« JR DSX12 2.4GH PROPO | トップページ | 大本山 成田山 新勝寺 »

2009年2月 8日 (日)

こちらは230さんのJR

 039

こちらは230さんのJR、オーレアで既にその性能は実証済みです。このメカはモジュール方式ですが勿論トラブルはありませんね。

フタバのメカとJRのメカは何時の時代も競争して来ましたね。どちらも一長一短があり使い慣れた人はなかなか変更するのは至難のようです。

私自身もJRのメカを何年も使った経験がありますが、今ではフタバに変更してもう20年以上になります。

 053

土曜日は風もあまり強くなく又人数も少なかったのでたっぷり飛ばすことが出来ました。出勤者は6人です。

いいチャンスなので私もたっぷり時間を使って再調整をしました。

 054 055 056 057

兼ねてより打角が大きめで有名な私の機体、今日は思い切って飛ばしやすい打角に調整し直すこととしました。

調整を引き受けてくれたのはこの機体にかかわりのあるみぃちゃん、温かいコーヒーを飲んだ後すべての打角を再調整して飛行します。

特にラダーの利きは凄いと言われていましたのでAFRで50パーセントに落としました。エレベーターも60から50パーセントに落としました。

  058                                059    

暫く飛行した後、「なんだかいい見たい・・・・」「かなり飛ばしやすくなったようだよ」と話してくれました。

この際そばによってスティックの使い方まで盗んじゃおうとばかり、操縦の手元を暫く見ていましたが、あることに気付きました。

それは画像でも分かるように右手の親指は第一間接付近から指の腹に掛けて持っています。

丁度ゲーム機の+キーを動かすような使い方ですね。左親指は指の腹から爪付近の辺り正に指先に近いところで微妙な動かし方をしていました。

人によって違う指の使い方ですが、みぃちゃんの親指は結構理に叶った使い方をしていることが初めて分かりましたよ。「みぃちゃん失礼」

 060 061

着陸は又一味違った降ろし方ですね。かなり高高度から機体を水平に目的地めがけてエレベーターが降下するように降ろします。

着陸した機体はほとんど地上を走りません。「う~~ん・・・こんな降ろし方をしたいナァ~~」常々思っていますがなかなか出来ません。

滑走路をオーバーするのではないかと思っているとある高さからス~~と降りてくるのです。このエレベーター打法を絶対覚えよう。

この後私が飛行しましたが確かに飛ばしやすい設定になりました。みぃちゃん有難う。

 

 

|

« JR DSX12 2.4GH PROPO | トップページ | 大本山 成田山 新勝寺 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/27889720

この記事へのトラックバック一覧です: こちらは230さんのJR:

« JR DSX12 2.4GH PROPO | トップページ | 大本山 成田山 新勝寺 »