« 新作機の初飛行 | トップページ | 2012年 辰年 »

2011年12月30日 (金)

いよいよ大詰め今年最後の飛行場

 14 14_1 14_2

北西の季節風、俗に言う空っ風が7~8メートルも吹いていたでしょうか、飛行場に着くと横殴りの風がヒューヒューです。センターに泳ぐ鯉もバタバタ。

そんな中で果敢に飛行していたのが230君でした。110Sのエンジンがエンストして悩んでいましたが修理が終わって帰って来たのです。

今日はエンジンの調子が戻ったようでスローも安定していました。飛び上がったミラクルも風に翻弄されてまるで木の葉のようです。

今年最後の飛行場に現れたのは私を含めて5人です。さすがにこの風では飛行は難しく飛ばしたのは2人だけでした。

 14_3 14_4

一回目の着陸で再び風で舞い上がってしまった機体、2回目の着陸でやはり脚を破損しました。どうもあちらの機体は接着に問題がありますね。

逆に言えばこの程度の破損で済んだのは接着が甘かったからか・・・・まあこの風で着陸させたのだから結果良しとしよう。

 14_5 14_6

仕方ないのでCHOさんから熱いコーヒーをゴチになりました。暫くコーヒーを飲みながら今年の反省会と、来年に向けての熱い語り。

 14_7 14_8 14_9 14_10

 14_11 14_12 14_13 14_14

しかしじっとしていられないのがいしちゃん、なんと2サイクル25エンジンのウルサマを持ち出し飛行するという。風は一向に納まる気配がない。

少し甘めのニードルセッテングに変更して離陸した。この小さな機体は引込み脚が着いているのでギャアップすると風下に向かって弾丸のようにカットンで行く。

それでも少し慣れてくるともう風に負けずに飛行している。古い機体だがとてもよく言う事を聞いてくれる。ロールと宙返り、ナイフエッジまで見せてくれた。

着陸も見事に定点着陸、目の前に綺麗の降ろしてくれた。実に見事な飛行であった。こんな風の強い時に飛行するのもまた楽しからずャ。

さて、今日で2011年も幕を閉じました。今年は大変お世話様になりました。出来損ないのブログを1年間見ていただいた皆様に心から感謝申し上げます。

来年もまた馬鹿を言いながら同じような展開を続けていくものと思っています。そして皆様もまた同じように見ていただければ有難いです。皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

|

« 新作機の初飛行 | トップページ | 2012年 辰年 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/43563992

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ大詰め今年最後の飛行場:

« 新作機の初飛行 | トップページ | 2012年 辰年 »