« 今日は11月中頃の陽気、寒いです。 | トップページ | デサフィオ水上機の修理-2 »

2009年10月26日 (月)

デサフィオ水上機の修理

 A5_50_2 A5_55_2

先日猪苗代湖にて突風に煽られて水面近くでナイフエッジになり、立て直す暇もなく大破したデサフィオです。改めて眺めてみると結構派手にいってます。

水上機はシーズンオフなので慌てて修理しなくてもいいのですが、預かってしまうと放置しておけない悪性、ボチボチ手掛けることとしました。

やはり陸上機の改造版は主翼のリブが違うので強度がないです。手で力一杯横に壊しても主翼の上面までは行かないと思いますが今回は突き抜けています。

 A5_49_2 A5_51_2 A5_52_2 A5_53_2 A5_56_2

よくよく眺めてみるとフローとの取り付け台は左右とも外れてしまい主翼とリブがむしり取られています。メインギヤーの取り付けマウントも3ミリベニヤがむしり取られていますね。

タイヤカップも破損して穴が開いています。この穴を修理するのも塞いでしまうのもあまり変わらないと思うのでこの際全部塞いでしまいましょう。

 A5_8_2 A5_7_2 A5_9_2 A5_58_2

フロートは左の後ろ支柱が1本折れただけで後は少し傷がありますが使用には支障がなさそうです。とりあえず支柱を1本取り替えて取付金具を新しく作ればこのまま使えそうです。

切り取り位置を確認してケガイておき鋸で切り取ってしまいます。切り取ったあとは支柱を外し新しいものと取り替えることにします。

金具は曲がっているものを元に戻したらポキンッと折れてしまいました。

 A5_14 A5_10 A5_11 A5_12 A5_13 A5_15

先ず支柱を取り外します。新しいホウ材(10×20×600)の材料から寸法を測って切り出します。フローとの底辺に当たる部分を5ミリ切り取り引っ掛けを作っておきます。

3ミリベニヤで支え蓋を作っておき支柱の位置を合わせます。この時自在角度定規を作っておきこれに合わせて角度を決めます。

3ミリベニヤの入る位置には10×20の四角い穴を開けておきエポキシで接着すればOKです。

 A5_47 A5_48

修理完成後はこんな感じになります。この時はまだ支柱の周りは削っていません。接着が完成してから取り付け位置を決めます。

ついでにアルミで取付金具を作っておきます。なんだか次のフロート取り付けもありそうなので余計に作っておきました。

 A5_1 A5_2 A5_3 A5_4 A5_5 A5_6

それでは金具の作り方を説明します。先ずアルミ板を寸法に切り出しておき、半分に折り曲げます。

次に角度をケガイて置き万力で咥えてドライバーで少しづつ開いてからハンマーで叩きながら90度に開きます。

これでOKですから実に簡単、あとは穴をあけるだけです。支柱の取り付け側は3ミリのタップを切っておきます。

主翼の取り付け側は3.5ミリの馬鹿穴を開けて置けば出来上がりです。

 A5_46

この金具のいいところは角度を好き勝手に変えることが出来ることです。大体主翼の前側は角度がきつく、後ろ側はほとんど水平に近くなります。

余った部分は鋸で切り落とします。鑢で仕上げればOK。あとは色々な色に塗ってもいいですね。

|

« 今日は11月中頃の陽気、寒いです。 | トップページ | デサフィオ水上機の修理-2 »

修理記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/31951880

この記事へのトラックバック一覧です: デサフィオ水上機の修理:

« 今日は11月中頃の陽気、寒いです。 | トップページ | デサフィオ水上機の修理-2 »