« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 | トップページ | superZIGEN強風の中初飛行 »

2010年10月28日 (木)

猪苗代湖水上機遠征飛行二日目

 I10_29 I10_28

朝6時に目が覚めてホテルの玄関で大あくびをしながら空を眺めると・・ん・・・・・なんだ、ラジコングライダーらしきものが舞っているではないか。

思わず坂道を上がっていくとこれから冬に向かって開催されるスキー場のスロープで我がグループがモーターグライダーを飛行させていました。

スロープには強いサーマルがあって上がったグライダーはまったく降りてきません。少し高度が下がってもスロープに近づけると瞬く間に上昇。

 I10_27 I10_26 I10_33_2

朝方は結構気温が低くジャンバーがないと寒いですね。20分ぐらいでしたがジャンバーを着なかった私は寒くてすぐ帰って来ました。

みんなも朝食タイムに近くなったのでかえって来ました。小さい軽いグライダーは持って歩くのも邪魔にならず車の片隅に積んできたようです。手回しのよいことで。

 I10_35 I10_36

二日目の朝はバイキングの朝食です。食べるものは豊富で和、洋、中華はありませんがそれ以外は何でも揃っています。

私は何時も朝はパンなので洋食でセットしました。コーヒーとミルクも忘れずにカップ1杯づつとスクランブルエッグとサラダベーコン、そしてクロワッサン2個が朝食でした。

 I10_34

これがホテル「イナワシロ」です。これからスキーシーズン到来で毎日混雑するはずです。今年で2回目お世話になりましたがなかなかいいホテルでした。

猪苗代湖から磐梯山に向かって上がってくる道にあります。スキー客はシーズンになればすぐ目の前がリフトでホテルからスキーを履いて出られそうです。

 I10_51 I10_53

さて、二日目の1番鳥はイシちゃん、昨日ホテルでたっぷり充電済みで今日も湖はベタ凪とあって10回ぐらい飛行できそうです。

エンジンは相変わらず絶好調。猪苗代湖はいきなり波が立って飛行できなくなることもあるので、今のうちに大いに飛ばそうという心境かも。

 I10_54 I10_55 I10_56

 I10_63 I10_65_2 I10_68_2

同じ画像ばかりで申し訳ありません。チョット趣向を変えて絵画用の画像でシャッターを切ってみました。やっぱり露出が足りませんでした。

 I10_57_2 I10_58 I10_59

Oさんのデサフィオ、猪苗代湖へ来ても技師長の手でニードル調整をしてもらっています。私と同じようにニードルの動かし方が早すぎるようです。

ここはエンストをしないようにゆっくりとニードル調整をします。技師長が代わってニードルを調整中。

 I10_60 I10_61 I10_62

ゆっくりスタートです。ここでは一度に3機、4機同時飛行しても心配はありません。演技飛行のようなフライトボックスがないので機体同士がぶつかることはほとんど無いですね。

正面同士で飛行するときは瞬間的に相手を確認します。そしてぶつからない高度と飛行速度を調整します。このあたりはア、ウンの呼吸というのでしょうか。

I10_64_2 I10_67_2 I10_87 

いい感じで飛んでいるでしょう。Oさんは何回もタッチアンドゴーを繰り返しては楽しんでいました。もう癖になりそうなんて言いながら。

 I10_69 I10_70

さて、私のZIGENを技師長に飛行してもらいました。写真が一枚もないのは寂しいので飛行中の写真を何枚か撮りたかったので。

エンジンは技師長に2週間前に調整していただいたのでエンストは絶対無いです。技師長は自分の飛行機のように上手にタキシングしています。

 I10_71 I10_72 I10_73 I10_76

 I10_77 I10_78 I10_79 I10_81

 I10_82 I10_84

まったく自分の飛行機のように飛ばすのでついつい見とれてしまいいい写真が撮れませんでした。特にタッチアンドゴーは非常にやりやすいと好評を頂きました。

とにかく猪苗代湖が二日間もベタ凪で飛行できたことは過去にもあまりないですね。本当に心がけがよかったみたいです。

I10_104 I10_105 I10_106

I10_107 I10_113 I10_111 I10_109

二日目もツインマリーナは快調に飛行していました。何回飛ばしても調子がよかったです。

 I10_44 I10_45 I10_46

 I10_47 I10_48 I10_49

O1さんのツインマリーナ、猪苗代湖5年以上の飛行経歴があります。エンジンはLA25ツイン、ここ2年ほど飛行していませんでした。

今年は暫く振りで持ってきましたが何時も通りエンジンを調整して離陸、なんとエンジンハイで上昇中にエンスト、高度がなかったために片肺の処置が間に合わず残念な結果になりました。

過去には私も飛行させて貰ったとがありますが、 いい飛行をした記憶があります。ただしエンジンが小さいので飛行は結構シビアでした。

O1さんは「修理できそうだな」と言っていましたので来年はエンジンをパワーアップして登場するかもしれません。期待しましょう。

 I10_40 I10_41 I10_120 I10_64

 I10_91 I10_92 I10_95 I10_119

スナップを何枚か載せておきます。画像はPC用で小さいですが、ご自分の機体を印刷される方はどうぞご利用下さい。

  

|

« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 | トップページ | superZIGEN強風の中初飛行 »

水上機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/37426734

この記事へのトラックバック一覧です: 猪苗代湖水上機遠征飛行二日目:

« 2010年度猪苗代湖水上機遠征飛行 | トップページ | superZIGEN強風の中初飛行 »