« 3クラブ新年合同飛行会 第1報 | トップページ | フロートの製作取り付け--完 »

2011年2月 1日 (火)

3クラブ新年合同飛行会 第2報

 K6_34 K6_35

悠平君の日本選手権出場予備機のアドベンチャーです。複葉機のアリエスと共に素晴しい飛行を見せてくれます。

 K6_50 K6_51 K6_52

 K6_53 K6_54 K6_55

今日は北風が強いですが「この程度の風は問題ありません」と言われました。さすがに違いますね。風速を読んでしまいますね。

Pー11の演技を飛行してくれましたがあらかじめ風を読んで対処する飛行は皆さん大変参考になったことと思います。

しかしどんな飛行機を飛ばしても上手いものです。特に複葉機は難しいと聞きます。格好がよくて購入してもなかなか自分で納得する飛行は出来ないといいます。

 K6_23 K6_24 K6_25

ついでに私のZIGENも飛ばしてもらいました。いやー上手いです。触ったこともない飛行機をたった1回飛ばしてもご覧のように自由自在。

Pー11を飛行した後、残っている燃料でナイフエッジやサイドスリップを飛行してくれましたが、ぎりぎりのテクニックを見せてくれました。凄いです。

境フライングのF3A見習いのブログに素晴しいナイフエッジの飛行写真が貼ってありました。こちらをご覧下さい。 http://astralx.blog.ocn.ne.jp/blog/

 K6_32 K6_33 K6_37 K6_38

お昼には温かい焼きそば、そしてこの豪華なステーキをご馳走になりました。いやその上手かったこと。飛行場で暖かい焼きたてのステーキが食べられるなんて。

昨年の夏はカキ氷を沢山ご馳走になりました。何時も何時も有難うございます。こんなご馳走があると又何回もやりたいと言う人が大勢います。

 K6_29 K6_30 K6_31

JFCのいしちゃんがイベント用のパトリオットを持ってきました。風があるのでチョット飛ばしにくかったようです。

それでも結構なスピードでかっ飛んでいました。

 K6_56 K6_62 K6_64 K6_68

最後は恒例のラダー機による定点着陸競技。誰が一番近くに降ろせるか、風があってラダーなので上級者もヘタもなし誰がやってもなかなか難しい。

わいわい言いながら結局全員が飛行しましたが半数が計測不能、優勝者は1メートルの近さで着陸しました。めでたしめでたし。

|

« 3クラブ新年合同飛行会 第1報 | トップページ | フロートの製作取り付け--完 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/38696371

この記事へのトラックバック一覧です: 3クラブ新年合同飛行会 第2報 :

« 3クラブ新年合同飛行会 第1報 | トップページ | フロートの製作取り付け--完 »