« 今日は蒸し暑い1日で風も強かった | トップページ | ZIGEN水上機を作ろう(完成) »

2012年7月16日 (月)

ZIGEN水上機を作ろう(NO3)

Zigen2012628_3 Zigen2012628_5

主翼を胴体に取り付けたところです。前側のかんざしは8ミリのジュラコン、これは主翼の止める位置をケガいておき8ミリのアルミパイプを短く切ったものを合わせておきエポキシで止めます。

一度外してからドリルで8ミリの穴を開けジュラコンを差し込んでエポキシ接着をすればOKです。後ろ側の止めネジの穴は3ミリのキャップビスを使い朱肉であわせておいてドリルで穴を開ければこれもOK。

ここまでくれば後はフロートを一気に作ります。

 Zigen2012714_2 Zigen2012714_4

このフローとはテトラのフロートをそのまま写したものです。とてもよく設計されていて作るのも簡単です。もっといいところはとても軽くて性能が素晴らしいものです。

側板に胴枠をはめ込んでいけば勝手に組みあがります。そしてフローとの支柱をどの位置に持っていっても取り付けが出来る構造でまことに便利なものです。

 Zigen2012714_6 Zigen2012714_7

フロートの側板は3ミリバルサですが上下は2ミリバルサのプランクです。貼るのは横目に貼っていきます。底だけ貼ればかなりしっかりしてきますので仕事が楽に出来ます。

 Zigen2012714_11 Zigen2012714_12

フロートの底板を貼った段階で中側にレジンを塗って万が一水が入るのを防止します。これをやっておけばある程度は安心です。

しかし万全ではありません。後は外側を絹張り塗装で仕上げればそれで完全です。

 Zigen2012714_14 Zigen2012714_15

 このベニヤ板はフロートの支柱を支えるために使うものです。片一方に2枚使って支柱を通します。角度はその機体によって違いますのであくまでも現物合わせです。

 Zigen2012714_16 Photo

フロートの内側に塗ったレジンが乾いたら今度は底の部分にグラスを張って小石に乗り上げても穴が開かないように養生しておきましょう。

そして忘れてはならないのが前側の水切りチャインです。これはホームセンターの8ミリ三角材を水に浸してフロートのRに合わせて貼り付けます。

そしていよいよ支柱の高さを決めます。今回はエンジンが110~115だというのでプロペラが14インチになりますので私の機体より2センチ高くしました。

 Zigen2012714_20 Zigen2012714_21

フロートの支柱はこんな取り付け方になります。金具は主翼にあらかじめ取り付け位置をケガいておき先ず金具を取り付けて見ましょう。

金具は 水面側を4ミリ螺子にしてタップを切り、機体側を3ミリタップを切ります。つまり機体側はガイドとして差し込むだけにして水面側の4ミリだけを蝶螺子にします。

こうすればフロートをワンタッチとは行きませんが蝶螺子1個で取り外しが出来ます。道具が不要で出来るので現地ではとても重宝です。

 Zigen2012714_25 Zigen2012714_26 Zigen2012714_27

フロートの上部はまだプランクしていませんが取り付けてみますとこんな格好になります。これで前側が48.5センチ、後ろ側が49センチとなり5ミリ後ろが広くなっています。

これが今までの経験値です、この状態で機体は綺麗に離着水出来るはずです。

|

« 今日は蒸し暑い1日で風も強かった | トップページ | ZIGEN水上機を作ろう(完成) »

ZIGEN水上機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/46326552

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN水上機を作ろう(NO3):

« 今日は蒸し暑い1日で風も強かった | トップページ | ZIGEN水上機を作ろう(完成) »