« 今日は穏やかな練習日和です | トップページ | 今日の飛行場 »

2013年1月13日 (日)

初飛行会前の飛行場は大賑わい

 P1130080 P1130056_2

昨日の土曜日とうって変わって今日は新しい機体や懐かしい機体が勢揃い。なんと昨日は3人しかいなかった飛行場は今日は4倍の12名です。

しかも来週開かれる新年初飛行会に備えて、珍しい機体が顔を見せています。ゼロ戦も2機、フライベィビイは斉藤の90ツインエンジンを積んで登場です。

皆さんイベントがあるたびに何か新しい機体を準備されているようですね。今日はテスト飛行が目白押しです。テスト飛行は一発で飛ばないことが多いので何か起こりそう。

 P1130057 P1130022

この機体はなんと言いましたっけ、そうそう「コルセア」懐かしいでしょう。2サイクルの45エンジンを積んだ3車輪の引っ込み脚もみんなを沸かせます。

そしてここにもF3A機が1機ありますよ。機体にはiwaokaと書かれています。話によると先日のアディクションと2機一緒にOGW2さんの所へ婿入りしたようです。

後ほど紹介しますけどこの機体はアデクションのEP仕様です。岩岡さんといえばランキングの上位に位置するベテランフライヤーです。

きっと試合用に使っていた機体だったのでしょう、軽くて素晴らしい機体です。後ほどその初飛行振りをご紹介します。

 P1130019 P1130020

さて、このゼロ戦、似て否なるものと誰かが言ってましたが、確かにスケール感から言うと日本で作られたものではないことは確かです。

いまや価格の時代、ラジコンも安い価格で欲しいものが手に入るようになりましたね。キットとしてはパーツまで付いて引っ込み脚もリンケージ済みで、なんと大2枚の価格。

 P1130025 P1130026

 P1130027 P1130030

フライヤーは230さん、クラブ一番の機体持ち、部屋一杯の機体をどのように整頓しているのか知りませんがメンテナンスも大変だろうと余計な心配をしています。

YS91エンジンが唸りをあげるとあっけなく急上昇。飛び上がると暴れん坊将軍のように飛行場狭しと飛び回ります。

機体の重量もあり、機体自身がスポーツ仕様のデフォルメになっているので、スタント機のような飛行振りです。垂直上昇も簡単、ロール、背面、ナイフエッジ、これは出来ません。

「もうチョットゆっくりスケールらしく飛ばしたら」というと「難しいんだよ」との返事。何しろ翼面加重が小さいのでスロー飛行と着陸が大の苦手。

おまけにエルロンが小さいので小舵の利きが今一で上級者でも着陸はとんぼ返りを覚悟する必要があります。この機体を上手に飛行させるには少し改造が必要ですね。

案の定、着陸でタイヤが外れてカウリングをいためました。脚の位置がもう少し前か、または斜めに取り付けるかすれば少しは走るでしょうから着陸がやりやすくなるかも。

 P1130051_2 P1130053

この機体は会長が長い時間をかけて作り上げたフライベービーです。 フィルムを貼って塗装したとても凝った作りになっています。

斉藤90ツインエンジンの調整が始まりました。何しろニードルが二つありますから1気筒づつ調整していきます。ニードルがかなり敏感でシンクロが難しいですね。

パワーがなくなったと思えば片肺になったりして微妙な調整を入念に行います。クラブ員ももの珍しげにみんな集まって眺めています。

かなり時間が掛かりましたが何とか調整が完了。プロペラは8600回転くらいで安定しました。しかし飛行するにはチョッとパワーがもの足りない気がします。

 P1130061 P1130062

 P1130063 P1130066

風が少し出てきましたが今日は温かくていい日になりました。フライベービーはゆっくり走り出すとふわっと離陸。

飛び上がったら後は遊覧飛行が主で宙返りはチョッとパワーが足りません。それでも一通りの飛行が終わって着陸しました。初飛行は成功です。

 P1130073 P1130074

 P1130075 P1130076

続いてコルセアの初飛行です。初飛行といってもすでに何年も経過した機体なので飛ぶのは当たり前になっています。

しかし昔から2サイクルのスタント機は結構癖があって初飛行は難しかった記憶がありますね。この機体も同じで飛び上がったとたん結構トリムが合わずに苦労してました。

エレベーターは10コマ以上動かしてましたね。エルロンも結構動かしていました。それでも決まったあとはスピードのある懐かしい飛びをしていました。

 P1130085 P1130087

 P1130089 P1130088

さて、アディションのEPです。当クラブはF3Aの電動機を飛ばしているのは001さんなのですべて頼んだようですね。

それにしてもこの機体素晴らしい作りで思わず機体の中まで撮影してしまいました。構造的に空っぽの胴体、しかしそこには信じられない製作技術が隠されていました。

蜂の巣のように穴の開いたペーパーもどきを固めた補強が入っていたのです。これによって軽くて丈夫な、そして音の反響を抑えた素晴らしい作りになっているのです。

私には電気の知識がないので分かりませんがアンプがなかったので100ミリのアンプをつけたそうです。プロペラは20×15、トップ回転はものすごく静かです。

 P1130090 P1130091

 P1130092 P1130094

 P1130095 P1130098

飛び上がって又びっくり、先ず機体の軽さが飛ばしていない私にも伝わってきます。垂直上昇の小気味よさ、ロールの安定感、水平の座り、一発目からすべてOKでした。

飛行後、001さんはOGW2さんと硬い握手をしていましたから、多分001さんが飛ばすことになるのかな~~、本人も満足そうな顔でしたから。

|

« 今日は穏やかな練習日和です | トップページ | 今日の飛行場 »

ラジコン情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/48742829

この記事へのトラックバック一覧です: 初飛行会前の飛行場は大賑わい:

« 今日は穏やかな練習日和です | トップページ | 今日の飛行場 »