« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

水上機エンジンテスト実施

 P8310015 P8310016

いよいよZIGENのエンジンテストを実施することになりました。何やかにやと時間ばかり掛かってしまった水上機、何とかエンジンテストを迎えることが出来ました。

 P7040001 P7230060

それはそうとZIGENの塗装写真がまったくありません。気が付いたら写真をぜんぜん撮っていなかったのです。あるのはこの2枚だけ。なんと言う手の悪さ。

毎日毎日テープ貼りをしていていささか嫌になっちゃって写真を撮るのはどうでも良くなってしまったのです。まあ塗装の工程写真なんかいりませんけどね。

てな訳で今日は飛行場に持って行きエンジンを回しました。ところが案の定タンクからの配管を間違えていまして出と入りがヤッパ逆でしたね。

おまけに古いチューブを使っていたら1箇所穴が開いていて燃料がじゃじゃ洩れ、相変わらずヘマばかり。それでもエラーを直すとエンジンは快調に回ってくれました。

これで後は飛行を待つばかり。いえいえまだありました。重心位置が前過ぎで後に30グラムほど錘が必要です。こんな重たい飛行機に錘を足すとは、はなはだ遺憾であります。

 P8310027 P8310028

 P83100422

それでも完成してみればこんな嬉しそうな顔をしているんです。今回はベテランのみいちゃんがクリヤーを吹いてくれて磨きまでやってくれたのでピカピカです。

これでは壊すわけに行かない。今までより慎重に飛行せねばと、自分に言い聞かせています。ここ数年は一回で壊したことはありませんが何しろ相手は水物でして。

もう一つおまけで今年はZIGENが2機揃い文です。私と230さん。どちらも同じ機体ですが230さんの機体は主翼を170センチに伸ばしてあります。

どんな飛行をしてくれるのでしょうか。今から楽しみです。飛行結果は又お伝えします。

 P8310004 P8310005

さて、今日は230さんのインフィ、だいぶ前に利根川で水浴びをしたそうです。処分も考えたそうですが主翼とペリーパンの破損。修理して使うことにして出来上がったものです。

 P8310006 P8310007

左右を良く見ると確かに修理してありました。間違い探しではありませんが見比べると、う~~んチョッと違う箇所があります。写真は光の関係で左右違って見えますが??

ここまで修理できる人は少ないですよね。私も修理は好きでやりますが気分屋なので気が向かないとなかなか手が動きません。でも良く頑張りましたね。ほとんど分かりません。

 P8310010 P8310011

 P8310012 P8310013

何時もの感じで離陸、飛行した結果はほとんどトリムの変更も起きず前の状態で飛んだと言って喜んでいました。なんといっても飛ばしやすいいい飛行機ですからね。

これで又1機何時でも飛ばせる飛行機が戻りました。今日は予報では超暑くなるとのことなのでたった3人です。しかし少し涼しい風が吹いてなんとなく凌ぎ易いです。

 P8310018 P8310020

 P8310022 P8310023

続いて副会長のシュワちゃん、何時ものアルティアを飛行。手馴れたもので何時もエンジンは絶好調。暑くても寒くても上手にメンテをしています。

今日もCDIは絶好調。P-13の演技も今年限り、いよいよ本年後半の検定会に的を絞って挑戦です。金バッチを目指して頑張ってください。

 P83100432

カメラを向けると余裕のサイン、今日は3人しか出勤していませんでしたが午後からO1さんがカリバーを抱えて重役出勤。

聞くと、明日の検定会にエントリーしているとか、ホンジャ本気で練習せにゃあかんわ、てなことで午後からは練習に専念。明日のご健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

水上機の季節が終わってしまう・・・

 Dscf105412 Oad12

 Dscf105112 P8200013

昨日友人から今年新しく作製した飛行艇の初飛行写真が送られてきました。飛行機作りはベテランですからきっとすばらしい出来栄えでしょう。

ピックアップ写真がないので細かい詳細がわかりませんが自作の飛行艇のようです。初飛行は利根川の北川辺付近の水上機発着場です。

風もなくいい飛行をしています。大きさは50クラスでしょうか、猪苗代湖ではチョッと風が吹くと難しいかもしれませんね、特に飛行艇は翼端フローとの長さが難しいですから。

私のZIGENはと言うと現在メカ積み中です。塗装が終わればメカ積みは簡単と思っていましたが何かと面倒な問題が発生してなかなか思い通りに進みません。

最低でも9月の中までにはエンジンテストまで持っていかないと猪苗代湖で飛行できないことになります。特に私の苦手はタンクからエンジンまでの配管が大嫌い。

大体トラブルはこのあたりで発生することが多いですね。入りと出の間違いやエヤー抜きの逆とか、逆支弁の間違いとか初歩的なミスが結構多いです。

あと数日で全体写真をご披露できますが、今回はなんとなく自信がないです。さて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

今日は草刈当番です

 P8240012 P8240014

今日は草刈当番です。今朝方は結構涼しかったのですが時間がたつに連れて気温はぐんぐん上昇、昼近くは何時もの暑さになっていました。

たむさんは何時ものペースで順調に草刈中。001さんは急遽交代して出勤してくれました。有難いことです。今日は飛行場の滑走路入り口の伸びた草を払っていました。

この高さになると着陸で場内に入ったと思うと長い草に足を引っ掛けることがあります。人間の目は意外と当てにならないものです。

こんな心遣いが皆さんの飛行機を守っているのです。特に気温の高いこの頃は神経も狂いがちで安全に飛行機を飛ばすには細かい注意が必要ですよね。

 Photo P8240016

これは私です。今日は24時間テレビがスタートします。協力する意味でTシャツを買ってきました。チョッと恥ずかしいけど勇気を出して着てきました。

このシャツは汗をかいても肌に吸い付きません、割とさらっとしていて着心地は良いです。爺さんがこんなシャツを着て草刈をしているなんて笑っちゃいますね。

今日結構時間がかかりました。刈り終わるまで2時間かかりました。その間、麦茶1リッター、アクエリ500CC消費しました。今日は草刈だけ終了して撤収です。

エクスカリバー隊は今日も元気よく飛行していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

涼しい日曜日になりました

 P8180004 P8180005

 P8180002 P8180003

今日の日曜日は先週と変わって涼しい1日となりました。しかし午前中は相変わらずの灼熱でした。草刈を実施した皆さんお疲れ様でした。

午後からはいい風が吹いて飛行場の椅子に座ってるとウトウトと眠くなるような感じでしたね。久し振りの風で4~5メートルは吹いていたでしょうか。とても凌ぎ易かったです。

今日は5人でしたがあまり飛ばす人はいません。したがって写真はありません。今週はこのような状態でした。

南アフリカの世界戦は何か新しいニュースが入っていますかね~~。とっても気になりますね。どなた情報をお持ちでしたらお知らせください。

只今、日本模型航空連盟のブログを見ましたら18日の第1回予選ラウンドの成績が載っていました。日本人の結果は次のとおり。

                     18日      19日      合計      

音田選手   473.6      452.4      926

鈴木選手   447       428.6      875.6

八田選手   443.8      409.6      853.4

悠平選手   389.8      430.6      820.4

恩田選手は予選でも世界のトップと思っていましたら2位のようです。トップはペイさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

40度を超えたかも??

 P8110071 P8110072

今日の飛行場です。私が飛行場に着いたのは10時40分ごろ。とりあえずブログの写真でもとカメラを持ち出して飛行場に降りると、なんと箱根の地獄谷へ降りたような熱気。

「なんだこの暑さは・・・・」飛行場にいたのは2名だけ、会長と001さん、二人とももう撤収の準備でした。発泡の飛行機は熱さで溶けてしまいそうな雰囲気です。

 P8110074 P8110075

 P8110076 P8110079

そのうだるような暑さの中を001さんのアディクションが離陸しました。まるで耐熱テストをしているような雰囲気です。ファインダーを覗く目には汗がボタボタと流れます。

001さんのアディクションはこの暑さをものともせずに元気よく飛び回ってました。風がまったく吹かないので飛行技術を磨くにはいいのかも、・・・そんな訳ないか。

爺さんの耐熱テストは既に限界。この写真を撮るだけでもうフラフラです。車の冷房がなければ救急車のお呼びかもしれませんでした。

 P8110070 P8110073

会長も撤収の準備です。一回飛行しただけとのこと。まるで飛行場から逃げ出すように3人とも急ぎ支度。温度計があれば絶対40度を超えていたと思います。

こんな息苦しくなる常態はかってありませんでしたから。急いで車に戻りエアコンをスタートさせてやっと人心地。まるで地獄で仏様にお会いしたよう。

私が車から出て又車に避難するまでの所要時間はおよそ20分間。助かってよかったです。いや、本当に冗談抜きで。

こんな日に草刈を挙行した班の皆様に感謝申し上げますと共に、誰も事故がなく終わったことが本当に良かったとオーバーでなく心よりく安堵しました。

もしこのような日が又あれば草刈実施を考える必要がありそうです。何はともあれ凄い1日でした。南無阿弥陀仏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

バーチャルリアリティ・・・実際は現実

 P80400432 P80400452

  P8040059 P8040060

川間模型の鈴木悠平君、ちょうど昼時にお邪魔しました。悠平君は相変わらず気さくで久し振りにもかかわらず楽しく迎えてくれました。

今年は南アフリカでF3Aの世界選手権が8月15日から10日間開催されますが、その出場のために既に2機の飛行機は現地に送ってしまい飛ばす機体がないと笑っていました。

そしてなにやら怪しげな眼鏡と送信機、そして機体、「飛ばしてみます・・・」笑いながら差し出すものを見てびっくり、正にバーチャルリアリティのゲームの世界のようにこのメガネをかけて飛行機を飛ばすとか。

話が前後しますが一枚目のメガネをかけた写真は実際に機体が飛行場の上を飛んでいるときの画像です。

驚くのはまだ早く、機体は地面すれすれをどこまでも飛んで行きます。われわれが肉眼で見ても飛行機がどこを飛んでいるのか見えません。

暫く見ていると遠方から機体が見えてきました。その間悠平君は写真のように下を向いたままです。写真でお分かりのように機体の真下にカメラが付いていてそこから送信された画像がメガネに映っているのです。それにしても凄い。

こんな飛行が出来るのも悠平君だからこそで、誰でも出来るものではないと思いました。ほかにもまだアッと驚くものがありました。

 P8040046 P8040047

 P8040048 P8040049

 P8040050 P8040051

 P8040052 P8040053

 P8040055 P8040056

今度は小型の電動機を持ち出し、「これはね、ジャイロを積んでいるんだよ、」と言いながら飛行を始めました。暫く飛行していましたが?*???

「見て・・・・」送信機を片手に顔がカメラに向いています。機体はと言うと勝手にナイフエッジのまま飛んで行きました。機体はナイフエッジそのままの姿勢です。

そのうち両手を挙げて万歳の姿勢です。機体はまったく姿勢を変えることなくそのままナイフエッジ飛行をしていました。

ジャイロを積んだ機体は何回か見ていますがこのように調整が出来ている飛行を見たのは初めてです。まったく器用な人ですね。

これじゃ南アフリカのF3A選手権でもきっとすばらしい飛行を見せてくれることでしょう。しかし世界にはもっと凄い人がいると思いますが、正に悠平君もその一人に違いありません。

まもなく悠平君は日本を離れますが南アフリカと言えば治安は日本と比較にならないほど危険な国です。出来るだけ組織と一緒に行動して安全に気を配ってください。

そして南アフリカに日本の国旗を高々と掲げてくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクスカリバーの親衛隊  其の2

 P80400422 P80400312

 P80400322 P80400402

エクスカリバーの3機顔合わせが思ったほど早くやってきました。本日3機そろいましたので改めて皆さんにお願いして写真を取らせていただきました。

やっぱり3機も揃うと圧巻ですね。仕様はほとんど同じでYS175CDIです。ただし1機だけはキットより製作したものでメーカーの完成機ではありません。 

こんなことはめったにないので良い記念写真になったのではないかと思います。もう見慣れた機体なので現在のスタント機の主流のような気がします。

やはり機体は1機を丁寧に調整し可愛がって飛ばしこむことによってその良さがわかってくるものですね。この機体なら一千回以上は飛ぶことでしょう。

 P8030011 P8030012

 P8030013 P8030014

えびちゃんの機体はまだ降ろしたてで飛行時間は150分くらいですが、既にあらかた調整は完成に近づいています。本人もすっかり気に入っている様子。

 P8040021 P8040022

 P8040023 P8040025

つづいてSGWさんの離陸。一番飛行完成度に近い人です。今日も実にスムースに飛行していました。検定会にもトライしていますのでご存知の方も多いかと思います。

  P8040027_2 P8040028_2

 P8040029 P8040030 

さて、最後はOG1さんの離陸。この機体はキットから作り上げて塗装まで仕上げしたものでロゴの書体がチョッと違いますが後はほとんど違いがわかりません。

ただし飛行回数は一番少ないかもしれません。現在まだ調整中のようです。毎週機体が変わる程の機体持ちです。来週は又違う機体かな??

 P8030015 P8030019

 P8030017 P8030018

さて、先日熊谷で開催された検定会でhideさんと最後まで争った金バッジ、どちらが獲得するか最後までわからなかった激戦だったそうです。

今回はたむさんが鼻差でかわし獲得した貴重な金バッジです。チョッと照れくさそうな表情で笑っていますが果たして本心は・・・・・good

そう言えば先週hideさんから妙なコメントがありましたっけ・・・今回は新作「寅」で飛行したそうですが素晴らしい飛行だったと言ってました。一度見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »