« 久しぶりにスケール機登場 | トップページ | 入梅はまだまだ続きそう »

2012年7月 1日 (日)

スピットファイヤーの超難しい飛行

 2012630_5 2012630_7

先日エンジン不調で飛行できなかったOG1さんのスピットファイヤー、本日OS65LAエンジンの新品を取り付けてきました。

エンジンが新しいので1タンク地上でブレークして調整します。エンジンのハイとスローが決まりいよいよ飛行開始となってスタートと思いきやしきりに誰かを呼んでいます。

どうやらテストパイロットにみぃちゃんを指名したようです。「やだよ俺は・・」とみぃちゃんは渋り顔、でも「お願いします」といわれてやむを得ず送信機を受け取る。

 2012630_3 2012630_8

 2012630_9 2012630_11

みぃちゃんはもう一度エンジンの調子を自ら確認するといよいよスタートします。幸い風も穏やかでテスト飛行にはお誂えのようです。

するすると走り出した機体はまだエンジンの回転が上がらぬうちに「ふわっ」と離陸してしまった「なんだよ・・・・これは」・・・ふらふらする機体をエンジンをふかして安定に持っていこうとしたが、なんとこのまま宙返りをするほどの状態。

エレベーターをオールダウントリムにしてもまだ上がってしまう。仕方なくスティックダウンで飛行するがエレベーターを放すとピッチングがひどい。エルロンの効きも甘い。「どうすんだよ」・・・

 2012630_12 2012630_13

エンジンをスローにすると失速状態に入ってとても危険。どうやら重心位置不良で頭上げがひどい。「どうやって降ろすんだよ」さすがのみぃちゃんも打つ手なし。

飛行中に送信機の調整をしたいが機体が不安定でそんなひまはなし。「何とか着陸してみるよ」機体を場内に持ってくるがエンジンの回転を落とすといきなり失速して落ちそうになる。エレベーターをダウンで押さえているのでさすがのみぃちゃんでもピッチングを抑えられない。

「壊れるかもしれないけど降ろすよ」意を決して着陸を試みる、最後は案の定1メートルくらいの高さから失速して翼端から着いてしまう。

幸い主翼が外れて胴体に少しひびが入っただけで何とか回収。今更ながらスケール機の重心位置不良に改めて恐怖を感じた。

スピットファイヤーってこんなに難しい飛行機だったっけ????とにかくスケール機の重心あわせは図面どおり正確にしよう。

|

« 久しぶりにスケール機登場 | トップページ | 入梅はまだまだ続きそう »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/46140128

この記事へのトラックバック一覧です: スピットファイヤーの超難しい飛行:

« 久しぶりにスケール機登場 | トップページ | 入梅はまだまだ続きそう »