« 第27期定時総会 | トップページ | ZIGEN 170の製作--11 »

2010年3月 2日 (火)

ZIGEN 170の製作--10

D8 D8_1

やっと骨組みが終わってプランクが出来る状態になりました。主翼の組み立てはキチットしたゲージや冶具があるわけではないので左右均等に組み立てを完成させるにはかなり時間が掛かります。

ここまでの作業は何時も空中組み立てなのでリブの凸凹やスパーのそりなどが色々影響して真っ直ぐな主翼を作るのは大変です。

 D8_2 D8_3

プランク用の2ミリバルサを6枚繋ぎますが直線を出すにはカンナで削ったりペーパーをかけたり色々試していますが隙間なく綺麗に密着させるにはかなり難しいです。

現在はご覧のようにアルミアングルの裏側に120番のペーパーを細く切って貼り付け、そのアングルを動かして削っています。

バルサは軽いものほど反りが大きく硬いものはほとんど直線です。その反りが大きいバルサをよって反りを切り取ったあとこのアルミアングルで直線を出しています。

繋ぐ接着剤は瞬間の低粘度を使っています。繋いだあとはバルサは厚みが不揃いですからもう一度ペーパーをかけて仕上げてからプランクします。

 D8_4 D8_5

その間に胴体のペーパー仕上げをしてしまいましょう。仕上げと言っても段差のあるところや繋いだところを綺麗にするだけです。

をかけると胴体もすっきりして次の仕事にかかれるようになります。今回のバルサは全体的に硬いバルサが多いので重量は多分重くなると思います。

|

« 第27期定時総会 | トップページ | ZIGEN 170の製作--11 »

製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/33598633

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN 170の製作--10:

« 第27期定時総会 | トップページ | ZIGEN 170の製作--11 »