« 2009年 新年初飛行会 その2 | トップページ | 今日もエンジンのオーバーホールは大忙し »

2009年1月14日 (水)

YS エンジン 主任技術者

 066_2

なにやらテーブルを囲んで集まっています。一体何が始まるのでしょうか。私も急いで行って見ました。

 105_3 104_2

  

そばへ行って見るとテーブルの上にはステンレスの四角い皿と、YSエンジンのガスケットやOリング、そして工具が整然と並べられています。

実はこれからYS140エンジンの分解掃除が始まるらしいです。技術者はTさん。私のDZ160エンジンは2ヶ月間に3回も犬山へ送りましたが、こんな身近に技術者が居るとはびっくりです。

 068

今回はKさんのDZ140エンジンの分解掃除とガスケットやOリングなどを取り替えるようです。2サイクルエンジンは構造的に簡単なので私にもベアリングの交換とか部品の交換は簡単でしたが、4サイクルになると色々難しくて私には出来ません。

 101 103

作業開始です。先ずアルコールで洗浄したあと分解を開始。見ているとその手際のいい事、やはり分解には順序があるようですね。

 112

あっという間にばらばらになってしまいました。クランクシャフトは別に工具がないと外れないようなので今日はその部分を除いてのメンテになります。

それにしてもエンジン内部は随分汚れているもんですね。ヘッドの裏側とかピストンの頭は綺麗にアルコールで洗えばピカピカになりました。

 113 114

洗浄が澄んだら後はパッキン類とOリングをすべて交換します。作業を見ていると手馴れたもので誠にスムーズです。DZ特有のベークライトのプレートも綺麗にすり合わせをしていました。

長い間使っていると熱により多少の歪みが出るようですね。

 115

完全に分解掃除を終わったエンジンはなんだか新しくなったような感じです。シャフトを手で回してみると物凄いコンプレッションでプロペラをつけないと回りません。

出来上がったエンジンを見てKさんは大喜び、早速取り付けて回してみたいと嬉しそうでした。こんな人がクラブにいるとありがたいですね。

|

« 2009年 新年初飛行会 その2 | トップページ | 今日もエンジンのオーバーホールは大忙し »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/27134418

この記事へのトラックバック一覧です: YS エンジン 主任技術者:

« 2009年 新年初飛行会 その2 | トップページ | 今日もエンジンのオーバーホールは大忙し »