に強く。7~8メートルの風でも平気の平左で飛行します。

 098

手投げ後は一気に上空に駆け上がり後はサーマルに乗って優雅な飛行。風上に向かって動力を止めても前進します。

ただグライダーの着陸はとても難しいです。飛行機と違って着陸地点に向かってどのようにグライドさせるかが鍵ですね。スポイラーやブレーキを使って着陸地点に誘導します。

 099

さて、その間に飛燕の修理が終わって離陸しました。今度は慎重に充分加速させて綺麗に離陸しました。小さくても飛燕です。飛行中の姿はなかなかカッコいいですね。

 100

グライダーとのランデブー飛行中。風があるので飛燕はヒラヒラ結構難しそう。それでもたくみに操縦しています。

 106 108 109

なかなかスケール感があっていいでしょう。何回かローパスをしてくれました。私のゼロ戦も同時飛行しましたがカメラマンがいないので画像がありません。

 080 081 083 086 087

さて今度は○川さんがアストロ10にリボンテープを付けて離陸しました。つづいてO1さんのオーラムがリボンを付けて離陸しました。

風があるのでリボンが勝手に切れて飛んでしまいました。小さい飛行機にテープを1巻きつけて飛ばすと抵抗が強くてスピードが出ません。

暫く振りの3機同時飛行、我がクラブで3機の飛行機が一緒に飛ぶのは何年も見たことがありません。思えば昔はこんな飛行を良くやっていましたね。

 059 063

新年恒例のバザーの時間ですが今年は展示品が少なくて取り合いになっています。数が少ないので僅かの時間で終了となってしまいました。

 061 062064

 

フィルム張りの完成機やバッテリー付きのブースター、プロペラ、受信機やサーボ等、結構色々ありましたが瞬く間に終了。

私は輸入のキット、パトリオットを来年の初飛行までに完成させて初飛行をやるように渡されました。箱を開けてびっくり、部品の数がぎっしりしかも取り説は英文、国産キットのような組み立てスケッチ図がないのでこれまた大変。出来るかな。???? 

 

|

« 2009年 新年初飛行会 | トップページ | YS エンジン 主任技術者 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/27098994

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 新年初飛行会 その2:

« 2009年 新年初飛行会 | トップページ | YS エンジン 主任技術者 »