« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

ZIGEN170の製作-つづきー塗装編

 F15_7_2 F15_8_2

2機同時完成したZIGEN、1機は既に初飛行も済ませて飛行中ですが私のZIGENは塗装段階でへまをやってしまい現在大変な手間をかけて手直し中なのです。

F21_1_2 F21_2_2 F21_7_2

これが第一の工程、ここまでは普通に作業は終り絹貼りまで進みました。今までも何機となく塗装をしてきましたが何時も絹貼りの作業で失敗することが多いです。

 F22_1 F22_2 F22_3

恥ずかしいのを我慢して公表しますと絹貼りをした後、重量増加を意識しすぎてサフェーサーのタルく少なめで塗り、なんと180番のペーパーをかけてしまいました。

その結果笑ってください。絹はボロボロ下地が出ちゃいました。この時点で作業は中止何ヶ月もほったらかしておきました。まったくやる気なし。

クラブ員から色々アドバイスをいただき重い腰を上げたのが11月に入ってから、結局絹貼り工程からやり直し、今度はタルクタップリを塗りなおし絹目が出るまで研ぎました。

 H2_2 H2_1 I8_2

そして320番から600番まで空砥ぎしてやっと下地が完成。ここでみぃちゃんの検査を受けるとまだまだ手直しを発見されやっと合格したのが11月10頃。

白をみいちゃんに塗っていただきやっと色付け段階までこぎつけたのが2週間前。ここで体重検査をするとぎゃオ~~・・・・2.570グラム、こりゃ駄目だ。

みぃちゃんのZIGENが生地完で1990グラム、私のZIGENは2070グラム、生地完で既に80グラム負けています。その上塗装のやり直しがたたって白塗り完では330グラムも重くなっちゃいました。ZIGEN.ACEが白塗り完で2240グラムですから話になりません。

 J3_6 J3_2 J3

しかし今更どうにもなりません。このまま進める以外に道はなし。気が重い状態の中、型紙を作って作図に入ります。ハアッ~~~~~出るのはため息ばかり。

33機も作ったってこのザマはなんだ・・・今回ほど落ち込んだ製作日記は初めてです。あそこの失敗がこうだったとか、あの時何でこうしなかったのかとか、懺悔の値打ちも無い。

 J3_9 J3_10 J3_13

こうなったらどんどん行こう、塗ればどんどん軽くなる塗料を使おう、1色入れるごとにそのぶん軽くなる、そう思いながら始めました。crying weep annoy

J3_12 J4_40 J3_15

マスキング作業は大変です。全部けがいてからどこから塗ったら剥がして隠すのが一番効率がいいか考えながらいきますがこれがなかなか思ったように行きません。

けがくのも型紙を作ってそれを当てながら順序良く書き込んでいきます。書くのはわりと簡単ですがマスキングがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

天気予報は大はずれ暖かくて最高の日曜日

 J8_9_2 J8_10 J8_11

昨日の天気予報では今日は北風が強く寒い1日との予報でしたが、なんとだまされました。午前中は家にいて塗装をやっていました。

ところが風も無くぽかぽかと暖かい日和についうずうずして午後から飛行場にカットンで行きました。そこには001さんの暫く振りの笑顔がありました。

仕事が一段落してどうやら何ヶ月振りかで飛行場に来られたみたいです。やはり楽しそうでしたね。相変わらず電動のアディクションを飛行させていました。

 J8_12 J8_13

厚さんも暫く振りの飛行です。聞くと本日検定会に挑戦したようです。EDクラスをエントリーしてスピンでお団子を貰ったと笑っていました。

私の知る限り今年はまるで飛行しているのを見ていませんからその心意気は素晴しいものがあります。これが本当の実力を計るいい手段なのかも知れません。

午後からは撤収されましたがまた来年頑張って下さい。フルサイズの電動オキザリスの調整は師匠が確認しておりました。

 J8_14 J8_16 J8_18

O2さんはZIGENに犬山から返ってきた160エンジンを積み替えてエンジンテストをしていました。師匠にレギュレーターの調整をしてもらい快調に回っていました。

P-11の演技もかなりマスターされ今日はフィギュアMを見事に演じていました。特に着陸は素晴しかったです。まるで実機のような着陸で着地も滑走路の正面でした。

思わず「10点」と声をあげたほどです。程よいフレァーがかかった機体は着地してもほとんど走らずゆっくりタキシングしていました。「上手い上手い」

 J8_4 J8_6 J8_5

変わった所ではO1さんが63sのゼクーを持って来ました。とてもよく出来た高級機です。私の9.800円のメビウスとは比較になりませんね。

ただしエレベーターのリンケージが胴体に横付けされたサーボで片引きなのが私向きではありません。私のメビウスも同じリンケージでしたが私はそれを嫌って両引きのサーボ仕様に胴体内にロット棒を通して無理やり変更しました。

飛ばしてはどちらも同じですが好き嫌いですからどうしようもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

本日は6人の競演

 J6_7 J6_6

本日は明日の検定会に向けてえびちゃんがおさらい飛行をしています。6人と言う人数は丁度練習にはいい人数みたいですね。

まあ和気あいあいというか恐い教官がいるわけではないので、皆さん思い思いの練習風景ですね。本当は恐い教官がいないといい練習にはならないかもしれません。

 J6_15 J6_16

えびちゃんの機体を囲んで談笑中、宮坂さんが訪問してくれました。途中でえびちゃんのアクシオームを飛行して見せてくれましたが、やはり上手いです。

初めての飛行機でも5分もしないうちにもう自分の飛行機のように飛ばします。「なかなかいいですよ」と話してくれました。

午後になってから大分気温が下がって寒くなりましたね。しかし風は南風でした。明日は北風がびゅうびゅう吹く予報です。どうしようかな、特種もないし・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

国立昭和記念公園

 J4_1 J4_4

国立昭和記念公園の紅葉が素晴しいと言うので行ってきました。今年は夏が暑かったので今頃都心の紅葉が見られます。噂通り銀杏の葉はご覧のようにまっ黄色。

駐車場は広くて何台でも駐車できます。料金は800円、入場料は大人400円ですが65歳以上はシルバー料金で200円、半額です。

 J4_6 J4_8 J4_5 J4_7

園内はいたる所が秋景色でリュックを背負った後期高齢者が一杯。「自分もその一人ですが」散策するには園内が広すぎるので園内バスで目的地へ行くことにしました。

一周300円です。どこで降りてもどこから乗ってもその都度300円、こりゃちと高いんじゃないの、足の悪い人は何回も乗り降りするので高く付きます。

 J4_9 J4_10

とりあえず一番人気の日本庭園に入りました。ここも年長組で満杯、しかし人が集まっているところは紅葉が見所の場所なんです。

 J4_11 J4_12 J4_13 J4_14

 J4_16 J4_17 J4_18 J4_19

木の種類はよく分かりませんがものの見事に真っ赤になっています。木によってはまだ緑と黄色、そして赤と言うように一本の木が三色になっています。

東京にもこんな綺麗な紅葉が見られるところがあったんですね。改めて感じました。この赤が終わると今度はあたりが絨毯を敷いたように落ち葉でふわふわになりますね。

 J4_22 J4_21 J4_32 J4_23

池に写った松は青くても綺麗でした。普段景色を撮影することが少ないので写真の撮り方がよく分かりません。見たままの写真ばかりです。

J4_27  J4_25

盆栽も沢山展示されていました。好きな人はきっとゆっくり見て回ることでしょう。元来、花とか植木とかはどちらかしいえば苦手ですね。

植物は可愛がりすぎて根腐れさせてしまったり、逆に水枯れさせてしまったりとなかなか難しいものだと何時も思っています。

しかし丹精込めて花が咲いたときはやっぱり嬉しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

アクシオーム2機登場

 J5 J5_1

本日はアクシオームが2機鉢合せをしましたが片方の機体は110クラスです。見た目はほとんど分かりませんね。どちらがフルサイズかわかりますか??

写真の撮り方で大きくなったり小さくなったりでわかりづらいでしょう、正解は皆さんに任せるとしてその飛び方まで瓜二つ、そっくりです。

 J5_4 J5_5 J5_6 J5_7

えびちゃんの機体がフルサイズです。それにしてもよくできた機体ですね。あまり見かけない機体になりましたが、いやいやとても個性があって楽しい機体です。

えびちゃんのフルサイズはほとんど調整も終わって今日はなかなかいい飛行をしていました。しかしその飛ばし方にもやはり個性があるみたいです。

エンジンのふかし方ではじゃじゃ馬になったりゆったりと白馬になったりしますね。そこがとても面白いと言っていました。

また230さんの110はパワーが有り余っていて垂直にどこまでも上がっていきますね。飛んでいる姿はどちらもほとんど変わらない感じです。

 J5_18 J5_19 J5_20

えびちゃんの飛行です。綺麗に離陸しました。今日は風もなくいい日和でした。みんなで飛行を見つめています。

今年の検定会も後一回で関東地区は終りのようですね。また寒いシーズンがやってきます。これから冬に向かって寒い北風に悩まされることでしょう。

そして今年も終りに近づきます。寒くても暑くてもみんな元気ですよ。私も歳を取っている暇がありません。

 J5_3 J5_10

今日も11人が集合していました。私は機体を組み立てる気がしませんでしたね。結局夕方まで観客席で冷やかし見物でした。

今年はどう言う訳かこのところあまり強風が吹き荒れません。本番はこれからかもしれませんがそのために皆さんいい練習が出来ているようです。

  J5_13 J5_14 J5_15 J5_16

シュワちゃんのアルティア、今日も元気です。エンジンも快調で8000回転、しかし指のほうは何時も自ら叱咤激励、(しっかりせんかぃ)つぶやいていました。

 J5_23 J5_24 J5_25 J5_26

こちらはO2さんZIGENをスタートしています。エンジンは160ですがこれまた絶好調。音が静かで凄く軟らかい回転です。今日も師匠が付きっ切りでアドバイス。

 J5_29 J5_30 J5_31 J5_32

みぃちゃんも同じくZIGEN.SMで飛行です。エンジンは170ですがペラが19×11と大型なので回転は7500です。とても静かな音で中スローで上昇します。

クラブ員が見つめる中Pー11を演技中、フィギュアMはみぃちゃん独特の個性で半円のエルロンは最後まで綺麗に回転、四つのスティックがどれも休みなくフルに使われています。

 J2_135 J5_21 J5_36

それぞれの機体です。みぃちゃんのZIGENはあらかた調整が終わって現在実戦に備えて飛行中です。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

曇り空でも暖かい日曜日でした

 J3_16 J3_48

あまり変わりばえのしない何時もの風景です。今日は曇りでも9人が集合。昼食後は飛行場周辺の掃除が始まるとあって一斉に食事です。

どんよりとした空でなんとなく薄暗い日でしたが、午後からは一時日光も顔を出し全体的には温かな日和となりました。

今年も後数回となった検定会ですがエントリーしている人もいるようです。まじめに練習していました。

 J3_19 J3_20

技師長も真面目に練習していました。公表ランキングに入閣しているので技量を維持していくのが大変みたいです。

Pー11になってからは演技が難しくなったせいかエントリーする人数も大分減ったとか、昨年は一日で裁ききれない人数がエントリーしていましたが今年に関してはそんな日はないみたいですね。

 J3_21 J3_22

今日は余裕で演技していました。風も無く右でも左でも好きなほうから離陸できます。一回の飛行で両方からの演技を飛行していました。

灰色の空ではチョット見づらくて目の弱い私では姿勢が分からなくなりますが皆さんはそんなことは無かったようです。いい飛行をしていました。

J3_63 J3_58

午後3時頃の空です。全体に薄暗く太陽にレンズを向けても眩しくありませんでした。天気予報士はこの状態をなんと言うのでしょうか。

太陽の前に小さく写っているのは鳥の群れ??・・よくわかんないかな。土手の上を自転車で通行中の人がいますが、そのすぐ右上にあるのがこの太陽です。

 J3_24_2 J3_26 J3_30

何時も写真を写す側の私をタムさんが写してくれました。今フルサイズが無いのでこのメビウス70GP(理由あり)を飛ばしていますが何時も2回戦ボーイです。

2回飛ばせばすぐ飽きてしまいます。妙な癖があってその癖取りすらやる気になりません。ただ飛んでいるだけ。一通りできる機体ですがまったく面白くありません。

クラブでもこのキットを買った人が複数居ますがいまだに飛んでいません。物置の片隅に入ったままなのでしょう。普通のキットより作るのに手間が掛かりますから。

 J3_51 J3_54

人の不幸をあまりネタにしては自らの不幸を招くではないですけど、薄暗いのでエンストして着陸目測を誤り場外に不時着しました。

普通に降りたにもかかわらず前縁がご覧のように強い草の幹でやられてしまいました。今時の雑草は枯れて幹も太く当たったら機体の損傷は免れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

空まつり2010.IN.NODA-つづき

 J2_76 J2_79

続いて日本選手権で10位入賞を果たした悠平君の飛行が始まります。機体は飛ばしこんだ複葉機のアリエス、もう自分の身体の一部のように自在に飛行できます。

どんな大会もどんなイベントも何時も通り、冷静に準備をしています。中学生とは思えない立派な精神力ですね。人柄も温厚で誰にでも好感をもたれています。

 J2_83 J2_81 J2_82 J2_84

飛行が始まると観客を釘付けにします。機体から目を放すことが出来ません。今日は規定演技でなくフリーの飛行を見せてくれました。

低空でのローリングサークル、ローリングループそして地面をこするばかりの低空ナイフエッジ、私も写真を撮るのをすっかり忘れて見つめていました。

機体は何時も通りとても静かでまるで電動機のようです。今回のイベントでは色々なテレビ局より取材を受けていました。もうモテモテなんです。

10分ほどの飛行がとても短く感じました。着陸すると観客の拍手に手を振って応えている姿はとても爽やかでした。

 J2_85 J2_87

 J2_88 J2_89 J2_90 J2_92_2

続いてマントさんのエクストラが飛行です。この機体でPー11の演技を検定会で見ましたが、いや素晴しい飛行でした。その日のぶっちぎりMD合格でした。

今日は悠平君と同じフリー飛行です。もともとアクロを得意とするフライヤーなのでそのフリー演技はやはり素晴しいですね。

最後はおきまりのトルクロールで決めてくれました。トルクロールをやる人は大勢いますが機体のヨー軸を中心にくるくる回せる人はそう沢山いませんよね。素晴しかったです。

  J2_86 J2_78

さて次は150CCのガソリン機を前に飛行待ちをしているのは根元さんのお父さんと息子さんの通称マッキー君です。現在小学校1年生です。

この大きな飛行機を6歳の少年が飛ばすのですよ。如何にシュミレーターで練習しようが実際に飛行は簡単に出来るものではありません。

お父さんは助手に徹していてエンジンを始動しています。飛行が始まれば主役はマッキー君そのものです。

 J2_93 J2_94 J2_95 J2_96

 J2_97 J2_99 J2_100 J2_101

エンジンの調整まではお父さんが完全に担当します。エンストでもしたら大変ですから。エンジン調整が終わればあとはマッキー君にお任せです。

この大きな飛行機をこともなげに自由自在に操るなんて考えられますか。離陸してすぐロールを開始するとそのまま機体は回りっぱなしです。

旋回も宙返りもエルロンは切りっぱなし、・・・・アップダウンなんて考えている暇はなし。また草の上すれすれの低空飛行もへっちゃラ。

今年で2回見ましたが本当に上手いと言うか、凄いというか、今後成長したらどんな飛行を見せてくれるのか本当に楽しみですね。イベントには絶対必要な選手になることでしよう。

飛行が終わって観客が拍手するのを見てお父さんが挨拶を促しましたが、照れて頭をかいていたのは小学生低学年そのものでとても可愛かったです。

写真館2に画像を貼ってありますのでご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

空まつり2010.IN.NODA オープニング

 J2_43_2 J2_44 J2_45 J2_41

 J2_52 J2_49 J2_51 J2_47

先ずオープニングはPPGのスタートです。NSSPにはパラグライダークラブが複数ありますが中でもこのクラブでは毎年編隊飛行を披露してくれます。

このフォーメーション飛行は年々上手くなって今年は5人で綺麗な飛行を披露してくれました。かなり難しい飛行なのでしょうね。

一定の距離とスピードを維持しながら先頭の機体に合わせ綺麗に回って行きます。

 J2_50 J2_62 J2_63 J2_57

石川会長がドリフターに乗って離陸しました。今日は風がないので優雅に飛行しています。手作り飛行機もアルミ合金をひらめかせて離陸しました。

小さいエンジンに見えますが結構パワーがあって余裕で飛行しています。軽量飛行機も次々と離陸しています。

それぞれのジャンルの飛行時間が割り当てられていて時間を有効に使って飛行中です、上空が賑やかになってきました。

 J2_71 J2_67 J2_68 J2_69

さて、いよいよラジコンの部になりました。ターボプロップのエンジンで飛行する大型機です。私はまったく知識がないのでよく分かりませんが機体内部は結構難しそうです。

燃料はガソリンではなく灯油です。1分間に17万回転のエンジンをギヤダウンして7500回転くらいでプロペラを回し飛行しているようです。

 J2_103 J2_106_2 J2_107 J2_111

 J2_110 J2_109

エンジンスタートは携帯ガスみたいなものを使っていました。かかった音はまるで実機のエンジンと同じ音がします。

滑走路に誘導していよいよ離陸します。エンジンをふかしていくとギヤダウンの音が大きくなりびっくりします。

飛行はスピードがあってプロペラ機ではありますが物凄い速さです。特にパーワーをかけると物凄い音ですね。どこでも飛行するというわけには行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

空まつり2010.IN.NODA

 Sora2010poster4001 J2_28

今日は千葉県野田市スポーツ公園において2010年空まつりが開催されました。この行事は毎年行われている恒例のイベントでNSSPが主催です。

実機の手作り飛行機を初め軽量飛行機、ヘリコプター、パラグライダー、ラジコン、コントロールライン、ロケット、紙飛行機、あらゆるジャンルの空物が一堂に集結して飛行する野田市唯一のイベントです。

NSSP石川会長の挨拶から始まりました。今年は暖かい素晴しい天候に恵まれてイベントは盛り上がることでしょう。

 J2_17 J2_54 J2_31 J2_33

イベントの進行には欠かせない福嶋さんの絶妙なトークに会場が一気に盛り上がります。昼近くには野田市長もかけつけご挨拶されました。

 J2_19 J2_20 J2_24 J2_26

体重移動型の飛行機を初めアルミ板金の手作り飛行機、石川会長自ら操縦桿を握るドリフター、色々な飛行機がこれから飛び上がります。

 J2_1 J2_7 J2_11 J2_66

ラジコン関係は珍しい機体もあり飛行が楽しみです。この奇妙な格好の電動グライダーはシャーレー工法の主翼を持つ無尾翼機、赤い飛行機はジェットエンジンを積んだターボプロップ方式の機体です。

それに今日はラジコンに関しても有名なパイロットが何人も来ていてこれから楽しい飛行を見せてくれるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

小春日和の暖かい土曜日

 J1_18 J1_13

今日は素晴しい土曜日でしたね。暖かくて風もなく午後からは丁度いい南風で暫く振りで左から離陸していました。

今日は草刈り当番で草刈機を運転しようとしましたがバッテリー上がりでうんともすんともいいません。ラジコン用のバッテリーを一時付けておきましたので現在は問題なくスタートします。

来年は新しいバッテリーに付け替えますので暫くは現状のままにしておきます。

 J1_20 J1_22

今日はシュワちゃんとO2さんと私の3人です。飛ばし放題なのでたっぷり練習できたことでしょう。

シュワちゃんはチョットエンストに悩まされていましたがプラグの交換で元どうりになったようです。

O2さんはZIGENの調子が最高で満足そうでした。こんな笑顔を見るのは久し振りです。

 J1_25

飛行の後はこのように帽子を取ってご挨拶、エンジンコントロールの調整をしただけなのですが上手くいってご満悦だったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

superZIGEN強風の中初飛行

 J1_252_3

 J1_262 J1_292

本日SさんのスーパーZIGENが初飛行を行うと言うことで加須フライングさんにお邪魔しました。先ず完成機体を見てびっくりです。

完成機のような出来栄えでレベルの高さに思わず絶句。Sさんが精魂込めて塗装した機体はその斬新なデザインと共に精悍さも増していました。

聞けば塗装は飛行場で100ボルトに電圧を上げたコンバターを使いコンプレッサーで塗装されたそうな、こんなことができるとは驚きです。これなら誰にも迷惑かけずに塗装が出来ますね。

私のような長屋に住んでいるものはこんなコンプレッサーと電力が欲しい~~。とにかく近所に迷惑をかけずに塗装が出来るのは何よりも優先ですね。

 J1 J1_1

朝9時半に飛行場に到着するともう準備にかかっていました。車から降ろした機体を見ているとラダーの異変に気付きます。

なんとラダーには風の切り返しが付いています。「これは何だ・・・・」Sさんは私が一度は試したいと思っていた事をやっています。これは楽しみだ。

飛行を想像して楽しくなりました。ただ今日は風が強くてラダーの結果まで確認できるかは分かりません。飛ばすのもやや思案する風が吹いています。

 J1_2 J1_3 J1_4 J1_5

組み立てる前に機体の点検が始まります。受信機の主電源は7.2Vのリポ電池がセットされていました。これなら電池の消耗をかなり長持ちできそうです。

何しろ飛ばす前は何かとセッテングやらサーボの調整に時間がかかるものですから。

 J1_10 J1_11

今日は冶具を使って主翼と尾翼の取り付け角度の検査から始まりました。今までこのような検査は見たことが無いので内心はびくびくです。

主翼0度に対して尾翼がー0.4度の角度誤差があります。このあたりは許容範囲で問題なしとされました。

 J1_14 J1_16 J1_20

続いて各舵の上下の調整、差動が出るといけないので入念に舵角の調整をやっています。こんなに慎重に舵角の調整をやるのは最近では珍しいですね。

一体何時になったら飛ぶのだろう。まあ風が強いのでそれもあるのかな。

J1_34 J1_37

すべての検査が終了していよいよフライと準備に入っています。DZ170エンジンがスタートしました。ところがここでアクシデント発生。

なんとエンジンを徐々にふかして行った所、突然物凄いノッキング、「ガガ~~ン・・・バキ~~ン」と強烈なノッキングてエンジンストップ、これは大変。

エンジンが大きく動いたので機体マウントがもげたとみんなが思いました。早速エンジンを外してみるとなんとYSマウントのバックプレ-トの3本止めビス箇所が割れています。物凄いノッキングだったのでダイキャストのアルミが割れてしまったのです。

これにはみんなびっくり仰天。あまりの凄さに写真を撮るのも忘れていました。

 J1_36 J1_39

 J1_40 J1_41

170エンジンが無いので160エンジンに積み替えて再びスタートします。このエンジンは使用していたものなので心配はありません。

スタートしてニードル調整の後、いよいよ初飛行開始です。今日のパイロットはみぃちゃん、ZIGENに関しては師匠と同じくらい分かっています。

現在自分もZIGEN.SMを飛ばしているので初飛行をお願いしたようです。風はいよいよ強くなっています。しかしみぃちゃんには飛行できない風ではありません。

北風を受けて離陸して行きました。離陸して右に旋回します。Pターン後水平飛行。エルロントリムは1駒、エレベータートリムが4駒ほどアップ。

風の強い中、案外安定して飛行しています。5分ほど飛行した後Sさんにバトンタッチ。後着陸まで本人が飛行しました。

 J1_42 J1_43 J1_44 J1_45

 J1_46 J1_47 J1_48 J1_49

飛行中の画像です。みぃちゃんが飛ばした感想は「俺の機体より飛ばしやすいよ」と言っていました。フィギュアMは凄くやりやすいとの話です。

「ラダーの風返しが効いているのかな、でも風でよくわかんない。」風の無い日によくテストして確かめようと言うことになりました。

 J1_51 J1_56

飛行を見守るみぃちゃん、そして飛行が終わって色々話を聞くSさん、1回だけの飛行でしたがなんかZIGENの特長みたいなものが分かったようです。

これから飛ばしこんでいけば色々と問題もでてくることでしょう。機体については私も色々協力していきたいと思います。とりあえず初飛行は成功しました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »