« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月27日 (日)

今年最後の日曜日は快晴

 B9 B9_1

今年最後の日曜日、風は少々ありましたがそんなに寒くないいい日曜日でした。今日は技師長にベアリングの交換をしていただいたイシちゃんがエンジンテストです。

一回目はやや濃い目なのでレギュレーターを5分戻し2回目は絶好調。エンジンはスローもバッチリで早速慣らし飛行開始。

 B9_9 B9_10

インフィニテイはいい離陸をしていましたよ。飛行はP‐11をいきなり練習せず先ず水平飛行から初級パターンをおさらい。

エンジンが好調な事を確認してからいよいよパターンを開始。高度を充分にとって安全を確認してからフィギュアMを練習。

昨日はえびちゃんもフィギュアMの練習で打ちミスをしたとか言っていました。上手な人でもこの舵の打ち方は結構難しいですから気をつけましょう。

 B9_6 B9_7

先週飛行場で組み立てを始めた京商のミニプレーン、今日は飛行できるのかなと思って期待していましたが、新品でラダーサーボが動かないとか言って飛行できませんでした。

この手の飛行機は取り扱いに神経を使ってしまい飛行はとても難しい。私も3チャンのセスナを持っていますがやはり取り扱いの方が飛行より難しいですね。

機体を手で持っているだけで風が吹くと主翼が見事に折れてしまいます。やはりインドア専用で外で飛行するには少々無理があるようです。

 B9_8

イシちゃんのモグラグライダー、2チャンネルですが寝そべっても操縦できるのんびり飛行です。サーマルがあればまったく降りてきません。

私もチョット借りましたが只飛んでいるだけなら一時間ぐらいは飛行可能でしよう。今日の日曜日は人数も適当で飛行は充分楽しめたようです。それでは又来年お逢いしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

忘年会のスナップ

 B6_7 B6_8 B6_9 B6_10 B6_11 B6_12 B6_13 B6_14 B6_15 B6_17

今月楽しい忘年会を過ごした時のスナップです。まだ飲み始めたところなのであんまり盛り上がっていませんが、この後のスナップはお見せできません。( ^ω^)おっおっおっ

だんだん声が大きくなり身振り手振りから果ては立ち上がって大声を上げる人まで、いやはや楽しかったです。

こんな飲み会ならもっと回数やってもいいくらいです。でも話の内容はやっぱり飛行機のことばかり、やっぱりクレージイの集まりでした。 (*^ω^*)ノ彡 notenotenote

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

2009年もいよいよ終りですね。

 B6_4 B6_5

飛行機の無い現在は新年に向けて新しく作成するだけです。しかし何といっても手が遅くなりましたからカバーやペリーパンの製作はそりゃもう大変です。

材料は何とか調達いたしました。あとはひたすら製作するだけですがさっぱり進みませんね。今年はもうこんなところで終りです。

新年から心を入れ替えて切り出しに入ります。キットじゃないので全部切り出さなくてはならず手間は大変です。

カバーとペリーパンは薄手と厚手の2P貼りで作りました。少々凹みやピンホールがありますがそこらは塗装で何とかします。それでは暫くネタがありませんので失礼します。

 002

みぃちゃんからコメントを頂きましたので早速ご返事をさせていただきます。みぃちゃんには何時も何時もとても参考になるヒントをいただき感謝感謝しています。

実は私も同じ考えでいました。その為ZIGEN.SMの水平尾翼を1センチ大きくしてあります。リブ8枚を伸ばしました。

P-11演技は確かに近めコンパクトの飛行が必要な感じですよね。機体に要求されるのは自立安定、よけいな舵をなるべく打たないような飛行機を目指します。

又色々アドバイスしてください。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

底冷えのする土曜日でした

 004_2 011_2 005

今日の土曜日は寒かったです。朝のうちは北風がぴゅうぴゅう、喜んでいるのはセキレイぐらいで私は縮み上がっていました。

こんな寒い日は誰もいない筈だと思っていましたが、シュワちゃんが一人寂しく飛行していました。

新しいメカテストは先日終わったはずなのに、と思いつつ聞いてみると新しいメカは別の機体に積み込む予定とのこと。どうやらエフォートをチョット手直ししてP-11に挑戦するみたいです。

    010 009008

                                            

今日はスーパーVR、110を飛ばしては裏返しに覗いていました。聞いてみると主翼か尾翼かエンジンの取り付けのどこかが狂っていてなかなか真っ直ぐに飛ばないと思案顔。

既に主翼の仰角は何回も手直しをして現在は元の位置に戻しているそうで、一緒に眺めてみると水平尾翼がマイナス角度にセットされているように見えました。

その為かトリムダウンで飛行しているので背面飛行がやりにくそうです。又ロールレートが直線上に決らずエレベーターを常に当てているようです

「なんだか難しい飛行機にしてしまいました、いじらない方が良かったみたいです」と言っていました。スピードが付くと機首がどんどん頭上げをします。

スロー飛行は機首下げを起こします。どんな飛行機でもそうですがチョットひどいようですね。さて、どうしましょう、「このままで当分飛行します」との結論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

飛行場は超満員

 035034

今日の飛行場は超満員でした。昨日の忘年会の集合者がほとんど集まっています。車を数えたら16台ありました。最後尾の後ろに更に3台あります。

この寒空によくも皆さんご熱心なことで、しかもPー09演技は終了したというのに何故??

実は今日からPー11がスタートしたのです。皆さんどこで練習したのか新しい演技でもナンと言う事は無く淡々と練習をしているではありませんか。

さすがにMD保持者は演技が代わっても影響が無いのかもしれませんね。私は当分見学ですから目で覚えるしかありません。

  026_2 027_2 030 028

そんな中で懐かしい機体を発見、フラッシュとウルサマジョール、演技が変わってお遊びの時間も必要なのでしょう。

2機とも引込み脚です。ウルサマジョールは単サーボで3輪を引込めてあります。このあたりの工作は昔を思い出しますね。

この細い胴体にサーボを3個と受信機、電池、タンクとすべて入れると25エンジン機では一杯ですね。

 036 038

飛行はやっぱり昔通りでした。カッ飛んで行きます。エンジンは25ですがスピードは40クラス並み、エンジンは静かな感じでしたが、どうやらパイプが合っていないみたいでした。

 019 029

師匠のアルテシア、フルサイズは只今ペリーパンの合わせで入院中とか、その間このアルテシアで飛行中とのことですが、この機体が素晴しい性能との話です。

とにかく絶賛でしたね。どこもいじるところが無くてつまらないくらい良く飛ぶそうです。お手ごろ価格でF3Aを楽しめる機体では最適ですとの事でした。

 023 031 032039 

Oさんがなにやら組み立てを始めました。京商のスホーイのようですね。これでも立派な4チャンネル、トルクロールが可能との話で購入してきました。

今日は格別飛行場が混んでいるので時間つぶしにはうってつけですね。あっという間に形になってしまいましたがメカ付近は込み入った工作で飛行場では無理のようです。

来週あたりには飛行するでしょうね。楽しみに待っていましょう。

022 021

一人が飛行していますが皆さんそれぞれ自分の仕事をしているか話し込んでいるか、何時もの風景です。

そんな中でシュワちゃんもいよいよ14MZに切り替えのようです。決めるまでは結構考えたようですが、やはり終局はフタバでした。

今日はメカテストで110クラスの機体に積んできました。飛行テストを終わった後は「いや~~ やっぱりいいですね~~ 使いやすいです」とニコニコ顔でした。

 024 025

これは1035さんのフリーダム、何時見ても綺麗ですね。オヤッ固定脚が変わっています、蛙飛びから始まった固定脚の変更、何回もテストを繰り返しているようです。

今回の脚は結構個性派らしいスタイルとなっています。聞いてみましたがこれですべて解消したわけではないようです。

この機体を飛ばしている人が結構増えてきましたが、皆さんそれぞれ工夫を凝らしているようですね。飛行はP-11を見せてくれましたがさすがですね。

 048_2 049 050 051 053 045

帰りにお隣の境フライングさんの飛行場へ寄ってみました。こちらでは僅かに3人と寂しそうな人数でした。

こちらでもやはりキーさんがPー11演技を練習中でした。エルロンの差動があるようでゲージで図って何回も飛行していました。さすがです。

このゲージは長谷川さんの友人が作成したもので簡単で正確なゲージです。私も欲しいな~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

第366回JRA検定競技会(熊谷)-3

  B5_65 B5_66 B5_67 B5_68

お隣の境フライング小島さんです。やはり今まで僅かの点数不足で最終の検定を迎えています。是非頑張って欲しいです。

 B5_69 B5_70

チームメイトが祈るような眼差しで見つめています。しかし採点と言うものは無情なものです。なかなか思ったように行きません。

P-09が終わってしまいました。

 B5_51

しかしこの後なんということでしょう。来年の挑戦を狙って機体をゲットしてきました。P-11専用に機体を考えたのでしょうか。

新しい年はこのように気分も機体も変えてスタートするのはいい事ですよね。出来る人は羨ましいですけど。私は来年の演技を想像するだけで身震いがでます。

機体を買えない私はこれから製作しなければなりませんが当分飛行場には行かれません。作るのはもう億劫でなかなかやる気がおきません。

 B5_72_2 B5_73 B5_74 B5_75

さて、えびちゃんの出番となりました。やはり僅かの点数不足で何回か涙をのんでいましたので今日こそは狙って欲しいです。

条件はほとんど無風状態です。えびちゃんは考えたあげく左からの離陸を選択しました。これが吉と出るか。

 B5_76 B5_77 B5_78 B5_79

演技はとてもいい出来でした。距離はぴったりです。近からず遠からず正に今年の締めくくりのような飛行でした。

演技を終わって着陸してきました。着陸も8点です。飛行が終わってジャッジの先生が声をかけてくれました。「いいかも・・・」

採点が気になって集計所に向かうえびちゃん、なにやら笑い声。「又点数不足?・・」

 B5_87 B5_86

「合格scissors・・」おめでとう、写真を撮っていると先に合格したきーさんが祝福に駆けつけてくれました。「おめでとう」「ありがとう」

かくしてこの二人は今年を締めてくれました。私は演技に見とれていて動画を撮るのをすっかり忘れていました。えびちゃんごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

第366回JRA検定競技会(熊谷)-2

B5_36 B5_37 B5_38 B5_39

佐藤さんでしょうか、スタートします。朝のうちは北風が吹いていました。風は弱く飛行にはあまり影響が無いような感じでしたね。

助手は福田さん。機体持ちはキーさん、豪華な顔ぶれですね。この時点ではまだ寒かったです。

 B5_43 B5_46 B5_47 B5_48

坂下さんがスタートです。とても練習熱心で此の頃では大分試合慣れしてきて指の震えは止まったようです。

今回もPD挑戦。今年中に何とか制覇したいと懸命に努力してきました。練習の飛びができればOKの筈です。

 B5_49 B5_50

続いて帰山さんの飛行です。このところ果敢に挑戦を続けていますが今年最後を飾って合格して欲しいと願っています。

ところがアクシデント発生、なんとエンストです。ガソリンエンジンは絶対エンストしないと思っていましたがこんな事もあるんですね。又来年頑張りましょう。

 B5_54 B5_55 B5_56 B5_57

いよいよキーさんの出番となりました。ここまでは助手をやったり機体持ちをやったり大忙しでした。ところが結果はご覧のように見事合格です。

しかも4回目の合格で予科練バッチも頂いたようです。凄いですね。ここで綺麗に締めてくれたのはさすがです。

その演技を動画でお見せします。

 http://www.youtube.com/watch?v=3lLTDeQgIZs&feature=related

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

第366回JRA検定競技会(熊谷)

 B5_92_2

第366回JRA競技検定会が熊谷ラジコン飛行場にて開催されました。泣いても笑っても今年最後の関東地区検定会です。

やはり50名近い選手がエントリーしていました。今日は風も穏やかで午後からは気温も上がり絶好の合格日和となりました。

しかし競技会は悲喜こもごもでしたね。ジャッジの先生方は「最近ジャッジが厳しくなったなんて噂を耳にしていますが、決してそんなことはありません、皆さん頑張って合格してください」と挨拶がありました。

B5_14 B5_16 B5_17 B5_18

さて、ピットを覗いてみるとやはりナルケ製の機体が多い中、チョット趣の違う機体もチラホラありますね。

 B5_15

これは長畑選手のクライマックス、宮坂製の一番新しい機体です。色使いもとても感じが良くてしかも機体はかなりボリュームがあります。

まだ降ろしたてのようで聞いてみると数回しか飛行していないそうです。宮坂製の機体は飛行性能は勿論その優れた機体構造は1000回以上の飛行にも充分耐える設計になっています。

何故かと言うと製作者が自ら飛行しているからにほかなりません。宣伝しているわけではありませんが耐用年数が長いことで実証されています。

 B5_12 B5_13

今年最後の検定会なのに皆さん余裕の表情ですね。朝のうちは結構冷えて寒かったです。飛行前は皆さんニコニコ顔ですが・・・・

 B5_19 B5_20 B5_21 B5_22 B5_23 B5_24 B5_25 B5_26

今回も初心者は極端に少なかったですね。僅か数名、初心者もラジコンクラブに所属していると思いますがその技量はクラブ員の皆さんが判断してあげるといいですね。

さもないと危険な飛行になった時とか、着陸で他のラジコン機に当たりそうになった時とかがあったら大変です。

それにしてもなかなか若い人がラジコンに入ってこないのは相変わらずです。

 B5_28 B5_29

「オヤッ」なんか見たことがある人がEDにエントリーしています。そうです結婚を機に4年間ラジコンから離れていた琵琶法師??

復帰してきました。クラブもまた賑やかになることでしょう。「何でED挑戦なの?」顔見知りは皆さん口をそろえて冷やかしています。

送信機ケースにはSバッチからMDバッチまで数十個貼り付けてあります。「いや~~来年の事を考えてね。」と涼しい顔。

結果は見事というか当然というか合格。相当なプレッシャーがあったにもかかわらず合格したのはやっぱり見事です。来年の検定会は又楽しくなることでしょう。

 B5_30 B5_31_2 B5_32 B5_33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

タムさんの演技

影像が小さくて見づらいと思います。チップの容量不足で最後まで取れませんでした。タムさんごめんね。

えびちゃんの演技

    B4_80B4_81 B4_82 http://www.youtube.com/watch?v=gN9KpY52Tds

2点不足で合格を逃がした技師長。こんなこともあるんですね。着陸が6.5点以上を取っていれば合格です。

こんなスコアはめったに出ません。このところこのように数点足らずで合格を逃がしています。でも確実に技量アップしていてこの状態では年内合格は間違いないと思います。

 B4_72 B4_74

さて、話は変わって金井製作所から帰ってきたフリーダム、素晴しい修理技術に仰天。まったく新品で帰ってきました。

信じられないような技術です、修理前の写真を見ればその凄い技術に皆さんも仰天すると思います。このような修理が可能ならもうお炊き上げはやめましょう。

 1 2

こんな姿だったのです。気の短い人は燃やしてしまうでしょう。正に凄い技術で声も出ません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JRA臨時曲技検定会(野口屋)-2

B4_45 B4_46 B4_47 B4_49

川間模型の山崎さんが複葉機(アドベンチャー)でスタートします。助手は鈴木悠平君、悠平君も今日は複葉機アリエスでSMDに挑戦します。

複葉機はやっぱり独特な性格を持っていますので飛行はかなり年期がいりますね。しかし観客の受けはいいですね。

 B4_50 B4_52

次から次へと競技はどんどん進んでいきますので写真をとる時間が忙しいです。チョット油断していると演技が終わってしまいます。

副会長の演技もカメラを向けたときは終わっていました。

 B4_59 B4_60 B4_61 B4_62

気が付くとお隣のクラブISFCのきーさんがスタートに入っていました。何時も安定した飛行をする人ですが今日もいい演技を見せてくれるでしょう。

助手は実力者大工さんです。この時は南風で離陸していました。風がほとんど無くてどちらからも離陸でき、かえって選手を悩ませていましたね。

 B4_69_2 B4_70 B4_71 B4_76 B4_77 B4_78_2

次々と選手がスタートしていきますがなかなか合格者が出ませんね~。こんなにいいコンディションなのに何故でしょう。

ではタムさんの飛行を動画でお見せします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »