« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 --5 | トップページ | オールジャパン予選 2日目(熊谷) »

2010年5月29日 (土)

オールジャパン予選初日(熊谷)

 F19_5 F19_1

オールジャパン地区予選初日の模様です。お決まりの開会式が始まりました。今回は79名ぐらいのエントリーです。

本日は51名が腕を競います。そのうち予選を通過できる人は32名。残りの28名は明日の日曜日に戦います。

当クラブからは3名がエントリーしています。果たして無事に予選を突破できるでしょうか。朝のうちの小雨は上がって曇り空の試合日和となっています。

 F19_7 F19_18 F19_9

 F19_10 F19_11 F19_12

目慣らし飛行を指名されたのは地元の福田選手、機体はナルケホビーの新鋭機、アシューラそれは素晴しい機体です。

胴体はそれなりに貫禄のあるデティール、ラダーはご覧の通りの端末が反り返っている幅広です。これはどのような効果をもたらすのかは分かりませんが個性がありますね。

チョット見た瞬間、場内にたった1機のZIGENと誠にスタイルが似ていました。主翼と尾翼の位置がかなり離れていて胴体が凄く長く見えます。思わず並べてみました。

まあ似て非なるものというのでしょうが、機体の形状もだんだん変化していきますからどれがどうなのかは私が知る由もなし。ただ単に似ているというだけ。

 F19_13 F19_14

指名された福田選手余裕でスタートします。どんな飛行を見せてくれるのか私も楽しみに見ていました。

エンジンもまたいい音で静かでしたね。機体はなんかボリューム感よりは軽そうに見えました。

 F19_15 F19_16

皆さん固唾を呑んで見守る中、福田選手は余裕で演技をこなしていました。それは素晴しいの一言でした。

演技の正確性はやはり素晴しいですね。まるで絵に描いたように飛行します。まあ風が全然なかったとはいえ、鳥肌の立つような飛行でした。

演技が終わった後「目慣らし飛行でなく、ホンちゃんです」と言われていましたが笑って済ましていましたね。さすがです。終わってみれば本日のNO1でした。

F19_21 F19_22

みぃちゃんは余裕の順番待ちです。こちらは鈴木悠平くんのテント、おじいちゃんがVサイン。何時もの複葉機で同じく順番待ちです。

 F19_44 F19_45

サンダル師匠の出番が来ました。今日は異常に寒いです。みなさん冬用のジャンバーを着こんで参戦しています。

 F19_46 F19_47

 F19_49 F19_50

今日は思ったほど点数は伸びず予選通過には今一だったようです。明日もう1戦ありますので明日に期待しましょう。

 F19_53 F19_51

悠平くんの順番が回ってきました。今伸び盛りの選手、緊張なんてまるで無縁のようです。何時も通りエンジン始動。

 F19_55_2 F19_57

 F19_58 F19_59  

若いと言うことはいいですね~~、助手は福田選手、この二人は将来FAIの上位に位置することは間違いないでしょう。

今日も1位から3位までに入っていました。ジャッジの先生方も真剣な顔で見ています。福田選手が1005点、雄平君が974点、正に敵無しの状態。

 F19_74 F19_76

みいちゃんの出番です。ZIGENのスタート。小耳に挟んだのですがZIGENのキットが売り出されているとか、不思議です。まったく覚えがありません。

そんなことより今日はいい飛行をしてもらいたいです。頼りにしてまっせ。

 F19_78 F19_80

離陸しました。助手は木所さんです不思議に木所さんに助手をしていただくと点数が伸びるそうです。今日もそうなって下さい。

結果は900点を少し上回った点数でした。これで予選通過は出来るのか。 

|

« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 --5 | トップページ | オールジャパン予選 2日目(熊谷) »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/34941211

この記事へのトラックバック一覧です: オールジャパン予選初日(熊谷):

« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 --5 | トップページ | オールジャパン予選 2日目(熊谷) »