« ZIGEN170の製作--4 | トップページ | 市民公園のロウバイ »

2010年2月 9日 (火)

ZIGEN170の製作--5

  C8_10_2 C8_11_2

胴体の下側のプランクが終わるとどうやら機体の格好が分かってきましたね。左の画像は2ミリの同枠が海老の鰭みたいに付いていますがこれはまだ差し込んであるだけです。

ここから外してプランク材の所定の位置に貼り付けてから胴体に貼ります。こうして貼り付けたあとは上下で力を入れてねじってもびくともしませんよ。

これでスナップロールをしても大丈夫と言うことが分かります。部分部分はそんなに強くありませんが全体では結構力を保っています。

ここまで進んだら水平尾翼と垂直尾翼の稼動部分を取り付けることにします。ここはリブ組みをしてヒンジを入れればOKですから仕事はそんなに難しくありません。

C8_13 C8_12 

それと今度はペリーパンノ取り付けが結構時間が掛かりますね。ペリーパンは主翼が出来ないと取り付けられないのでもう少し後になります。

 C9_6_2 C9_7_3

胴体の裏はこんな感じです。凄い空っぽでしょ、固定脚の取り付けもこのあとやりますがここはがらんとしているので仕事はやりやすいですね。

 C8_15 C9

エレベーターは2ミリバルサを4枚用意して後ろ側には10ミリバルサを貼り付けます。そして50ミリ間隔でリブをいれ縁には2ミリバルサの細いものをいれ瞬間で貼り付けます。

エレベーターのホーンが入る箇所にはバルサブロックを入れておきます。そしてプランクしたあと10ミリのホウ材を入れて3ミリの穴を開けておきます。

 C9_2 C9_20

ヒンジは4枚で充分使用に耐えます。このヒンジはタワーホビーから輸入したもので小さく(幅20ミリ)でもガタがなくとても丈夫です。

私の飛行機にはすべてこのヒンジを使っていますがまだトラブルは起きておりません。これでエレベーターの後の厚みは6ミリとなりますね。今までは4ミリでしたが2ミリプラスしました。

|

« ZIGEN170の製作--4 | トップページ | 市民公園のロウバイ »

製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/33312260

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN170の製作--5:

« ZIGEN170の製作--4 | トップページ | 市民公園のロウバイ »