« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月24日 (日)

日曜日は少し暑さが戻ってきました

075 076

O1さんがJRXG8のプロポを持参。なんだか近頃はJRに切り替えているのかな、しかもこのプロポは受信機電圧がプロポに表示されるそうな、便利なものが出来ましたね。

しかも電動機対策として電源スイッチを入れた時にエンコンスティックがハイの位置だと送信機がロックされて電波をカットするみたいです。

左の写真がスティックハイの状態で電源を入れた時、右の写真がスティックを下げた時の画面。確かにアラームが鳴って知らせてくれます。

電動機を扱う人には絶対安心な装置です。間違った時いきなりモーターが回らない仕組みで初心者には嬉しい設計です。

 080 081

当人はプロポそっちのけで発泡のグライダーテストを準備中です。前回飛ばした時はエレベーターの効きが微妙で今回改良してきました。

見ると面積が少し大きくなっています。しかもバルサで作って強度を高くしてあります。何でも挑戦するのがこの人のいいところ。どんな結果になるのか見てみましょう。

 082 086

組み上がった姿です。エレベーターが大きくなっていますがこれって大丈夫かな、? 考える暇もなく手投げであっさり飛行。

う~~~ん、優雅とはいえないけど普通に飛んでいますね。因みにエレベーターをフルアップにすると頂点付近でロールしようとします。

エレベーターに対してエルロンの打角がチョット少ない。かといって動力を切った時のエルロンは効きが悪く効いた時はダッチロールに入ります。

チョット借りて飛ばしましたが結構難しい。着陸地点を目指して降りてくるのは非常に難しいですね。低い高度で一度傾けたらもう復元しません。

しかし飛行している姿は実機のように見えますからそれはそれなりに楽しいです。

 093 088

今日は久々に賑わっています。13名の出勤です。オヤ、?なんとZIGEN.SMが尾翼をどこかえ忘れてきています。

聞くとなんと今日は水平尾翼の下反角付きと取り替えてテスト飛行をするというのです。こりゃ楽しみだ。

ナイフエッジ飛行で発生する寝癖を解消しようと言う試みと少し面積を増やして後方安定を見ると言うのが狙いみたいです。

 091_2 092 094

 095 096 097

飛行場にて隙間テープを貼り、内周をカットして取り付けます、手馴れた作業で見ているだけで楽しいです。

アレレ 随分デカイ感じ、最も今までが人の機体より小さかったものなのでそんな感じに見えるのかな?、それにまだ白塗りをしただけなのでよけいに大きく見えます。

下反角は約5度弱、これでどんな事が分かるのかみんな興味津々です。

 102 103 104

 105 106 107

つい先だってオールジャパンの予選で戦ってきたZIGEN、予選通過は達成できなかったけどそれなりに健闘し更に闘志に火が付いたみぃちゃんです。

先ず軽くP-11を飛行します。現在大きな変化はなし、続いて問題のナイフエッジ飛行、右も左もテストします。「ん・・・・・・」

「直ってる・・・・・・」プロポは現在はミキシングが入っている状態、なんとアップ側へ飛行していきます。「すっげぇ・・・・読みどおり。」みぃちゃんが感嘆の声を上げています。

クラブの皆さんも「え~~~ほんとだ」と、これはなんでしょうか。理由はよく分かりません。確かに何回やっても機体はアップ側へ飛行していきます。

着陸するとみぃちゃんは「一応もくろみ通りかなってとこ」すこし安心した表情で笑っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

涼しい土曜日でしたね

 034 047

今日は草刈り当番です。たまたま涼しい土曜日となりましたので朝8時から草刈りスタートです。今回は運良く台風6号の被害は免れたようです。

芝もご覧の通り綺麗に付いてさながらゴルフ場のフェアウエイのようです。刈り高は2番レンジの3センチ。

  035 036_2 037_2

3センチで刈り終わった後の芝はご覧のようにフカフカで小さい飛行機は足を取られるくらいです。

このような素晴しい飛行場になったとは考えられませんでした。あのヘドロが20センチも積もった時はどうしようと考えたあげく結局何も出来なかったのです。

ヘドロが乾いた後は大きくひび割れしてその隙間から芝が顔を出してきたわけです。自然の力は凄いです。

 038 039 040 043

飛行場周辺の昆虫たちです。普段は見慣れない顔がここにはありますね。今年はなんかわかりませんけど、まだセミの声を聞いていません。

あのニイニイゼミや油ぜみはどこへ行ったのでしょうか。もうまもなくミンミンゼミやつくつく法師、そしてヒグラシがなく頃になってしまいますよね。

 023 025 026 027

さて、今日は巷で話題の「もう使っている人が多いかも」YSDZ175を紹介します。我がクラブでも購入した人が数人おりますが本日はタムさんのCDI付です。

 028 029 030 031

何でも新しいものはいいですよね。飛行場で開封されたエンジンはなぜか神々しく見えます。私にはまだチョット手が出ない代物です。

今日はブレイクインをやるつもりでテストベンチまで用意して来ました。さて、どんなパワーを見せ付けてくれるのか今から楽しみです。

 065 066

ベンチテスト前に一回現在の飛行機を飛ばします、この機体も170のCDIエンジンです。パワーも燃費も最高のエンジンです。

 067 068

タムさんはこのエンジンですっかりCDIファンになったものと思われます。少し重量増加を気にしなければこんな優れものはありません。

パワーがあって燃費か良くてスタートのヒートが不要、おまけにエンストしない。考えたらいいことずくめじゃないですか。

じゃあ17CDIを是非買おう、と言う事だと思います。でも今このエンジンは売り切れの店が多いそうですね。こう言って購買意欲を掻き立てるなんてYSさんもなかなかです。

 070 071 072 073

さて、17エンジンが回転しました、フローテングがセットされているとは言えわりと静かな力強い回転音です。

19×11ペラを使っていますが最初から回しきってしまいます、一体適正なペラはどんなサイズを使うのでしょう。

午後にはあらかた当たりが取れていい感じに仕上がっていました。「ヤッパ、欲しいな~~」「こんな高いエンジンを使う人は機体もそれなりのものを使ってください」なんて声が聞こえてきそう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

3連休最後の海の日です。

 001 003

本日も相変わらずの猛暑日です。今日は台風6号接近の余波を受けて風が結構強いです。そんな中、エビちゃんが特訓をしていました。

又数ヶ月振りでサンダル師匠が顔を見せています。飛ばしていないといっても師匠は風の中何時もの飛行をしていました。

 004 005 007 008

エビちゃんのフリーダム、調子は戻ったのでしょうか、飛行回数から言えば調整は終って既に完熟飛行に入っている筈ですが。

 010 009

師匠とアルティアです。今日も暑いです。台風が去った後はいくらか涼しくなって欲しいですが、今回の台風は関東圏も巻き込まれる恐れがあり又水害がなければいいのですが。

ついでに東北の原発に係わる放射能を吹き飛ばして行って欲しいです。

 011_2 014 012 016

さて、みぃちゃんのZIGEN.SM、昨日ブルーマックス飛行場にてオールジャパンの関東地区代表選出がありました。

みぃちゃんは先週の14日に機体の修理が終わって、犬山から帰って来たエンジンを積みテスト飛行をしただけで挑戦しました。

機体をよく見ると胴体側面に風切りが取り付けられています。飛行の結果背面飛行が今までより感じが良くなったとの話です。

 020 021

今日は風の中飛行を見せてもらいましたが、本当にいい飛行をしていました。プロペラ20×10.5をつけていますが、静かないい音でした。

オールジャパンの結果はhideさんのブログに採点表が乗っていますのでご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/mirage1969_self

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

今週は連日猛暑日が続いています。

033 028 029 030

032 035 036 037

いゃ~~今日も暑いですね~~。熊谷の今日の気温は38℃です。飛行場にいると芝生から上がってくる地熱は38℃以上ですね。

そんな暑さの中で001さんは発電機持参の特訓です。このホンダの発電機は優れものですよ。6Aの定格電流ですがこのリポ電池を4本同時に充電できます。

今日は暑くて人数も少ないので思いっきり練習が出来ます。充電が終るとすぐに次の電池に取り替えて飛び上がっていきます。

このような暑さの中ではエンジン機より手間が掛からず何時も同じ調子で飛行出来るのは素晴しいですね。今日はブルーマックスでオールジャパンの最終決戦が行われています。

 038 039 040

ブルーマックスまで行こうとしましたが何しろ遠くてついつい行きそびれてしまいました。みぃちゃんごめんなさい。

001さんのアディクションは元気に飛び上がっていきます。最近とみに練習に励んでいる001さんですが今日は特に気合が入っていました。

 022 024 025

こちらはマエストロを飛行しているいしちゃん、今日は珍しく逆風が吹いて左からの離陸です。勝手が違うらしくて飛行中の顔は笑いっぱなし。

しかしこのクソ暑い中みんな元気ですね~~。しかもエンジンの調整も良く出来ていてぐずるエンジンは1つもありません。

私が飛ばしていれば又エンジンが止まったりオーバーヒートしたりと手を焼いているかもしれません。何しろこの暑さは尋常ではありません。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

極限の暑さでも皆さん元気です。

 013 012

梅雨明けしていよいよ本格的な夏到来です。今日は熊谷で35℃群馬では37℃まで上がったところがあったようですね。

飛行場内に駐機中の機体も濡れ手拭で熱さましをしているようです。でも飛行場は少し風があってパラソルにいると涼しい感じもしています。

しかし皆さん元気ですね~~。この暑さもまったく気にせず何時ものペースのようです。

 014 016

いささか暑さにうんざりしているのは年長組、飛ばしているのは一人だけで後はお話ばかり、こんな暑さでは当然ですが目新しいネタもありません。

そんな中、熊谷で開催されている検定会ではhideさんが金バッジを取得したとの情報が入りました。おめでとうございます。凄いですね。

 017 018

今日は恒例の飛行場清掃と、近隣のお中元配りをしました。1軒1軒情報を聞きながらお中元を配ります。どんな些細なことでも聞き逃さないように務めています。

又、気になったら何でも言って下さいとお願いすることも忘れません。今年も概ね気になる情報はありませんでした。私は暑くて我慢できず午後から撤収です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

ZIGEN.SM改造計画--完成

 Sm8_6 Sm8_1_2 Sm8_2_2 Sm8_3_2

さて、前回のつづきから主翼のエルロン部分作成に入ります。それにしてもこのところの暑さには閉口しています。

狭い工作室、1時間も作業していれば汗が止まらず眼鏡がくもって何も見えません。エアコンとは無縁ですからこのような状態になったら別室へ避難です。

工作室から救急搬送されたんでは洒落になりませんわ。しかし汗をかいた後は逆に気持ちのいいもので風呂場のシャワーは又格別ですね。

 Sm8_4_2 Sm8_5_2

エルロンは幅120×70のバルサを8枚作り主翼の後縁に貼り付けていくものです。この作業で難しいのは如何にエルロンを正確に貼り付けていくかですね。

ここもチョットした自作の冶具を使います。

 Sm9 Sm9_2

この扇子の両端のようなものを使ってエルロンのセンターを主翼に合わせながら貼り付けていきます。つまらないものですが案外役に立ちます。

これで上下の差動を見るとよく分かります。試してみてください。

 Sm8_7 Sm8_8

こうやって1本づつ作っていきますがここは瞬間で貼り付ける作業ですから早いです。ただし瞬間には注意が必要です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりにはご用心。

 Sm8_9 Sm8_10

エルロンの取り付けが終ったらいよいよ主翼を胴体に取り付けます。この時胴体の主翼前縁に当たる部分に2ミリのベニヤをあらかじめ作ってセットしておきます。

ここへ主翼の取り付け位置を決めた状態でエポキシ接着をしますが。勿論前側から決めていきます。短いかんざしを仮止めして置きそこへ接着するのです。

 Sm8_15 Sm8_17

この時主翼が動かないように何か錘を載せておきますが、私は電ドルのケースを載せておきます。30分のエポキシですからわりと早く接着できます。

接着できたら一度外してジュラコンのかんざしを取り付けたら後ろ側に朱肉をつけたビスを入れてもう一度押し付けて印をとります。

この位置に穴を開けて4ミリのビスを取り付けて仮止めして置きペリーパンの工作に入ります。ここからが一番面倒な工作になります。

 Sm8_20 Sm8_21

主翼にはペリーパン取り付けの5ミリバルサを貼り付けてペリーパンを仮止めし高さ合わせをしますがここからが根気が要ります。

何回も何回も削っては合わせて行き、自然にぴったり隙間なく合う箇所を探っていきます。これはもう何といっても一番嫌な仕事ですね。

ここをいい加減に終らせると後でペリーパン合わせで泣きを見ることになります。力を入れれば入れるほど合わなくなります。どんどん歪んでいくのです。

ここでさじを投げる人は多いのではないでしょうか。我がクラブではこの作業の熟達者が何人もいます。正に天才的にあわせていますね。探しても隙間がないほどです。

私はもう少し下で3位か4位くらいでしょうか。(o^-^o)

 Sm8_24 Sm8_23 Sm8_22_2

どうしても合わない時は多少のことであればこんな方法もあります。ペリーパンのRと胴体のRが微妙に合わない時があります。

こんな時はゴムで押さえてヒートガンで暖めてやり落ち着くまでこのままにしておきます。するとあ~~ら不思議ピタッと落ち着く時があります。

でも何時も上手くいくとは限りませんのでご参考までに。

 Sm8_25 Sm8_28

途中の画像が省略されていますが脚の取り付け箇所は皆さんの方法と多分変わらないと思いますのでご了承下さい。

最後はペリーパンのパッチンドメです。これもあらかじめ作っておきます。材料はジュラコンの10ミリ厚平板を糸鋸で切り出したものです。

 Sm8_27 Sm8_30

ペリーパンに取り付ける止めビスの位置は皆さんがやっているように朱肉をつけてタッチさせ穴を開ける方法です。最後にフィレットの取り付けとキャノピーの取り付けをすればすべて終わりです。

フィレットは貼り付けた後で彫刻等のマルで荒削りをしてペーパーで仕上げればOKです。キャノピーは画像で分かるとおりあらかじめ厚み分だけ削ってあります。

ここへエポキシで貼り付けるだけですから問題はありません。

 Sm8_34 Sm8_35

これが完成写真です。細かく言えばまだ手を付けるところがありますが、まあ後は確認しながら修正するくらいなものですからここらでお開きとしましょう。

  Sm10_11 Sm10_6

肝心の体重ですが今回はチョット目標体重を越えてしまいました。メタボで完成しちゃいました。全体的にデフォルメしたことも原因です。

 Sm10_1_2 Sm10_2_2 Sm10_4

主翼、780グラム、胴体、1.200グラム、尾翼、220グラム、合計2.200グラムです。すべて僅かづつ増加しました。後はエンジンパワーにお願いするしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

蒸し暑い日曜日でしたが8名出勤

 008 009

今日はむし暑い日曜日でしたね。湿度が高く飛行場内の風もあまり涼しくありませんでした。そして変わらない何時ものメンバーです。

毎年この時期になると真っ黒に日焼けする人がいますが私もその一人です。先ず首が焼けて両腕が焼け、ハテは顔が真っ黒になります。

昔は「随分焼けたね~~??ゴルフ・・・」なんてよく言われましたが、「そうなんですよ」と、とぼけていましたね。「でも手の甲も焼けているね??何で」

 001 002

今日はエビちゃんが懐かしいオーロラを持ってきました。キットからの自作ですがとても綺麗に出来ています。

エンジンはYS91を積んでいますのでパワーは充分です。それにしても良く積めましたね。ぎりぎりだそうです。脚も固定脚にしてまったく今風。

 006 007

固定脚のオーロラはチョット違和感がありますね。しかし飛びはほとんど変わらない感じです。ロールは今の飛行機と違ってセンターでくるっと回ります。

私もオーロラはキットを写し取って何機も作りました。この時代はMK全盛時代でしたね。キットと言えばMK、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

天気予報は少しづつずれています、

 005 012

今日の天気予報は曇り後にわか雨の予報でした。しかし飛行場では雨に当たることはなかったようです。

それどころか太陽が出て紫外線もきつかったようです。今日の草刈り班が草刈機のエンジンオイルを交換をしてくれました。新車から初めてのオイル交換です。

タイムメーターは既に12H経過していました。しかしオイルはほとんど汚れておらず、交換時期としては良かった気がします。次のオイル交換は25H後になります。

今日はO1さんとO2さん、そしていしちゃんがフルサイズで楽しんでいました。

 010 015

いしちゃんの今年の水上機はコンドル60です。本日エンジンテストで飛行場お披露目となりました。エンジンはOS91,4サイクルポンプ付です。

コンドルの水上機はフローとが胴体にアルミの平板で取り付けますが、いしちゃんは最初から主翼に水上機用にフロート取り付け台を付けて主翼にセットしてあります。

 017 018

この方が性能はいいですね。すべて予定より軽く出来上がって初飛行待ちです、色もバイオレットを主体にした大人の雰囲気で塗りあがっています。

今年の夏はどこで水上機を飛ばすのか分かりませんが楽しみになってきました。

 006 007 008

固定脚もチョット手を加えれば見た目も良くおしゃれになりますね。O1さんのプロラインです。

 013 002

プロラインとマエストロ、今日は風もなくいい感じで飛んでいました。特に2機ともエンジンの音が素晴しかったです。

静かでとてもマイルドな音でした。上昇飛行もエンジンに対するストレスはまったく無いみたいで静かな中に力強さがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »