« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月26日 (土)

やっぱりCDIは魅力たっぷり

  2012526_1 2012526_4

  2012526_5 2012526_6

本日飛行場に着くとSGWさんが170エンジンをDZ175CDIエンジンに積み替えていました。機体にはすでにCDIがセットされていて現場では取り付けるだけです。

CDIに積み替えるとプラグヒートをするために電源が必要になりますが、そのために電池を大きくしてレギュレーターで電圧制御をしなければなりません。

電池は7.2Vのリフェ、プラグヒートにはフタバのCPSを使いエンジンカットを使用して切り替えしています。これだけの設備だけでもかなり高価な予算が必要。

準備は着々と進み午前中に取り付けは完成しました。午後からはいよいよテスト飛行に入ります。 

 2012526_7 2012526_20

それにしてもものすごいパーツボックス、CDI使用についてはかなりの部品が増えますのでそのスペアーの用意もさることながら、常にこの程度のパーツを用意するとなるとなかなか大変ですね。

すっかり準備が完成して午後からの飛行に備えてこれから食事です。

 2012526_32 2012526_13

今日はお隣のクラブから有名人が遊びに来てくれました。何時も楽しい話題を提供してくれるニックネーム、エロマスターさんです。

今日の機体は電動のエクスプローラー、32クラスといいますがどうして63クラスほどの大きさです。これを5セルで飛行しますがとてもパワーがあります。

P-13は軽々とこなせますね。以前は八田さんが飛ばしていた機体だそうです。八田さんが自ら改造した世の中にただ1機の機体。

 2012526_31 2012526_30

電池の出し入れは切り出した胴体のキャノピー位置から行いますが簡単に取替えできます。今日は土曜日なので人も少なく飛行は充分余裕があります。

 2012526_14 2012526_15

 2012526_16 2012526_17

何時もだと半分お遊びのような飛行ですが今日はゲストなのでまじめに演技飛行をしています。「なかなかやるね~~」クラブ員の皆さん見とれています。

この日は風もなく本当にいい日でしたからエロマスターズさんも飛ばしやすかったのだと思います。まじめにいい飛行を見せてくれました。

 2012526_34 2012526_36

 2012526_37 2012526_38

さて、CDIに積み替えたミッドレックス、エンジンは初飛行とは思えないほど快調です。スローはポロポロと1100回転くらいに下げても止まりません。

上はものすごいパワーでスロットルをハイにする必要はまったくありません。むしろこの中間域のパワーをどう使うのかが難しいくらいです。

音も静かで言うことなしですね。ワンパターンと5分くらい飛行したところでおろして燃料残を確認したところ、600CCのタンクで1/2残っていました。

これは燃料を食いませんね、これで1年飛行すると燃料代が半分ですみますから、たいぶ予算節減になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

2012年5月19~20日猪苗代湖水上機 -4

201251920_105 201251920_114

会長のサンデーアルファ、が初飛行です。これはキットの図面から切り出して作った自家製品、もちろん水上機としては初飛行です。どんな飛行をするのでしょうか。

 201251920_115 201251920_116 201251920_117

 201251920_118 201251920_119 201251920_120

このフロートは底が平らですから波の静かな時でないと飛行は難しいですね。波があるとぴょんぴょん波に乗ってジャンプして機速がないと頭から突っ込んでしまいます。

今日の水面はこのような状態ですから綺麗に離水しました。上がってしまえばあとは普通に飛び回ります。この程度の機体ならちょっとした水溜りのほうが飛ばしやすいかも。

 201251920_121 201251920_122

可愛くて見てる人は癒されるかもしれませんが、日頃スタント機ばかり飛ばしている人にはチョッと物足りないかもしれません。それでいて離着水は結構技術が必要です。

 201251920_141 201251920_142

 201251920_145 201251920_148

さて、昨日グランドスラムをなくした230さんがわたしのZIGENを飛ばしています。飛ばしやすくて安全に離着水が出来るので安心です。

エンジンのパワーはありませんが飛行には差し支えありません。しかしこのYS91は何故にこの程度しか回らないのでしょうか。詳細を書いてメーカー送りをしても帰ってくれば同じなのです。

ひとつ良い事はエンストは絶対にしないのが特徴です。ですから飛行は安心して飛ばすことが出来ます。こんなエンジンもあるんですかね。

 201251920_109_2 201251920_110 201251920_111

OKWさんのデサフィオ、昨日裏業を使って修理した機体です。今日は果たして飛びますか、??エンジン始動。

実に綺麗に離水していきました。実はもう安心して写真はこの3枚しかありませんでした。今度は気持ちよく飛ばしすぎて燃料切れだそうです。

そして今度は反対側のフローとが外れたようです。今度は本格的に修理しないと飛ばせないと言ってました。

 201251920_151 201251920_153

 201251920_158 201251920_160

ぶんぶんと元気よく飛び回っていたのはCHOさんのカルマート、すっかり慣れて自由自在。離着水も思いのまま。

こうして今年第1回目の水上機飛行会はお開きとなりました。次の飛行会までには又修理をして体制の立て直しです。ではその時迄。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

2012年5月19~20日猪苗代湖水上機 -3

2012

今年の参加は6名、いずれも水上機だァ~~~い好きな面々です。中には初回から1度も欠席したことが無い人がいます。「誰だんべ~~」

初めてのときは持参した機体は全部壊して帰りましたね。壊さないで帰るのは難しかったです。しかも初日に壊れてしまう人がほとんどで夜はすべて修理の時間でしたね。

プランク材がなくてカレンダーの紙でプランクして飛ばしたこともありました。晩飯の割り箸を材料にしたことも1度や2度ではありませんでした。

今ではそんなことをしてまで飛ばす人はいないですけど、しかし修理可能となれば夜を徹して直し、翌日は必ず飛行していました。

 201251920_94 201251920_98

この二人の顔を見れば何が起きたのか分かろうと言うものです。ではフィルムを戻して当日起きたことを再現することにします。

 201251920_56 201251920_57

 201251920_58 201251920_59

 201251920_63 201251920_64

この6枚目の写真はタッチアンドゴーの繰り返しをして再び上がろうとしたときです。小さな波にフロートをはじかれて傾いたときに加速中だったこともあり、あっという間に翼端が水面に当たり、再び跳ね返されて今度は反対側に突っ込んでしまったのです。 

 201251920_65 201251920_66

 201251920_67 201251920_68 201251920_69

エンジンが全回転だったために機体は完全に水に翼を取られ、フロートも全部もぎ取られました。主翼はなんと二つになってしまいました。恐るべき水の抵抗です。

結果はご覧のとおり、この程度の小波でも操縦を誤るとこんなことも起きる教訓です。ボートを漕ぐ手はさぞかし重かったろうと察します。

こんな壊れ方は久し振りですよね。これでは修理をして飛ばすわけには行きません。とまあこんなわけで初日に大破、翌日は私の機体で楽しみました。

 201251920_44 201251920_47

初日の私の写真は230さんが写してくれたこの1枚だけです。明日は230さんに飛ばしてもらい私が写真を撮りましょう。

 201251920_100 201251920_101

二日目の朝は食事前に何時ものところでモーターグライダーを散歩です。可愛いグライダーですからまったく音がせずハンドランチと同じ感覚です。

15分程度の朝のお遊び、これでもスティックの練習になりますかね。

 201251920_102 201251920_103

二日目の朝です。いそいそと機体組み立てをしているのはOKWさんです。昨日破損したフロートは完璧に修理できています。

あの主翼を突き抜けた破損はどうやって修理したのでしょうか。この修理を手伝ったのは私ですが、実は裏業を使って直しました。

本日普通に飛んでくれれば万々歳ですが果たして結果はどうなるのでしょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19~20日猪苗代湖水上機 -2

 201251920_21 201251920_23

続いて230さんがグランドスラムの飛行体制に入っています。陸上機で長い間楽しんだスタント機、水上機として昨年から使っていますが絶好調の機体です。

今年もエンジンは一発で始動。ニードルを合わせると「これがYSのパワーだ」と見せ付けていました。というのは私の91があまりにもパワーがないので比較されていたのです。

 201251920_24 201251920_25

きれいなタキシングから見事な離水、みんなを沸かせます。上空に上がってしまえば陸上機とあまり変わりませんね。ロールも4ポイントも難なくこなせます。

さすがにF3Aのパターンは難しいけどもっとパワーがあればできそうです。きっとみぃちゃんならやってしまうかも。

 201251920_26 201251920_27

しかし水上機ではやっていけない演技が1つだけあります。それはスピンです。特にスケール機のような不安定な機体はスピンに加速がつくと抜けなくなることがあります。

まあスタント機ではそのようなことはないと思いますが、しかし誰もスピンだけはやりません。一度スピンで落とすともうそれからは機体が変わってもやらなくなりますね。

隣では今年からCHOさんにバトンタッチされたカルマートの45が飛行準備をしています。まずはオーナーが飛行の手本を見せてくれます。

 201251920_28 201251920_77

 201251920_74 201251920_72

続いてCHOさんは初めての機体とは思えないいい感じで飛行しています。最初は機体が右に傾いていたので確認をしたところフロートの取り付けが曲がっていました。

すかさず金具にかいものをして調整すると今度はまっすぐになり綺麗に離水していきました。上空ではやはり陸上とあまり変わりませんね。

結構楽しそうに飛ばしていました。2~3回飛行するとすっかり慣れてしまい低空で鋭い旋回を見せたりしていました。CHOさんも水上機に魅せられた一人です。

 201251920_29 201251920_30

 201251920_106

会長のコンドルです。この機体は水上機としての飛行性能も併せ持つ優れものの機体です。実績がありますのでいつ飛ばしても安全に飛行できます。

今日もみんなが飛ばし始めてやや一息ついたところでおもむろに飛行開始。やっぱり安定して飛行しています。まだ水面は静かですね。

 201251920_18 201251920_51

このころになるとそろそろ昼の準備に掛かります、今日の献立は豚汁にお好み焼き、そして焼きソバと盛りだくさんです。

シェフはCHOさんと会長。1時間ほどしてお好み焼きが始まりました。なんだか凄くでかいですね。そしてやたらに多いさつま揚げ??

しかしこういう場所で作って食べるものは何でも美味いと感じます。瞬く間にみんなの胃袋へおさまってしまいました。

 201251920_19 201251920_36

飛行も順調に進んでOKWさんのデサフィオが飛行します。昨年はエンジンにパワーがないといって、今年はYS110に積み替えてきました。

このエンジン交換が命取りになることは誰も予想していませんでした。エンジンは快調に回りパワーも見せ付けるように上がっています。

今年はきっといい飛行が期待できそうだと思っていました。

 201251920_39 201251920_40

 201251920_41 201251920_42

 201251920_43 201251920_49

タキシングで風下へ誘導します。水中舵も良く効いて離水体制から徐々に加速、きれいに水面から離れていきました。

上空ではパワーの違いを確かめるように楽しんで飛行していました。と、突然エンジン停止。「エンスト・・・・・」という声にみんな顔を上げました。

見るとかなり低いところでしかも風下に向いて止まっていました。誰かが「まっすぐ・・まっすぐ・・」と声をかける。しかし本人は少しでも近いところへ誘導しようと旋回しています。

陸上機と違って水面は広いですからどこでも機体を水平にして下ろすことが鉄則です。なまじ旋回をしたために浮力が失われ左のフロートから着水。「ガキッ・・・・・」

やってしまいました。エンストは陸上も水上も同じですよ。初日に壊さないようにしましょう。 

 201251920_70 201251920_71

一見被害が少ないように見えますがなんとフロートの柱が主翼を突き抜けています。これで本日の飛行は終わり。今夜は緊急手術をして明日は飛行できるか・・・出来るhappy01

今夜はみんながカラオケをやっている時間に修理だ・・・。忙しいぞ、ホテル帰りにホームセンターによって材料集めをします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19~20日猪苗代湖水上機

 201251920_2

今年の猪苗代湖到着の1枚です。やや東からの風が吹いており水面は鏡の如し、とはいきませんでした。場所を移動するか悩みましたがここで店開きをすることに決定。

この決定が後に悲惨な事態となってしまいます。その結末は順を追ってご紹介しましょう。とりあえずベテラン揃いということで場所移動について誰も反対しませんでした。(ほんまかいな)

 201251920_13 201251920_54

とりあえず皆さん機体の組上げが終わって勢揃いをしたところです。ここでもほとんどがスタント機というのには驚きですよね。

毎年スケール機の1機くらいはあるのですが今年は1機も無し、なんでスタント機にこだわるのでしょうか、「いや~~なんて言っても 一番壊れないからね」という返事。

そしてそのほとんどが91~110クラス、これも単純に運搬がこのサイズが適しているからという流れです。

 201251920_10 201251920_15

さて、今年の1番鳥はOG2さんです。もう何年も飛行済みの機体ですからまったく不安はありません。この時間ではまだそんなに波がありません。

 201251920_16 201251920_17

あっと言うまに離水、後は何時ものように湖畔を縦横無尽に駆け回ります。低空でのロール、背面、宙返り、普段陸上ではなんでもない演技も水上では見栄えがあります。

そして水面に低いほど楽しいのです。何しろ水面は平らで草木がありません。「当たり前か」ですから背面飛行も超低空飛行が可能なのです。

もちろん水面と付近の安全を確認した上でのこと、よく見ると水面はこの時さざなみが立ち始めています。この波が以外にも曲者なのです。

何しろ画像が多いので時間がかかります。順次掲載していきますので悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

オールジャパン予選に向けてにわかに?

513_12 513_13

昨日大風の中、草を刈ったばかりだというのに今日はもうタンポポの茎が立ち上がっています。いや雑草の生命力はさすがに強いです。

この分では又来週はかなり伸びることが予想されますね。それでも今日は穏やかな日に恵まれて朝早くからたくさんのフライヤーが駆けつけています。

 513_25 513_26

現在オールジャパンの予選が行われておりますが予選会場は白熱した飛行が行われています。今年はどうやら悠平君が現在トップのようです。

まだ会場に行っていませんが来月の予選会には当クラブからの出場者がありますので行ってみたいと思います。

そんなことから今日は練習にこんなにたくさんの人が集合しています。昨日のような風の日には誰も来ませんでしたが今日は待ち時間が長くなりそうです。

 513_21 513_23 513_24

皆さんこれはなんだかわかりますか、実は昨今175CDIの花盛り、CDIといえばスパークプラグを使っていますよね。そのプラグの調子は車のようにいつまでもそのままと言うわけには行かず、火花の調子が不調になることがあります。

これが失火を招いてエンストを起こすことがあるそうです。この小さい工具はプラグの隙間を縮めてやるものだそうです。

微妙な調整なので小さなハンマーでたたくわけにも行かずこのような小さい特殊な工具を作って、プラグの調整をしようというわけです。

希望者には原価でお分けします、とは言っていませんでした。何しろ小さくてお手製で作るにはなかなか難しいそうです。こんな小さいプラグが実車のプラグよりもかなり高価で予備を何本も持つにはかなりの予算が必要だとか。

ラジコンのエンジンもなかなか高級になってまいりましたね。オールジャパンを目指す人はそれなりに予算が掛かりますからなかなか大変です。

検定会あたりでラジコンを楽しんでいる人にはとりあえずお小遣いで心臓のテストは出来ますからこれでもかなり楽しいです。

 513 513_1

そんな中で、なにっ・・なにっ・・なんとミッドレックスを発見、この機体おかPさんが言ってましたけど「関東には5機しかないんだよ」と話してました。

それがなんと我がクラブに入ってきましたよ。JPNナンバーは40何番代が付いていましたから関東より西のほうから婿養子に来たようです。

 513_27 513_28

 513_31 513_32

先週初飛行を済ませたみたいで今日は2週目ということだそうです。エンジンはDZ170がついていますがこれがすこぶる調子がいいです。

まだ機体に慣れていないそうですがとても軽やかに飛んでいました。おかPさんが見たらなんと言うでしょうか。「どこから見つけてきたの・・・」なんて言われるかな。

オーナーはSGWさんです。長い間クラブは休んでおりましたが最近復活したばかりです。これからはどしどし飛行されることでしょう。

 513_3 513_10

こちらはOG2さんのツカーノ、外国製の機体ですがノーズが長いせいかすごく前が重くなってしまいます。後ろにかなりの錘を積んでバランスをとりました。

 513_35 513_36 513_39

 513_40 513_41 513_42

2サイクルの60エンジンですが音の割には走りません。それでも離陸は結構スケール感があってそれなりに楽しいですね。

たまにはこのような飛行機を飛ばすのも楽しいものです。何回もローパスをして沸かせてくれました。

 513_46 513_48

ローパスの写真です。鼻歌交じりで今日はのんびり飛行です。来週は今年第1回目の猪苗代湖水上機旅行が待っています。

今のところ天気予報はなんとか晴れの予想です。その前哨戦でこのような機体を持ってきたのかな??今日はゆっくり楽しんでいってください。

 513_51 513_50

こちらはOKWさんのデサフィオです。よく見ると主翼の下に金具が付いています。これはフロートを取り付ける金具です。

実は来週の猪苗代湖へこのデサフィオを持っていくのです。91エンジンを下ろして今年は110Sに変更されています。今日はそのエンジンテストに来ていました。

テストは素晴らしい回転でパワーが有り余っている感じです。今までは上空でパワー不足を感じていたというので今年はさぞかしいい飛行を見せてくれることでしょう。

 513_54 513_55

 513_56 513_57

さて、ここからが本番です。来月のオールジャパンを目指して練習も最高潮に達してきました。今日は風が無く練習には好条件です。

みぃちゃんの機体が飛行に入ります。CDIエンジンも順調に仕上がって後は飛行に全精力を入れています。競技はなんて言ったって一発勝負ですから時の運もあります。

 513_58 513_60

今日の表情を見れば何時ものように笑っていません。真剣に飛行しています。この調子で夕方まで練習すればかなり納得する飛行が期待できそうです。

後ろで見ているのはタムさん、同じくエントリー組みです。

 513_61 513_62

続いてえびちゃんのアクシオーム、同じく激練習です。

 513_63 513_64

 513_67 513_68

この時間になると風は穏やかになり吹流しもご覧のようにそよ風です。ますます練習に力が入りますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

飛行場復旧しました

 512 512_6

 512_5 512_4

先週水没した飛行場ですが本日は水も引けてよく乾いており何の支障もありませんでした。早速草を刈りました。今週は我々が当番です。

これからは草の伸びが速くて特に夏場は刈り取った草が回転刃に抵抗になって草刈り機がオーバーロードになってしまいます。

新しい草刈り機を大事に使うには飛行場の中心部から外回りで刈ってだんだん草が抵抗になったら外周から外飛ばしに変更して草をそのままにして最後に刃を1段上げて外回りに飛ばす方法をとりました。

これなら草刈機に無理が掛からずに刈った草を機械で飛ばすことが出来ます。ただし草があまり伸びない今の時期はこれで良いのですがもっと草が伸びてくるとこの方法でも難しくなるかもしれません。

いずれにしても草刈機にあまり負担が掛からないようによろしくお願いいたします。

ところで今日は草を刈った後は北風がビュービューでフライトは出来ませんでした。明日の日曜日は予報なら穏やかな1日が期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

飛行場水没しました

 2

ご覧ください。飛行場本日の写真です。今日はたまたま技師長が飛行場を訪れてわかりました。本当にびっくりです。

昨日から利根川の水嵩を心配して河川情報など調べておりましたがまさかこんな状態になっているとは露知らずです。技師長、画像をありがとうございました。

この状態では1週間で引くのかチョッと心配になってきました。いずれにしても明日からの2日間は飛行できません。水上機なら飛行できるかも、(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »