« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月27日 (土)

真横からの風でも果敢に飛行中

 20121027_1 20121027_2

今日は真横からの風が結構強く吹いています。それでも皆さん平気の平左で飛行していました。私も1回飛行しましたが着陸が難しく1回で飛行終わりでした。

 20121027_3 20121027_4

 20121027_5 20121027_7

OGW1さんのアディクション、横からの風なので右からでも左からでも離陸できますがラダーの当て舵が結構難しいです。

機体はすぐに風のほうへ頭を向けたがりますがそこをヨシヨシしてまっすぐ離陸します。こんな時のラダーの使い方でも個性が出ますね。

 20121027_33 20121027_35

正にこんな風です。風の対処についてはとてもいいチャンスです。機体が手前手前に来たがるものを風を読んで対処するのは結構楽しいものです。

上手な人はまったく手前に来ませんね。水平飛行でもただまっすぐに飛ばしたのでは寄ってきてしまいどうにもなりません。

 20121027_9 20121027_8

皆さん交代で風の対処について「こうだああだ」と大騒ぎ、その甲斐あって何回目かの飛行では風の変流を会得できたようです。

「やれば出来るじゃない・・簡単だよ」なんていってます。しかし何時も同じ風が吹くわけではありません。どんな風にでも対応できるようになるには大変です。

 20121027_32 20121027_34

ここでエクスカリバーのSGWさんが飛行します。時折強い南風になったりします。こんなに風がぐるぐる回る日も珍しいですね。

 20121027_36 20121027_37

南風が吹いたので左側から離陸します。離陸するとすぐに前風に変わります。それが結構強い風です。離着陸は充分な注意が必要です。

 20121027_40 20121027_41

 20121027_42 20121027_43

飛行が終わって着陸進入コースへ入ってきましたがご覧のように機体は利根川方向へ機種を向けようとしています。何とかなだめすかせて無事着陸。

「着陸は結構いやらしいね。」と笑って言いました。まあMDクラスの人ならば何のことはないのかも知れませんがEDやPDクラスの人は脚を壊す危険があります。

 20121027_10 20121027_11

 20121027_12 20121027_14

えびちゃんのアクシオーム、ご覧のように今日は上の補助翼が自作の小さいものを付けています。このほうが風に影響されるのが小さいようですね。

最近はもっぱらこの小さい翼をつけて飛行しています。確かにかなり安定して飛びますね。45度上昇スナップなどは、くるっと気持ちよく回ります。

風に影響されないように飛んでいます。最近ではフリーダムよりこちらの機体を好んで飛ばしています。

 20121027_17 20121027_19

 20121027_20 20121027_23

なかなかいい飛行でした。風が吹いていることを忘れるほど安定して飛行していました。

 20121027_24 20121027_28

これはOGW2さんのグットショット、風の中果敢にスタートです。まだEDの演技は封印したままですがアドバンスの演技を練習中。

 20121027_30 20121027_31

真剣な顔をご覧ください。でもこの風の中で飛行できるのはかなり好い度胸をしています。最近ではこの程度の風でも平気で飛行しています。

腕を挙げたのでしょうか、それとも怖いもの知らず・・・これは失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

今日もフルサイズが集合しています

 20121021_3 20121021_6

先週は猪苗代湖へ水上機遠征飛行会に行ってきましたが、やっぱり根っからのラジコン好き、今週はもう何時もの飛行場に戻っています。

「水上機もいいけどフルサイズの飛行もいいね」とニコニコです。どういうわけか今週もお天気は上々です。風もなくいい飛行日和になりました。( ^ω^ )

OKW、OGW2さんです。機体が何機もあるのでいつでも飛行することが出来ます。羨ましいです。

 20121021_8 20121021_7

こちらは230さんと1035さん。230さんは先日修理したマウントをつけて機体が帰ってきました。機体は115のアクシオーム。

「今日1回飛ばしたけど順調・・( ^ω^ )」と言ってました。どうやら元へ戻ったようです。

 20121021_9 P10203281

KOZMさんのフリーダム、最近はCDIの調子も戻って快調に回っています。エンストがないので練習に専念できます。

私は相変わらずお遊び飛行で1日いても1回か2回の飛行です。今年はこのままで終わりそう。 crying 来年こそは・・・

 20121021_13 20121021_11

 20121021_14 20121021_18

OKWさんのアストラルです。最近はもっぱらこの機体で練習しています。やはり飛ばしやすくて安全ですね。note「型は古いがしけには強い」noteなんてね。

 20121021_21 20121021_22

 20121021_23 20121021_25

 20121021_26 20121021_29

帰りにお隣の境フライングさんに寄ってみましたら、長谷川さんとエロマスターズさんがマジで練習していました。

長谷川さんはよく手入れの行き届いたゼクー、エロマスターズさんは電動機を飛ばしていましたが2人なので何回でも飛行できると言っていました。

暫く振りで飛行場を見せて貰いましたが手入れが良く行き届いていて飛行環境はグットでした。今年は合同飛行会が出来ませんでしたが来年はぜひやりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

猪苗代湖水上機飛行会二日目 --2

 20121013_128 20121013_129

こんな静かな湖は初めてとばかり001さんの電動のマッキが行きます。まったく波が立っていないでしょう。この日ばかりはと離陸に向かいます。

 20121013_130_2 20121013_131 20121013_132 20121013_133_2

見ていても気持ちいいくらいスケールっぽく離水します。毎年機体は持参しますがあまり飛ばす条件に恵まれませんでした。今日は違いますよ。

この表情を見れば分かります。今日はスタント機を飛ばしたのは2回だけ後は終始マッキさんでした。よかったよかった。

 20121013_135 20121013_136

どうですか、紅の豚さんにチョッと似ていますが なかなか絵になってるでしょう。本人はすっかり気に入ったようです。ほとんど帰るまで飛行していました。

 20121013_157 20121013_159

さあ、じゃじゃ馬の230さんの機体です。陸上機では飛行済みですが今回は真新しいフロートを履かせてきました。エンジンは115S。

パワーがあるので全開にするとこんな大きな機体をものともせずに引っ張っていきます。

 20121013_152 20121013_154

 20121013_150 20121013_162

飛行もぶっ飛んでいきます。ナイフエッジなんて朝飯前、広い湖を縄張りを誇示するかのように飛んでいました。カメラさんも追うのに大変だったろうと思います。

ただ機体が張子のように骨組みフィルムなのでエンジン音が反響してややうるさ型です。

 20121013_210 20121013_211

 20121013_212 20121013_213

OGW1さんのシーハンターです。この人は飛行機作りが早くて上手い。この機体も今年で2回目飛行です。まあスタンダードな機体ですからテスト飛行も何もないです。

いつも通りエンジンをかけてす~~と上がっていきます。一回目はエンストしましたが2回目以降は快調に飛んでいました。

 20121013_160 20121013_161

ひとしきり飛ばした後は快い疲れ、「さあて・・いっぷくだぁ」暫くみんなの飛行機を眺めながら掛け声やら冷やかしに回っています。

20121013_224 20121013_218

001さんのZIGEN、今では一番長生きしている機体です。もう10年以上でしょうか。今日はマッキのほうが良くてZIGENはこの飛行2回だけでした。

 20121013_230 20121013_231 20121013_232 20121013_233

絶好調のOKWさんのデサフィオです。もう楽しくてしょうがないと言う感じが飛行にも現れていてタッチアンドゴーを繰り返していました。

修理したフロートも完全のようで前より飛ばしやすくなったと言っています。

 20121013_234 20121013_235

CHOさんのカルマートが飛行準備に入っています。実績のある飛行機ですから誰が飛ばしても良く飛びますね。今日みたいな日なら離着水も跳ね上がらずに綺麗に降ります。

エンジンも絶好調。2サイクルエンジンはいいですよね。調整が楽ですから。

 20121013_236 20121013_239

 20121013_242 20121013_246

ひとまず飛行中の写真をどうぞ。まったく安定して飛んでいます。私が1番先に壊したのでCHOさんが貸してくれました。

私は鬱憤を晴らすように燃料目一杯まで飛行させてもらいました。いや~~楽しかったです。水上機の魅力はやはり飛ばした人しかわからない事が改めて確認できましたね。

以上が一通りの飛行ですが私が壊したために写せなかった機体が何機かあります。誠に申し訳ありませんでした。今後はこんなことのないように努力します。

後たくさんの画像は少し整理して写真館にでも貼り付ける予定ですが暫くお待ちください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猪苗代湖水上機飛行会二日目

 20121013_43 20121013_42

さて、一夜明けて二日目はそれはそれは素晴らしい晴天で、風もなく湖は鏡のようです。波はまったくなくどんな機体でも自由に飛行できました。

これはブログで紹介した北海道の人が作ってくれたと言うアイちゃん、フロートの出来も素晴らしく、可愛い水中舵まで付いています。

あとはどんな飛行をするのか楽しみです。風がないので期待が持てそうです。

 20121013_45 20121013_48

今回ゲストの東京イーグルクラブのIMAさんのフライベービーです。綺麗に塗装された機体です。陸上機では飛行済みのようですが水上機では本日が初飛行。

 20121013_50 20121013_51

結構手が込んでいて一見何もない尾翼かと思いきや、目を凝らしてみるとなんと透明の水中舵が付いていました。ここらあたりがベテランの巧みな技ですね。

 20121013_60 20121013_61

 20121013_62 20121013_63

OGW2さんのデサフィオです。これはもう毎年実績がありますので準備が整うとすぐに発進です。毎年一番鳥ですが今年も同じかな??

綺麗に離水しました。風が吹かないうちにと皆さん準備が忙しいです。次々と皆さんの飛行が続いています。

 20121013_64 20121013_65

さあ、毎年離水が出来ずにいたエキスプローラです。昨年は何とか飛行しましたが納得いく飛行ではなかったようです。今年はどんな整備をしてきたのでしょうか。

何と今年はフロートを主翼に装着して万全の整備でスタート待ちしています。一見支柱が短くてプロペラに水が当たりそうなのとフロート取り付け角度が若干前上がりが気になりますがどうでしょうか。

 20121013_80 20121013_81

さあエンジンスタートです。今年は一発で飛んで欲しい。フロートは完璧に主翼に取り付けられています。

 20121013_83 20121013_84

水上タキシングは水中舵も充分効いてなかなかいい調子です。ゆっくり風下まで誘導するといよいよ走り出しました。毎年ここから飛び上がらず苦戦していました。

ところが今年はなんと言うこともなく普通に離水しました。「飛んだ飛んだ・・・・」本人が一番喜んでいました。ちょっとダックスフンドみたいな感じですが安定しています。

 20121013_86 20121013_87

この顔を見ればよくわかります。こんなに簡単に飛ぶことがよくわかったみたいです。私も借りて飛ばさせてもらいましたがとても飛ばしやすくていい感じでした。

 20121013_66 20121013_67 20121013_68 20121013_70

 20121013_73 20121013_76 20121013_77 20121013_182

ゲストのIMZさんがフライベィビーをスタートさせました。なかなかスケール感があっていい感じです。上空でもスタント機と変わらない飛行が出来ます。

スピードがスタント機よりはゆっくりなので見ていてとても安心感があります。離着水も完璧でタッチアンドゴーを何回やっても安定していました。

やっぱりスケールやセミスケール機は飛んだときは絵になりますね。タッチアンドゴーも実にスムースです。本日は本当にいい日に当たりました。

 20121013_137 20121013_138

いよいよアイちゃんが初飛行に出かけるようです。この手の込んだ製作は北海道の人が製作した逸品です。フロートも機体もピカピカです。

 20121013_140 20121013_142

 20121013_144 20121013_203

アイちゃんは何の問題もなく綺麗に離水しました。みぃちゃんの満足そうな顔をご覧ください。真ん中の方は当クラブの初代会長さんです。

本日我々が来ることを知って迎えてくれました。有難うございました。

20121013_112_2 20121013_113_2

さて、CHOさんのツインマリーナが飛行準備に入りました。先週飛行場にてエンジンの慣らし運転を済ませて本日に備えていました。

エンジンスタートしましたが2つのエンジンは気持ちよさそうにとてもよく同調しています。水上機と言えばツインーナと言うほど、水上機の代名詞になりましたが私はまだ片肺で飛んだマリーナを見たことがありません。

多くの方が片肺でも飛行できるといいますが、実際には見ていません。私のマリーナは片肺で見事に墜落しました。もう10年も前の話ですが。wobbly 

 20121013_204_2 20121013_206

 20121013_125 20121013_124_2

 20121013_196_2 20121013_117_2

このマリーナは修理をして若干重くなったとは言え、むしろどっしりとした重厚な飛行を見せてくれました。初飛行を成功させたのはCHOさんです。

なんだかもう何回も飛んでいるような飛行で、爽やかなしゃべりをしながら「こんなもんでいいですか?」と言う具合です。

タッチアンドゴーも見せてくれましたが、まったく危なげのない見事な離着水でした。「いゃ~~、飛ばしやすいね~~」と言いながら今度はみぃちゃんにバトンタッチです。

この後、ここでとんでもないことが起きます。

 20121013_145_2 20121013_149_3

ボートの下に胴体が見えますが、これはみぃちゃんが助けに行ってくれた写真です。実は私のZIGENの胴体です。主翼とフロートは影も形もありません。

エンストのOGwさんの機体を取りに行ったときの写真です。私の記憶では水上機にここへ来てボートのお世話になったのは何年振りでしょうか。

本日はあまりにも飛行日和でめったにないベタ凪ぎ、みんな次々と飛行する中私も負けじと飛行開始、いいとこ見せようと低空でロール、打ちミスでとんでもないへまをやらかしました。情けないやら悲しいやら、いよいよ焼きが回ったな~~。

来年はZIGENの製作をしなければなりません。えらいことやっちまった。あほや、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

猪苗代湖水上機飛行会

20122_3  

今年最後の猪苗代湖水上機飛行会が10月13~14日に開催されました。今年の水上機はハプニングの続出で沸きに沸きました。

およそ250枚位の画像がありますが使えるものは約半分位かな、なかなかカメラで表現できないものばかりで、つくづく動画がほしいなぁ~と思いました。

先ず初日ですが到着した時点で風速約9メートルから10メートルぐらいの強風で、湖は波が強くとても飛行どころではありませんでした。立っていても体か動かされる程です。

午前中は風の中、バーベキューでもやるしかないとあきらめていたところへ隣の川間クラブと柏ラジコンクラブさんがやはり風に流されて合流、とても賑やかになりました。

トップの集合写真は2日目の朝、撮影したものです。二日目の午前中はそれはそれは波静か、風もなくべたなぎの水上機日和でした。

画像公開までには数日かかります。暫くお待ちください。

20121013_5 20121013

何時もの場所は到着時はこんな感じです。静止画では一見穏やかそうに見えますがそれこそ立っていても身体がゆすられるような強風が吹いています。

湖に向かって後ろに高い木の防風林があるので風が遮られて波はそれほど立っていませんが、水上機を飛ばすにはとても難しい条件です。

 20121013_1 20121013_2

風が強く吹くときはこの場所へ移動して飛行が出来るところですが、40分かけて視察に行きましたが何とここのほうが波が高くとても飛行できるどころではありませんでした。

そしてここからは川間模型クラブと柏ラジコンクラブの皆さんが果敢に強風に挑戦する画像をお届けいたします。暫くその高い技術をご堪能ください。

と言っても動画ではないのでお伝えするのは無理だろうと思います。

 20121013_11 20121013_10

 20121013_12 20121013_13

川間模型クラブの鈴木悠平君です。オールジャパン優勝や数々の実績を持つ少年ですが今まさに伸び盛りでどんな条件でも飛行しろと言われれば完全に飛ばすことの出来る凄い実力を持つ選手です。

お遊びでもその技術は如何なく発揮されて、この風でも何時もの電動機エキストラ300を持ち出してあっという間に片手でひょいと持ち上げ、するすると上がっていきました。

後は風の中縦横無尽に飛び回り見ている人を飽きさせません。静止画では風をお伝えできませんが本当に凄い風なのです。

 20121013_15 20121013_14

 20121013_16 20121013_38

 20121013_35_2 20121013_36

 20121013_39 20121013_37

  20121013_40 20121013_18

この一連の写真を見れば少しは状況が分かるかもしれませんが、画像の通り着陸は風が無いごとくフワァッと砂地に着陸です。

着陸してからのほうが風に飛ばされるようでした。我がクラブの副会長がビデオカメラを回しているようなので暫くたてばクラブのホームページで公開されるでしょう。

ホームページはここです。http://www.geocities.jp/tamu1643/main/menu_j.htm

 20121013_7 20121013_9

我がクラブでは飛ばす人は皆無、みんなバーベキューの準備に余念がありません。何しろ風が強いのでテーブルの上のものが吹き飛んでしまいます。

 20121013_26 20121013_28

 20121013_29 20121013_31

その間に悠平君は今度はステージの110で飛行します。湖は後ろの防風林に風が遮られてそんなに大きな波がありません。その中をステージ110が発進しました。

まったくこの人は風なんて関係ありませんね。飛び上がった機体は湖の上を普通に飛び回っていました。着水をどうするのかなんて心配はご無用でした。

風に正対した機体は一番いい状態までホバリングしてチャンスがあるとその時に着水しているのです。まさに特殊技法ですね。初日はここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

勤労感謝の日は晴天でした

  2012106_56 2012108

昨日の検定会は雨で流れたと思うのは早計、雨が降ってもやるときはやる。そんな感じで小雨降る中、9時半過ぎにはスタートしたようです。

3名のエントリー中、合格者は1名と言う結果だったようです。

さて、今日はいい日でした。勤労感謝の日、チョッと風が回っていましたがおおむね1日飛行日和でした。ゼロ戦も気持ちよく飛んでいました。

今週はいよいよ猪苗代湖へ遠征飛行会です。ツインマリーナが何とか出来上がったようです。素晴らしい塗りで白を基調にしたシンプルなデザインです。

  2012108_1 2012108_2

裏は船が草色です。上空に上がってどんな風に見えますかね。今日はエンジン調整で持って来ました。エンジンは32です。

 2012108_3 2012108_4

OGW2さんのグットショット、今日はエンジンがなかなかかかりません。調べてみるとマウントの止め螺子3本のうち2本が無くなっていました。

早速ばらして取り付け直しです。すると今度はプラグヒートの差込がゆるくなって接触不良を起こしヒートしないためにエンジンがかかりません。

やっとの思いで応急処置をして何とかエンジンがかかりました。早速飛行開始。

 2012108_5 2012108_7

そしたら何と離陸でエレベーターの引き過ぎで急上昇。思わず苦笑いをしています。それにしても何時も元気でクラブをリードしてくれる人です。

私もいろいろお世話になっている1人です。飛行場で一緒のときは整備士をかっていますので、トラブルやたいがいの応急処置には対応できるようにしています。

 2012108_13 2012108_14

会長のYAKです。発泡スチロールの機体ですけどとてもよく出来ていて手軽に飛行できるのがいいですね。今日もフルサイズの合間に楽しんでいました。

 2012108_30 2012108_31

これはみぃちゃんのポンコツアイちゃん、懐かしい機体ですけどいまだに存在しているのは名機といえるのかな?それとも単なるノスタルジア。

この機体にフロートを履かせて水上機で飛ばそうとしています。とりあえず今朝方出来たばかり。機体は北海道の人が作ってくれたそうな。

それはそれは素晴らしい出来栄えでピカピカです。マウントもクリア塗装済みで最近このような凝った飛行機は見たことがありません。

 2012108_26 2012108_27_2

 2012108_28 2012108_29

さて、ツインマリーナのエンジン調整が始まりました。この機体を最初に作ったのは機体を押さえている人、破損した機体を修復したのはみぃちゃん。

元のオーナーは「欲しいなぁ・・・・」とため息、みぃちゃんは壊れた部品を取り寄せてすっかりよみがえらせました。エンジンはOS32.

ハイとローを入念に調整、時間が掛かりましたがどうやら上が11.300下が2900回転ぐらいでとてもよくシンクロしていました。

今週は天気がよく風もなければ水上機の情報満載でお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

検定会前日の飛行場

 2012106 2012106_2

久々に1035さんが出席です。今日も綺麗に整備された「ア、シュラ」を見ることが出来ました。思わずカメラを向けたくなる機体です。

私の機体はプロペラなどあまり拭いたことがないのですが、1035さんの機体は元よりプロペラもいつも綺麗に拭いてあり、まるで新品のように綺麗でした。

 2012106_3 2012106_6

又、今日はお隣さんのクラブから永ちゃんズの隊長さんと、エロマスターズさんが遊びに来てくれました。飛行場は久しぶりに和やかな雰囲気で楽しかったです。

何しろ話題豊富なお二人、話は尽きずにクラブ員にモテモテです。明日は検定会ですが今回はエントリーしていないそうです。

永ちゃんズのブログです http://astralx.blog.ocn.ne.jp/blog/

 2012106_9 2012106_13

こちらは明日の検定会に向けて練習中の機体です。今日は風が北になったり南になったりと練習にはどちらも飛行できる絶好のコンディションです。

 2012106_15 2012106_16

ここでエロマスターズさんが飛行を見せてくれました。機体は隊長さんが長年息子みたいに可愛がっていたアストラルです。

 2012106_17 2012106_19

エンジンは170ですが調子は最高です。一発で始動すると慎重にアイドリングを確認、風はおよそ無風状態なので南風で離陸しました。

 2012106_20 2012106_22

冗談を言いながらかるくP-13を飛行してくれました。演技はもうすっかり完成していて、あっさり流していると言う飛行でしたがなかなか見事なものでした。

クラブ員もすっかり見とれています。普通は他のクラブへ行くと飛行場の環境とか多少緊張があってなかなか普段の飛行が難しいと聞きますが、この人に限ってはまったく普通でした。

 2012106_25 2012106_26

こちらエクスカリバーは北風で練習していました。明日の検定会は北風が吹くと予想してのことです。「やっぱり北風はまだ慣れていないなぁ~」本人の弁です。

 2012106_27 2012106_29_2

北風ではまだ数回しか飛行していませんが何とかクリヤーできたようです。普通右利きの人は左から離陸が得てで右からの離陸は不得手とされています。

しかしどちらからの飛行もできるようにならないと本当の達人にはなれないのでしょう。

  2012106_30 2012106_31

ここで永ちゃんズの隊長さんが飛行してくれました。機体は愛用のアリエスです。

  2012106_32 2012106_33

エンジンはもちろんCDI、綺麗に離陸していきます。

  2012106_34 2012106_35

上昇中のアリエス、今日の天気予報は午後から雨の降る確立が高くなっているせいか、雲がだいぶ多くなってきました。

  2012106_36 2012106_39

離陸するとすかさずエロマスターズさんがカメラを構えていますがどこを写しているのでしょうか? カメラ目線はちょっと下過ぎるのでは?

クラブ員は久々の来客の飛行に見とれてます。隊長は「人の飛行場で飛ばすのは緊張するなぁ」と言いながらも独特のリズム感で飛行中。

  2012106_38 2012106_40

多分滑走路の前はすぐ川ですから多少気になったかと思います。しかし飛行してしまえばすぐに自分の飛行に戻ります。やはりMDクラスの人は違いますね。

 2012106_41 2012106_42

続いて我がえびちゃんの飛行です。機体はアクシオーム、やはり明日の検定会を意識して北風飛行を練習しています。

 2012106_44 2012106_45

明日に備えての飛行準備はすべて完成したようです。私も明日は雨が降らないことを祈りつつ皆さんの飛行を写していました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »