« 日本選手権出場予備機の調整フライト | トップページ | 第379回RC曲技検定競技会 野口屋飛行場 -2 »

2010年9月 5日 (日)

第379回RC曲技検定競技会 野口屋飛行場

 G1_24 G1_26

第379回RC曲技検定競技会が野口屋の飛行場で開催されました。連日の猛暑で参加者は少なく40名弱でした。

この暑さでは飛行機を飛ばす元気も出ないということでしょうか、無線航空会でも鉦や太鼓で募集していますが、Pー11は演技の難しさもあって参加者はあまり増えません。

いつも通りの開会式もご覧のようにこじんまりとした風情となりました。ご挨拶や飛行注意点の説明も質問も出ない状況。もう少し涼しくなれば又活況を呈してくるのでしょう。

 G1_1 G1_2 G1_3

我がクラブからのエントリーも僅か3人、いつもなら最低5人はいる筈なのにこの暑さでは無理もありませんね。しかも何時も見慣れた機体ばかり。

取材もあまり力が入りません。今元気があるのは菅直人現総理と元幹事長小沢一郎の首相選挙闘争でしょうか、民主党の代表選びはますますヒートアップしてきました。

 G1_5 G1_7

ジャッジ先生方の開催前のリラックスしたひと時の影像です。この暑い最中に何人ものジャッジをこなすのは案外重労働かも??。

8時になって受付が開始。今では送信機の保管がないので順番も楽ですね。今日も2.4GHだけでしたね。検定会は概ね2.4GHに移行したようです。

 G1_14 G1_15

エンジン調整中のタムさん、なんと帽子には3個のバッジ、本日4個目のバッジを狙っています。6個集めると金バッジがいただけるとか。まだまだ先は長い。

 G1_77 G1_78

 G1_79 G1_80

本日の変わったところと言えば渡野辺マントさんのエキストラ300、ボリューム感もたっぷりあって主翼面積も大きいスケール機。

その翼端には鱶ひれのような大きい触れ止めが付いています。マントさんといえば大型のガソリン機を使ってアクロバットの飛行で有名です。

この機体はフイルム貼りの軽量機にYS170を積んだアクロとスタントの両方をこなす機体です。聞くところによるとRCデポで6万弱で発売しているとか。

今日はどんな飛行を見せてくれるのでしょうか。とても楽しみです。

 G1_82 G1_84 G1_85

 G1_86 G1_88 G1_91

メカはJRの最新版、昨日も暑い中、結構練習飛行を繰り返していたとか。私もマントさんのアクロは何回も拝見していますがPー11の演技を見るのは初めてです。

「スタート」の掛け声と共に離陸して行きました。「おやっ」離陸角度といい、旋回の滑らかさといいスタント機を凌ぐ素晴しい飛行です。

その演技飛行を見て再度ビックリ。スタント機に勝る素晴しい飛行をしています。終わってみればMD合格ラインをはるかに超えた点数を出していました。

外国ではこのような機体を使って規定演技をする人は多いようですが、日本ではむしろ珍しいかもしれません。この飛行には私も思わず拍手をしていました。

 G1_27 G1_36

目吹フライングの岡崎さん、エンジンスタート時点から大汗をかいていました。なんと言っても今日は湿度が異常に高い。

おまけに風がほとんど無くてまるでサウナ状態です。そんな中でエンジンの回転に耳を澄ます。少し振動が気になる様子。

今日は申し込みが少ないのでダブルエントリーをしていたようです。その1回目。先ずは指慣らし飛行といったところでしょうか。

 G1_69 G1_71 G1_72

 G1_73 G1_74 G1_90

案の定一回目の飛行で何かを得たようですね。ここからは2回目の飛行準備、心なしか精神的に余裕があるように見えますね。

綺麗に離陸。助手は何時ものように二人三脚で飛行しているお父さん。飛行はぴったり座って揺れません。まさにMDの飛行そのものです。

飛行が終わった後も納得するような気持ちが現れていましたね。そしてご覧のように手には合格証書とバッジを持っています。おめでとうございました。

自分のブログにもかいていましたけれど「僕は2度飛行がいいみたい」なんて。決してそんなことはありません。何時も2回目の飛行をする気持ちからスタートしましょう。

 G1_37 G1_38 G1_39

 G1_40 G1_41

さて、順序が逆になりましたが我がクラブの電動機NO1の001さん、いよいよスタートです。このアディクションは既に2年飛行していますが何回位飛んだのかは分かりませんが最近特に機体の調整が落ち着いて日増しにいい飛行をしています。

電動機はスタートのコールが掛かってから電源を入れることになっています。差し込んでしまえば後はスタート位置に運ぶだけです。

飛行は何時も見慣れていますが、なんと今日は何時もの練習飛行よりはいい飛行でした。着陸してくるとジャッジの先生から「ちょっと・・・」と声をかけられています。

これは今までに無いことです。この内容は「ここを直せば受かるよ」と言うサインのようでした。001さん帽子を取って丁寧にご挨拶。「どうも有り難うございました」と言うわけで合格は次の機会となりました。

|

« 日本選手権出場予備機の調整フライト | トップページ | 第379回RC曲技検定競技会 野口屋飛行場 -2 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

おかPさんこちらこそ色々有難うございました。今日はいいものを見せてもらいました。また話の種が一つ増えましたよ。これからもよろしくね。

投稿: おやじ | 2010年9月 5日 (日) 20時50分

こんばんは。

本日はお世話になりました、目吹の岡崎です。
早速、リンク貼らせていただきました。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: おかP | 2010年9月 5日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/36556210

この記事へのトラックバック一覧です: 第379回RC曲技検定競技会 野口屋飛行場:

« 日本選手権出場予備機の調整フライト | トップページ | 第379回RC曲技検定競技会 野口屋飛行場 -2 »