« ZIGEN水上機を作ろう-3 | トップページ | 2週間ぶりで草刈をしました »

2013年4月 8日 (月)

ZIGEN水上機を作ろう-完

 P3190001 P3190002

いよいよ大詰めです。フローとの位置を決めて取り付けます。取り付けるといってももう決められた所しか取り付けできません。ステップの位置も決まっているのでセットしてみます。

まだなんとなくだらしない感じですね。きっちり取り付けなければ水上機として格好が取れません。忘れていましたが主翼の下側の胴体も付け足します。

 P3240003 P3240004

胴体の両側は5ミリバルサを主翼のRに合わせて切り出します。本当は主翼に貼り付けてしまえばいいのですが持ち運びが出っ張るので後付にします。

前側の止めは胴体の下にウレタンを貼って5ミリの穴を開けます。その穴に合わせて前側は2ミリベニヤを貼り付けます。そして短いかんざしを付けておきます。

 P3240006 P3250008

三角材を貼り付けたら2ミリバルサを横に張って塞ぎます。後は胴体のRに合わせて削っていきます。止めかたはかんざしを差し込んだら胴体の下にストッパーを付けて回すだけです。

ここまできたらもう完成は目の前です。最後はほとんどペーパー仕上げをしていないので外の仕事がほとんどですね。でももう少し暖かくなってくれないと外は寒い。

 P3250012 P3290015

ペリーパンを止めるパッチンドメを付けてしまいましょう。これを取り付けてカバーの風穴とプラク用の穴を開ければ後はフロートを取り付けて終わりにします。

まずカバーの風穴を開けますが前から入った風がどこへ抜けるかが問題ですが今まで通り後に丸い穴を開け、マフラーの当たる付近をクリ抜いて余裕を付けましょう。

 P4050024 P4050032 

ここでエンジンを一回載せてみます。マフラーの取り回しがこんな風に当たってしまいます。そこで糸鋸でゴリゴリと切っていきます。2ミリベニヤですから簡単に切れます。

  P4040023 P4040018 P4040017

パッチンドメは10ミリのジュラコンから切り出して穴を開けます。切り出すのは何時も糸鋸です。糸鋸はまっすぐに切れますし1.5ミリの溝も自由に切れます。

上下の合わせはテープを貼って位置をケガいておき6ミリの丸棒を尖らして朱肉をつけ印を付けた位置に穴を開けてタップを切ります。

 P4040019 P4040020

こんな具合です。たった2本のキャップビスですが、パチンと止めた後は決して外れません。簡単ですが使い勝手はすごくいいです。

 P4050028 P4050029

エンジンを取り付けてみるとこんな感じになります。今までこの作り方で何機も作ってきましたが不具合は一度もありませんでした。

 P4070004 P4070005

 P4070007 P4070006

さて、いよいよフロートを取り付けて終わりとなります。フロートの取り付け位置はテープを貼ってケガきます。この位置は前側が480ミリ、後ろ側が485ミリとわずかに5ミリの差をつけてあります。

フロートの止め方は前にも紹介しましたが4ミリの蝶螺子1本で取り外すことが出来ます。これは現地でとても重宝がられています。道具が要りませんから。

 P4080008 P4080009

フロートの開き止めは7ミリのアルミパイプを使いました。これ一箇所ですがこれで離着水は充分です。両手で力を入れてひらいてもしっかりしていて安全です。

さて最後に忘れてならないのはフロートの空気抜きのパイプ取り付けです。これは燃料パイプをまげてフロートの前側支柱の横に穴を開けて瞬間で止めるだけです。

これで生地完となりました。天気のいい日に外で磨きをかけないとまだ完成ではありませんがそれでは仕上げは別の機会で。

いい加減な説明と作り方で理解できなかったところもあったかと思いますがなにとぞ笑ってご容赦ください。しかしこれだけ遅れたのでは5月の水上機には間に合いません。

 

|

« ZIGEN水上機を作ろう-3 | トップページ | 2週間ぶりで草刈をしました »

ZIGEN水上機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53439/51025282

この記事へのトラックバック一覧です: ZIGEN水上機を作ろう-完:

« ZIGEN水上機を作ろう-3 | トップページ | 2週間ぶりで草刈をしました »