« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

今日はいいラジコン日和です

 Pb250024 Pb250023

今日は11月では一番いい日になりました。驚くなかれ13機のフルサイズが集まったのも今年初めてかな??風もなく穏やかです。

小さなゼロ戦が私だけで後はフルサイズばかり、土手下には車が13台並んでいます。今日は熊谷では熱戦が繰り広げられているはずです。

私は最近検定会に行ってませんがたまには行って現場の写真を掲載しないといけませんね。検定会も今ではベテランのおじさんばかりのようで相変わらず若い人は少ないようですね。

 Pb250002 Pb250007

今日もこんなに多いと順番が回ってきませんね、飛行していない時は集まって品評会をやっています。こんな時間が一番いろいろなことを学ぶときです。

クラブには結構自作派がいますのでノウハウを学ぶことが出来ます。又熟練者から実戦に関するヒントや新情報を知ることも出来ますのでとてもいい時間です。

私なんかこの時間のほうが好きですね。もうあまり飛行は出来ないので・・・

 Pb250006 Pb250008

きょうはKDOさんが懐かしいZIGENキャットを持ってきました。引っ込み脚全盛時代の1機です。2年ほど前に主翼を修理してから飛んでいるのを見たのは数回です。

 Pb250009 Pb250010

 Pb250011 Pb250012

 Pb250013 Pb250014

綺麗に離陸して行きました。もうすっかり飛行には慣れたようです。後ろに立っているのが元のオーナーの001さんです。チョッと心配そうかな。

機体は10年以上は経過していますね。当時の主翼はこんな感じでした。

 1234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

ホットリンボーの電動機改造

  Pb250005 Pb240011

またまたSGWさんが変わった機体を持ってきてくれました。だいぶ昔に作った32の「ホットリンボー」チョッと懐かしい機体です。

もう処分しようと思ったそうですが、今月のラジ技に載っていたOSのモーターを使って電動機に改造してみたと言うのです。さてさて、どのように変わったのでしょうか。

モーターはOS OMA 3820 アンプはOS OCA-150 電池はリポの3セル、2200ミリアンペヤです。この組み合わせでどのような飛行をするのでしょうか。

 Pb240009 Pb240008

何しろ改造ですからなかなか思ったようには行かないところがあります。それでも電池を横積みにして何とかスペースを確保しました。

もう少し大き目の電池を積みたいと思ったようですがスペースの関係でこれが精一杯のようです。それでも何とか重心合わせも克服できていよいよスタートです。

 Pb240003 Pb240004

機体をセットしてスロットルを上げるととたんに急上昇、そのパーワーの強さにびっくりです。おそらく32エンジン並の強さで、ひょっとしたらそれ以上の強さで機体を引っ張ります。

 Pb240024 Pb240025

 Pb250018 Pb250021

まあ面白いようによく飛びます。背面飛行も安定そのもの、エンジン飛行機となんら遜色なし、むしろ静かで音がしないのでとても爽やかです。

もうこのクラスは電動機に変更するべきと言う感じがします。それくらいよく飛ぶし静かで他人の迷惑にならないですね。

 Pb240027 Pb240030

着陸もやりやすそうですし、何といってもエンストがありません。機体は汚れず壊すこともありませんね。ラジコンの入門には絶対お勧めです。

本人も処分しようとした機体がとても可愛くなったようです。これなら昼休みにも飛行できますし音で迷惑はかけませんね。

ただし電池が2200ミリなので飛行時間は5分ほどです。これで電池の消耗は70パーセントくらいです。タイマーは絶対にかけて飛行してくださいね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

木枯らし1号が吹き荒れた

 Pb180049 Pb180050 Pb180051 Pb180052

 Pb180053 Pb180054 Pb180055 Pb180056

本日は朝から北西の風が強く飛行場に集まった面々は雑談会になってしまった。ただOGW2さんはこの風の中、2回も飛行した勇敢な男であった。

風速は9~10メートル位あったと思う、機体スタンドに置いた機体が吹き飛ばされる風だったのでそのくらいは吹いていたと思う。

しかし飛び上がった機体は着陸が出来ずに何回もやり直し、みんなをはらはらさせた。高度を下げると木の葉のようにひらひらと飛ばされて目的の場所に下りてこない。

それでも2回飛行した度胸には「天晴れ」を上げることにした。身振り手振りで説明しているのが本人である。そして昼食後に解散となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

ほとんどCDIエンジンに移行されました

 Pb100025 Pb100026

今年最後の草刈が第5班によって行われ飛行場はこんなに綺麗になりました。これで今年の草刈はすべて終了となりますが、果たしてもう草刈機の出番はないでしょうか。

草刈機はメンテをして仕舞い込んでいいものでしょうか。なんだか心配もありますね。と言うのは芝は確かに伸びないのですが芝の間から雑草が意外と伸びてきます。

雑草が伸びてきて飛行の邪魔になれば刈り取ることもあり得ますね。そんなわけで草刈機のメンテを何時やるのか聞いてみます。

 Pb100021 Pb100022

さて、副会長のアルティアもついにCDIに換装、これでフルサイズの80パーセント位がCDIになってしまいました。これも時代の流れと言えばそれ迄ですが。

 Pb100033 Pb100034

これが副会長のDZ175CDIです。よく見るとプラグヒートするときにカー用の部品を使って送信機側のスイッチで切り替えLEDランプが光る仕組みになっています。

結構いろいろ新しい装置を取り付けてあり安全を確保しているようです。ここまでやっていない人もいますが、うっかりしてスイッチが入ったときにプラグに通電されたら大変危険ですから。

 Pb100024 Pb100027

 Pb100028 Pb100029

エンジンは将軍様に調整をしていただきハイからスローまでまったく問題なく回り、エンストなどは皆無です。我がクラブの1035さんは300回以上飛行済みですがまだ1回もエンストしていないそうですから凄いですね。

今日は1035さんが副会長の機体調整に来ていました。私も見学していましたがエンジンはいい音で回っておりパワーもあって機体の飛びが変わっていました。

 Pb100032 Pb100035

しかも燃料は省エネでワンパターンの飛行では600CCのタンクでは1/3強位の消費でした。このまま飛行を続ければ3パターン位は飛行できますね。

こんな機体ばかり10機も集まると2時間以上待たなければ順番が回らない事になりそうです。従って今後は一人の飛行時間を10分と決めるかワンパターン終了に決めるかが必要になってくるでしょう。

今後の検討課題になるのは間違いありません。皆さんタイマーをつけて時間で飛行するのも1方法でしょうか。

 Pb100042 Pb100043

えびちゃんのアクシオーム、最近はいいい飛行を繰り返していますが仕事の関係であまり練習時間が取れません。

それでも午後からでも時間の開いた時などはかけつけ練習をしています。今日も午後からの出席でした。

 Pb100045 Pb100047

午前中は結構風が強かったのですが午後からは少し穏やかになり3時過ぎると無風状態になりましたね。きっといい練習が出来たことでしょう。

明日の日曜日は午前中のみ晴れで午後からは雨の予報です。NSSP主催の空まつりも雨が心配されています。でも午前中くらいは開催可能でしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

遊びのラジコンはいかが

 2012114_48 2012114_49 2012114_47_2

何時も何時もフルサイズでF3Aの演技ばかり飛行していては疲れるでしょう。えっ疲れないって、そんな特異体質の人もいるでしょうけど。

と言っても写真のような機体ではこれまた癒しにならないかもしれませんね。そんな根っからのラジコン好きがまたまた新しい機体を持ち込んできましたよ。

右端の機体はスカイマスターA10,胴体の中ほどに2基のダクトファン、ページェントでは飛行しませんでしたがジェットエンジン2基つきの大きな機体があるようですね。

機体はジービーレーサーと同じように発泡スチロール製ですがものの見事に整形され塗装も軍用機そのものの出来栄えです。CHOさんが持ち込んできました。

 2012114_11 2012114_12 2012114_13_2

 2012114_18 2012114_19 2012114_20

このジービーレーサーは何回もご紹介しましたのでお分かりかと思いますが、最近は離着陸がとても上手くなり飛行場内の滑走路から離着陸しています。

空中での飛行そのものはもう普通の機体と同じように飛行します。難しいのはやっぱり着陸ですね。最初に地上に着くスピードと飛行姿勢で決まってしまいます。

一度跳ねるととんぼ返りを起こすことがあります。それでもスパッツが外れるだけで機体が壊れることはありませんが着陸はかなり難しいです。

下の3枚は上手く着陸できたときの写真です。タイヤが小さいのでどうしても芝に足を取られます。それでもスピードとエレベーターの調和が取れたときは見事に決まります。

 2012114_1 2012114_4 2012114_5

 2012114_59 2012114_60 2012114_61

続いて私の飛燕です。たいぶ前に離陸で失速させて左の主翼を中ほどから折ってしまいました。何時もながらの速成修理でテスト飛行です。

今日はベテランの方に飛ばしてもらいました。いや~~テスト飛行といったらやたら過激なテストの繰り返し、しかし機体はなんともなかったようです。

下の3枚はたむさんがサイドスリップで見事な飛行を見せてくれたものです。「人にやらせずに自分でやりなよ」と叱られました。申し訳ありませんでした。

帰ってきて修理用のペイントを探しましたが同色の色がどこへ行ったのかありません。これには大弱りです。どうしよう。当分このままで飛行すっか。

 2012114_21 2012114_23

 2012114_6 2012114_7 2012114_8

さて、どん尻にひけぇ~しはCHOさんのA10です。この人はやることが早い、電池をセットすると「チョッと待って」カメラマンの声も気にせずどんどん滑走路に向かいます。

カメラ準備が追いつかず「チョッと、チョッと」と言ってる間にもう離陸してしまいました。こんなに簡単に飛ぶとは想像外でしたね。

エレベータートリムがやや不安定でしたがパス飛行を繰り返しているうちに安定してきました。「なんだ、普通の飛行機と変わりないよ」と澄ましたものです。

いかにもイカツイ格好の機体なのでどんなことになるのかと不安もありましたがまったく危なげのない離陸で飛行も2つのダクト音を響かせてかっこいいいです。

 2012114_27 2012114_30 2012114_33

 2012114_39 2012114_40 2012114_41

 2012114_44 2012114_45

飛行は見かけよりは素直で誰でも飛行できそうな感じです。エンジンを絞った低速飛行も安定していてとても楽しい機体ですね。

チャンネルはエルロンとエレベーターの2チャンネルですがロールも軽くこなします。ラダーはなくサーボは入っていますがノーズギヤの方向ガイドだけ。

いや~~見た感じよりは優れた機体ですね。二つのダクトファンは良く調和が取れていてうるさくなくいい感じの音です。この機体ならイベントに持って来いですね。

これで又ひとつ面白い機体が増えました。さぁて今度は誰がどんな機体を披露してくれるのか楽しみですね。待ってま~~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »