« フロートの製作取り付け--3 | トップページ | NODA AEROBATIC SHOOTOUT Vo2 »

2010年4月 1日 (木)

フロートの製作取り付け--4

E12_1 E12_2

グラスが乾いたので荒削りをします。これだけがっちり貼れば強度的には問題ないと思いますが少々重量増加は止むを得ません。

バランスを計って錘で調整します。グラスはなるべく丁寧に削り取ります。ほんの少し段差が出来ますがここはパテで整形します。

 E12_3 E12_5

裏側も結構丈夫にになりましたが重量増加が気になりますね。フロートを取り付けるだけかと思っていたのですがこのように主翼が壊れていたのは番外地。

フロートを取り付ける台もベニヤの5ミリですから重くなるものばかりです。ついでにタイヤカップも埋めてしまわなくてはなりませんね。

ふつう陸上機を水上機に改造する時、ほとんど胴体の下に枕をかってピアノ線で連結すれば機体はいじらなくて済みますから簡単です。

ここまで改造する人はほとんどいないでしょう。しかし手間をかけて改造すれば飛行は良くなるはずです。

 E12_7 E12_8

タイヤカップを埋めたあとはこんな感じになります。2ミリバルサで塞いだだけです。このメインギャの取り付け位置にフロートの支柱を立てますがこの位置だとチョット股開きになってしまいます。

そこでなるべくフロート幅を目一杯狭く取りたいのでぎりぎりのところに取り付ける予定です。

|

« フロートの製作取り付け--3 | トップページ | NODA AEROBATIC SHOOTOUT Vo2 »

機体改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/34033055

この記事へのトラックバック一覧です: フロートの製作取り付け--4:

« フロートの製作取り付け--3 | トップページ | NODA AEROBATIC SHOOTOUT Vo2 »