« タムさんの演技 | トップページ | 第366回JRA検定競技会(熊谷)-2 »

2009年12月 6日 (日)

第366回JRA検定競技会(熊谷)

 B5_92_2

第366回JRA競技検定会が熊谷ラジコン飛行場にて開催されました。泣いても笑っても今年最後の関東地区検定会です。

やはり50名近い選手がエントリーしていました。今日は風も穏やかで午後からは気温も上がり絶好の合格日和となりました。

しかし競技会は悲喜こもごもでしたね。ジャッジの先生方は「最近ジャッジが厳しくなったなんて噂を耳にしていますが、決してそんなことはありません、皆さん頑張って合格してください」と挨拶がありました。

B5_14 B5_16 B5_17 B5_18

さて、ピットを覗いてみるとやはりナルケ製の機体が多い中、チョット趣の違う機体もチラホラありますね。

 B5_15

これは長畑選手のクライマックス、宮坂製の一番新しい機体です。色使いもとても感じが良くてしかも機体はかなりボリュームがあります。

まだ降ろしたてのようで聞いてみると数回しか飛行していないそうです。宮坂製の機体は飛行性能は勿論その優れた機体構造は1000回以上の飛行にも充分耐える設計になっています。

何故かと言うと製作者が自ら飛行しているからにほかなりません。宣伝しているわけではありませんが耐用年数が長いことで実証されています。

 B5_12 B5_13

今年最後の検定会なのに皆さん余裕の表情ですね。朝のうちは結構冷えて寒かったです。飛行前は皆さんニコニコ顔ですが・・・・

 B5_19 B5_20 B5_21 B5_22 B5_23 B5_24 B5_25 B5_26

今回も初心者は極端に少なかったですね。僅か数名、初心者もラジコンクラブに所属していると思いますがその技量はクラブ員の皆さんが判断してあげるといいですね。

さもないと危険な飛行になった時とか、着陸で他のラジコン機に当たりそうになった時とかがあったら大変です。

それにしてもなかなか若い人がラジコンに入ってこないのは相変わらずです。

 B5_28 B5_29

「オヤッ」なんか見たことがある人がEDにエントリーしています。そうです結婚を機に4年間ラジコンから離れていた琵琶法師??

復帰してきました。クラブもまた賑やかになることでしょう。「何でED挑戦なの?」顔見知りは皆さん口をそろえて冷やかしています。

送信機ケースにはSバッチからMDバッチまで数十個貼り付けてあります。「いや~~来年の事を考えてね。」と涼しい顔。

結果は見事というか当然というか合格。相当なプレッシャーがあったにもかかわらず合格したのはやっぱり見事です。来年の検定会は又楽しくなることでしょう。

 B5_30 B5_31_2 B5_32 B5_33

|

« タムさんの演技 | トップページ | 第366回JRA検定競技会(熊谷)-2 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/32512030

この記事へのトラックバック一覧です: 第366回JRA検定競技会(熊谷):

« タムさんの演技 | トップページ | 第366回JRA検定競技会(熊谷)-2 »