« いい日曜日でしたね。その2 | トップページ | 風も収まって飛行日和になりました。 »

2010年3月19日 (金)

ZIGEN 170の製作--15

  E3_13 E3_16

いよいよレールを貼り付けることになります。ここは主翼を取り付けた状態で3×3のヒノキ材を貼っていくわけですが、前側は結構Rがきついのでヒノキをあぶって曲げるか、お湯で濡らして曲げるかしないと折れてしまいます。

私はRの強い部分は鋸目を入れて曲げることにしています。チョットみっともないですが仕事は速いです。瞬間で貼るので作業が速く出来ます。

E5 E5_1

ここは面倒でも片側貼り付けたら一度ペリーパンが入るか合わせてみます。軽く入ればOKで今度は反対側を貼り付けます。

何故こんな面倒な事をするかと言えば両側を一度に貼ってしまうと入らなくなることが多いのと、どこが当たっているのか原因を探すのがめちゃくちゃ難しいからです。

片側づつ貼るとすぐにどこが当たっているのか分かります。軽く入るように調整してから反対側を貼ると入らないときは原因が貼り付けた側だとすぐに分かります。

こうしてあわせると写真のように何とかスムースに入るようになります。合わせ目は前にも書いたようにプロのようにはぴったり行きませんが何とか標準で出来上がりです。

このあと主翼の繋がり部分を鋸で切って主翼を外します。

 E4 E4_1

外した主翼に8ミリドリルでゆっくり回転で穴をサラってジュラコンのダウエルを取り付けます。これも瞬間の中粘度でOKです。飛び出し部分は15ミリです。

主翼の上下にはこれからグラスを貼りますが結構匂いがきついので最後の工程にしています。

 E5_2 E5_13

ペリーパンは今回からレールをフルレールにしてみました。3ミリのヒノキに綺麗に入るようにするには受け側は同じ3ミリではきつすぎて入りません。

そこで受け側は3.5ミリにしてみました。外側は1.5ミリのベニヤです。片側づつ慎重に貼り付けた結果、上々の出来栄えになりました。この状態ではめ込むと、はめただけで動きません。(案外上手く行った)

今までは4センチ刻みの下敷きを貼っていましたがチョット見栄えが悪くて何とかしたいと思っていましたので良かったです。

 E5_4 E5_3

さてここから一気に終わらせたいところです。いよいよ固定脚の取り付けです。ここは丈夫にすると重くなって壊れた時のダメージも大きいのでチョット変わった方法で取り付けましょう。

先ず5ミリのベニヤ(主脚台)を4センチ幅で作ります。これを側板にただ貼るだけでは弱いので3ミリベニヤでハズレ止めをつけます。

この2枚で受けるだけで結構違います、フロートの取り付けもこの方法でやっていますがここがもげるには相当のクラッシュじゃないといきませんね。

 E5_6_2 E5_5

先ず順序は主脚止めを先にエポキシで貼り付けます、それが乾いたらその上に3ミリベニヤを貼り付けます。

これで主脚の取り付けは完了ですね。画像はまだ貼り付けていませんが貼ったあとはこんな具合になります。これでペリーパンのパッチンドメをつければもうすぐ終りです。

 E5_9 E5_8

2機同時作業もいよいよ大詰めとなりました。ここからはたいした仕事は残っておりませんので又出来上がり次第ご報告します。申し遅れましたがこの機体で32,33機目の製作になります。まあ良く作ったもんだ、又良く壊したもんだ。 

|

« いい日曜日でしたね。その2 | トップページ | 風も収まって飛行日和になりました。 »

製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/33838868

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN 170の製作--15:

« いい日曜日でしたね。その2 | トップページ | 風も収まって飛行日和になりました。 »