« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月17日 (日)

やっぱり風ですね

 P2170004 P2170005

昨日の土曜日はやっぱり風が強くて飛行できませんでした。そして本日曜日の風は風速計で測定したところ4~5メートルでした。

この風なら飛行できるとばかり痺れを切らしたものばかりが集まっていました。その数8名。

フルサイズは問題なく飛行できましたが、小型の機体は少々風に翻弄されて飛行が難しくなっていましたけれど頑張って飛行しました。

 P2170002 P2170003

230さんの紙飛行機、これは無理でしょう。この風の中、果敢に飛行しましたがやはりプロペラが折れて一回の飛行で終わりでした。

今年の初飛行会で射止めたキットでしたが、キットより部品集めのほうが高くついたといっていました。モーターにアンプにサーボに電池と結構な出費になったそうな。

それで一回の飛行でお終いじゃ高いね。最もこの機体はインドア専用でしょう。この風の中、外ではとても無理ですよ。もっとも平気で飛ばす人もいますがね。

 P2170029 P2170009

それではとばかり今度はゼロ戦を持ち出して飛ばしていました。この機体はスピードで飛ばせば少しぐらいの風はヘイチャラです。

まるで特攻機のように吹っ飛んでいきますから。今日は前回の飛行でカウルを傷つけたところを綺麗に修理してあってつや消し塗装をしてありました。

 P2170013 P2170014

飛んでいる姿はまさしくゼロ戦です。ただし着陸は超難しいです。何しろ重心付近にメインギヤがあるので綺麗に降りても鼻をつくか、悪くするととんぼ返りを覚悟。

今回は風があるにもかかわらず綺麗に着陸して見せてくれました。かえって風があったほうがいいのかな。本人も得意顔でした。

YS91,4サイクルエンジンは物凄いパワーがあって、このずんぐりした機体を軽々と飛行させてくれます。

 P2170006 P2170032

今日は先日OGW2さんのところへ2機嫁いで来たアデクションうちの1機EPです。EXEクラブから来たものです。初飛行のときに紹介しましたが素晴らしい出来です。

もう001さんの手に渡ってから数回飛行していますが飛行するたびによくなっています。先日EXEクラブから桔川氏が訪問してくれましたがそのときには見られませんでした。

 P2170033 P2170035

 P2170038 P2170039

今日は結構な風の中、音もなく飛行しています。風に極端に翻弄されることもなくいい感じで飛行していました。本人もすっかり気に入っているようです。

001さんの新しい機体がこの春には出来上がってきますが、今まで待ち遠しかったのが今ではすっかり忘れているようです。新作よりもこちらを当分飛行するのでは。

 P2170044 P2170045

そしてここ2週間ばかりエンジン調整を繰り返しているツカーノです。スローが安定せずまた吹き上がりが非常に悪い。いろいろ調べていくと。

マフラーからのプレッシャーが安定しない。見るとマフラーの中間のジョイント部分にがたがありサイズも合っていないことが分かりました。

外してテープを巻き燃料漏れを塞ぐと案の定見事に回復。やっとスローも吹き上がりもよくなりました。来週からはこのままエンジンスタートが出来ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

ジャイロをつけたホットリンボー

 P2100032_2 P2110050_2

 P2100031 P2100035

さて、ジャイロをつけたホットリンボー、テスト飛行には風が吹かなければその良さがわからないと風待ちでした。風なんて待たなくてもいつも強いのに???

ところが11日の祭日はものすごい風になりました。まるでテスト飛行をやれといわんばかり、今日はすべてのテストができそうです。

 P2110052 P2110053 P2110054 P2110057

 P2110060 P2110061 P2110063 P2110064

何のことはない、こんな静止画を貼り付けて説明しても何にも伝わらないし分からないよ~~~ネ、そんな声が聞こえてきます。

今は動画の時代、いよいよカメラを買わなくてはどうしようもありません。とにかく送信機を地面に置くほどの余裕はないとしても右手はすべて離してもOK。

そのくらい安定して飛びます。舵を打たないと水平のまま風に流されていきます。もう少しジャイロの感度を上げていろいろテストすれば面白いかも。

飛行機の場合は絶対動画でないと無理。しかも飛行画面の中に手放しの送信機を同時に写しこまないと何をやっているのか伝わらないよね~~、という訳であまり意味がありませんでした。スミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

連休の3が日の中日は素晴らしい日曜日でした

 P2100004 P2100005

先日ogw2さんのアディクションを紹介しましたがその生みの親でもある桔川さんがゲストとして訪問してくれました。やはり嫁に出した我が子が気になったのかもしれません。

遠路のところわざわざ一泊で訪問していただき感謝申し上げます。そして飛行場では温かい「おでん」の炊き出しまでご馳走になりクラブ員一同大変感激しております。

 P2100001 P2100007

 P2100006 P2100008

そしてやはり手塩にかけたアディクションを拝見しました。自作はもちろんのこと細かいサイズ変更まで見事にこなし、私が最も驚いたのはその見事な被服です。

一見一般の塗装した機体となんら変わりはなく見事な出来栄えですが、実はなんとフィルムの白を貼った上に色塗装仕をしてクリアー仕上げをしているのです。

これにはただただ吃驚の一言です。機体を指で撫でてみてもつるつるのピカピカです。そして主翼にはお洒落なエンブレムが塗ってありました。

お伺いしたところプロに依頼したクラブのデッサンマークだそうです。たまには他のクラブからこのように来場していただくのはいろいろな意味で勉強になりますね。

 P2100010 P2100011

 P2100012 P2100013

 P2100014 P2100015

そして飛行を拝見することが出来ました。他のクラブで飛行するとなんとなくロケーションも違うので硬い飛行になりがちですがリラックスした見事な飛行でした。

やはり熟練者の飛行はとても参考になりますね。生意気なようですが私が驚いたのはエルロンの切り方です。

とても個性的なロールで入りと止めがなんとも言えない切り方でした。我がクラブでもみぃちゃんがそのようなロールをしますがとてもよく似ています。

演技に一定のリズム感があって見ていてもとても気持ちがいいです。本人はニコニコしながら操縦をしていましたので、きっとリラックスできたのかもしれません。

 P2110051 P2100033

 P2100031 P2100034

さて、話は変わってSgwさんのホットリンボー、以前電動機に改造したのはお伝えしましたが今回はなんと3軸にジャイロを積んできました。

エルロン、エレベーター、ラダーです。この装置が機体をどのくらい安定して飛ばすのか風の強い日を狙って飛ばしてみようと言うわけです。

機体を持って左右前後にゆするとサーボが忙しく動いて常に平面に戻るしぐさを見せます。この感度は自分で自由にセットできるのでいろいろ試すことが出来そうです。

11日は風が強かったのでその時の飛行をお知らせしますね。ただ動画でお見せできないのが残念ですが。暫くお待ちを。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

2週間振りの飛行場です

 P2020001 P2020012

週末になると土日に風が強く飛行場にいってもおしゃべりをするかコーヒータイムで2週間過ぎてしまいました。

今週も本日は予報ではあまり芳しくはありませんでしたが思い切って出かけてみました。すると風もなく暖かい土曜日でした。そこには今年初めての練習に来ている副会長。

1035さんが付きっ切りで練習をしていました。仕事が忙しくてあまり練習が出来ない副会長を補佐して今日も特訓の様子。今日は練習にはうってつけの日和になりました。

 P2020008 P2020004

それなのに飛行機はたったの4機。しかも230さんは水上機の磨きに来ていました。機体の絹張りを終わって2回塗りの磨きです。

今年の5月の水上機に間に合わせるべくこれから塗装を完成させなくてはなりません。私も機体がないので只今製作中ですがさっぱり仕事が進みません。

今日は凄く暖かい日になり風もなくいい日なのになぜか4人です。後からみぃちゃんとCHOさんか゛こられましたが機体は出しませんでした。

 P2020007 P2020010

家で磨けば真っ白になってしまうのでここへ来て磨くのはいいですね。しかも飛行機を飛ばしながら1日で磨きを終わらせることが出来ました。

この分なら何とか間に合いそうですね。私の機体作りはまだこれからですからチョッとしんどいですね。少し暖かくなるのを待ってスピードを上げようと思ってはいるのですが?

年とともに製作効率は落ちるばかりでなかなか計画通りには行かないのが本当のところです。風で飛行できないので来週から製作記事でも載せることにしようと思っています。

 P2020003 P2020002

アクシオームは230さんの110Sです。エンジンが不調で犬山へ送ったのが帰ってきました。結構な費用が掛かったとびっくりしていました。

アシューラは1035さんの機体。ご存知エンスト回数0を記録し続けている貴重な機体です。でも最近エンジンがチョッと不調とか。

 P2020005 P2020019

そしてOGW2さんから私のところへ来たツカーノ、外国製のスケール機です。私は最近フルサイズに触れていないのでスケール機がぴったりかも知れません。

しかしメカ関係はすべて点検して飛行準備をしてきましたが、タンクから出ている3本の配管がどれがどれだか分からずに飛行前に苦労をしていました。

そこへ駆けつけたのがメカに詳しいCHOさん。配管を1本ずつ点検していきどれが本物かずばり当てました。そして繋ぎを完成。

エンジンが掛かりました。機体が大きくて重量があるので61エンジンではチョッとパワー不足ですが何とか飛行はできます。

 P2020020 P2020021

写真を撮りたかったのでみぃチャンに飛ばしてもらいました。風がまったくないのでいいテスト飛行になります。

3車輪なのでタキシングはやりやすいと思ったらノーズギヤが少し左を向いていました。そこはみぃちゃん、なんてことなくすい~~と離陸してしまいます。

この飛行機なら安心して飛ばせますね。フルサイズのように難しい演技は必要ないですから。もっともスケール機としての飛ばし方もありますからそれはそれなりに。

 P2020015 P2020017

実機らしく飛ばすのも結構難しいのです。この機体は実機でも結構スピードに乗って素晴らしい演技も出来る機体なのでもう少しパワーが欲しいですね。

あまりスローの飛行は返って見栄えがしません。ターボプロップの排気管が見えるところからスピードに乗って4ポイントロールとか凄くいいですね。

この機体を暫く飛ばしこんでイベント用に育てていきましょう。OGW2さん良く調整しておきますから今度飛ばしてみてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »