« パトリオットの製作-4 | トップページ | パトリオットの製作-6 »

2009年5月 7日 (木)

パトリオットの製作-5

 12_24_2 12_27_5

胴体のうしろが終わりましたので今度は前側を製作します。先ずノーズギヤを取り付け稼動させて異常がないか確かめておきます。

その後、脚を囲ってしまいますので手が中に入らないため細かいリンケージも一緒に済ませてしまいます。特にノーズギヤの左右駆動リンケージは面倒ですから良く動く事を確認しておきます。

エンジンはプラ系のマウントに直付けした後、防火壁にビス止めします。この時エンコンのリンケージも一緒に済ませてしまいます。

ここまで済ませてしまえば後は下側を塞いでエンジン回りの整形まで一気にやってしまいましょう。

 12_23_3 12_28_3

ここまで済んだらノーズギヤ回りのバルサを整形して貼り付けますが、タイヤのサイズが50ミリしか付きませんのでそのタイヤに合わせて整形していきます。

さらにエンジン回りの整形も一緒にやります。ここにもバルサを貼り付けていきますがあらかじめリンケージがぶつからないように整形していきます。

 12_30_2

バルサの貼り付けが終わったら一度エンジンやノーズギヤを外します。外した後は自由に整形していきましょう。

ここいらは何時も通り好き勝手に整形しても構いません。全体を見ながら小刀でバリバリ削り取っていきます。

削り取った後はペーパーで整形すればOKです。

 13_41 13_42_2

さてその後の主翼ですが骨組みした後、引込み脚を取り付けて稼動させて見ます。どこにも当たらずうまくスムースに動けばプランクをします。

この主翼はオールプランクではなく窓開きなのでプランクは簡単です。あらかじめリブに水平矯正用のタブが付いていますがこれは全部切り取りましょう。

プランクは窓開きでも冶具を使ってで貼ったほうが早いし正確だからです。

 13_43_2 13_44

先ず片翼づつプランクしますが冶具に載せてセンターを出したら後は木工用のボンドを薄めて刷毛で塗りゴムバンドで締め付けて行きます。

この時あんまりゴムを強く締めないことが要領です。強く締めると端が食い込んで真ん中が浮いてしまいます。

 12_6 12_7

プランクが終わった後はこんな状態です。上面をプランクするのは引込みサーボを入れてスムースに動いてからにします。

 12_8

まだ繋いでいませんが真ん中部分のプランクは待ち針で止めます。このプランクが終わればこの後タイヤボックスを切り抜きます。

タイヤボックスを切った後は引込み脚がスムースに動くのを確認してから繋ぎます。繋いだ後はサーボを取り付けて実際に動かしてみます。

|

« パトリオットの製作-4 | トップページ | パトリオットの製作-6 »

パトリオットの製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/29487692

この記事へのトラックバック一覧です: パトリオットの製作-5:

« パトリオットの製作-4 | トップページ | パトリオットの製作-6 »